「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

a0000682_1126487.jpg
小暮はなさんより件名のお知らせが届きましたのでi以下、本ブログに掲載させていただきます。(off note)


朝晩と気温差が激しいこの頃、お元気でお過ごしでしょうか?
わたしは、10月の関西ツアーも無事に終わり、一息ついて、また新たに気合いをいれて歌作りなどに励んでいます!
11月12月のライブが決まりました!2014年もあと2ヶ月、じっくり歌っていきたいと思います。お時間がありましたらぜひお越し下さい!
お会いできるのをとっても楽しみにしています(^^)

小暮はな
(メール)hana.boy0203@outlook.jp
(ブログ)http://hanakogure.exblog.jp

ーーーーーーーーーーー

◎Egg man tokyo east弾き語りLIVE!

日時:2014年11月5日(水)
OPEN 19:00 START 19:30
前売¥2,060 当日¥2,370 (+1drink別)
会場:Eggman tokyo east
東京都千代田区岩本町2-6-12 曙ビルB1
TEL: 03-5829-6400  
http://www.egg-mte.com

出演:小暮はな(vo.g)/大塚茉莉子/フルハシユミコ
(小暮はな出演は、19:30~です。)

予約、お問い合わせ:
MAIL info@egg-mte.com(egg man tokyo east)
TEL:03-5829-6400(egg man tokyo east)

ーーーーーーーーーーーー
◎APIA40 with 永田雅代(P)LIVE!

日時:2014年11月13日(木)
OPEN18:30 START19:20 /料金:¥1500(+1drink別)
会場:学芸大学 APIA40
東京都目黒区碑文谷5-6-9サンワホームズB1F
TEL 03-3715-4010 http://apia-net.com

出演:小暮はな with 永田雅代(p)/ 石川隆(vo,g)、 辻村マリナ(vo,g)、 フレイヤ(vo,g)
小暮はな出演は4番目です!)

予約・お問い合わせ: TEL03-3715-4010 (16:00~23:00 APIA40)

ーーーーーーーーーーーー
◎自由が丘マルディグラ 弾きがたりLIVE!

日時:2014年11月21日(金)
OPEN 19:00 START19:30/料金 ¥2000(1drink 別)
会場:自由が丘マルディグラ
TEL:03-3722-6892
世田谷区奥沢5-29-10 リブレビル B1F
東急東横線・大井町線自由が丘駅南口より徒歩3分
http://www.jiyugaoka-mardigras.com/map/map.html

出演:小暮はな(vo.g)/STOUT! [間宮工(AG,Mndln,Vo)、寺岡佐和子(B/C Button Acc,Vo)、阿部美緒(Vn)]/

予約、お問い合わせ:
TEL:03-3722-6892(マルディグラ)

ーーーーーーーーーーーー
◎高円寺稲生座 弾きがたりLIVE!

日時:2014年12月7日(日)
OPEN 19:30 START 20:00/料金:¥1570(+1drink別)
会場:稲生座
東京都杉並区高円寺北2-38-16 2階
TEL 03-3336-4480 http://ameblo.jp/inaoiza/
出演:小暮はな(vo.g)/青木マリ(vo.g)

予約、お問い合わせ
TEL 03-3336-4480(稲生座 18:30~02:00)

ーーーーーーーーーーーー
◎新宿ゴールデン街ナベサンLIVE!
※11月30日にする予定でしたが日にちが12月21日に変更になりました!!
下記詳細です!

日時:2014年12月21日(日)
1部OPEN 14:30 START15:00 /2部OPEN 18:30 START19:00 
料金共に¥2500(1drink込み)
会場:ナベサン
新宿区歌舞伎町1-1-8 明るい花園1番街新宿ゴールデン街
TEL:03-3208-0627
http://retty.me/area/PRE13/ARE1/SUB104/100000094710/

出演:小暮はな(vo.g)

予約、お問い合わせ:
TEL:03-3208-0627(ナベサン)
[PR]
by masaru0801 | 2014-10-30 11:12
【講座 二〇世紀之大衆藝能 2014 私説・戦後沖縄大衆音楽史】 

本年冒頭より6回に亘り、音楽プロデューサー/風俗評論家の岩永文夫さんのお話を聞きます(奇数月)。前回は岩永さんの体調不良のため止むなくお休みさせていただきましたが、今回(第5回)は予定通り、おこないます。

岩永さんは10代に今は亡き硬骨のルポライター・竹中労と出会い、竹中監修による不朽の大衆芸能アンソロジー『日本禁歌集』(全五巻)の全制作に関わりました。以降、1970年代にメジャーレコ-ド会社を巻き込んで本格化する「沖縄島うた」本土紹介の制作にも竹中の右腕として活躍。嘉手苅林昌、大城美佐子、知名定男、大工哲弘等、沖縄島うたを代表する唄者たちの歌声をCBSソニー、ビクター、コロムビア、テイチク等のレコード会社から36枚のLPレコードにまとめて広く紹介、90年代に巻き起こった「沖縄音楽ブーム」を先駆けます。
本会は沖縄島うたの表も裏も知り尽くした岩永さんに72年本土復帰「世替わりー」前後、島うたがもっとも熱かった時代の情景を中心にたっぷりと物語っていただこうと発足しました。
今回のテーマは「基地の中のアメリカ—オキナワジャズとロックをきく」。
戦後、米軍基地の中から沸き起こったオキナワジャズと70年「本土復帰」前後に奔騰したオキナワロックに焦点を当てて、基地文化「アメリカー」影響下の「洋楽」受容、戦後沖縄大衆音楽のもうひとつの系譜と出会います。

私説・戦後沖縄大衆音楽史

第5回 基地の中のアメリカ—オキナワジャズとロックをきく

口演 岩永文夫(音楽プロデューサー/風俗評論家)

2014年11月6日(木曜日)19:00-

円盤 TEL/FAX 0TEL 03-5306-2937
杉並区高円寺南3-59-11五麟館ビル2F
JR「高円寺駅」南口を出て右(三鷹方面)線路沿い真っ直。
大将2号店を過ぎて漢方薬屋の隣。
HP:http://www.beyondo.net/enban/

1500円(1ドリンク付)

[口演者プロフィール]
岩永文夫(いわなが・ふみお)音楽プロデューサー/風俗評論家。1948年生まれ。明治大学除籍。『新譜ジャーナル』編集長を経て、音楽評論、レコード・プロデュースなどを手がける。1980年代より夕刊紙、週刊誌等の風俗評論に活動・表現の場を移し、今日に至る。著書は音楽論に「ぼくらのライブハウス エキサイティングなライブの世界」(音楽之友社/1984)「土の中のメロディ」(音楽之友社/1985)、風俗論に「フーゾク進化論」(平凡社新書/2009) 「フーゾクの日本史」(.講談社+α新書/2011)他多数。


以上、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

奮ってご参加並びにご来場の程、何卒宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by masaru0801 | 2014-10-30 10:28
■星空音楽會 第十六夜

ナチュラルカフェコンポステラとオフノートレーベルの共同企画の星空音楽会、今回はコンポステラやストラーダで長く活動を共にしている中尾勘二、様々なアーティストとの共演を重ねた歌心あふれるアコーディオン奏者の熊坂路得子さんとのセッションです。この3人でやるのは初めてですが、熊坂さんの曲やカバー曲も交えて、楽しいライブにしたいと思います。(関島岳郎)
出演:
中尾勘二(sax,klarinette)
熊坂路得子(accordion)
関島岳郎(tuba,recorder)

11月17日(月)
開場 19:00 開演 19:30
料金 \2500+オーダー


下記ライブはナチュラルカフェコンポステラ企画、オフノート推薦ライブです。
こちらも「星空音楽會」同様、よろしくお願いいたします。(オフノート)
 ↓  ↓  ↓
■夢Duo @ Compostela

前回の演奏から約2年、以前からリクエストの多かった加藤崇之さんが、シューミーさんとの夢Duoで再びコンポステラで演奏してくれます!
しかも今回は加藤画伯のワンナイト個展ライブです。フリーフォームのジャズからバラード、ボサノヴァ等々音楽の振り幅も大きい加藤さんが音楽と同様様々なタイプの絵画作品のなかからどのようなチョイスをされるのかにもワクワクしています。ご期待ください!(コンポステラ)

出演 夢Duo= 宅“Shoomy"朱美(vo)、加藤崇之(gt)

12月12日(金)
開場 19:00 開演 19:30
料金 \2000+オーダー

カフェコンポステラ Cafe Compostela
足立区綾瀬5-7-2 第91新井ビル1F
TEL 03-3628-5366
http://www.k5.dion.ne.jp/~composte/
[PR]
by masaru0801 | 2014-10-30 10:06
現代河内音頭最高の大御所と注目のドラマー、夢の競演、必聴・必見のライブです。ぜひとも新しい音楽「メタ・オンド」誕生の瞬間にお立ち会い下さい。

出演
初音家秀若(河内音頭・ギター)
初音家歌月(河内音頭・太鼓)
   ×
久下惠生(ドラムス)

2014年10月22日(水曜日)19:00-

2000円(1ドリンク付)

高円寺 円盤 TEL/FAX 0TEL 03-5306-2937
杉並区高円寺南3-59-11五麟館ビル2F
JR「高円寺駅」南口を出て右(三鷹方面)線路沿い真っ直。
大将2号店を過ぎて漢方薬屋の隣。
http://enban.web.fc2.com/
[PR]
by masaru0801 | 2014-10-15 11:34
a0000682_13125678.jpg
オフノート/ミソラレコード

なべぷろだくしょん プレゼンツ

都市のおと・風流音曲玉手箱 2014

杵屋三七郎の邦楽夜話・番外篇

至福の時間。
邦楽と落語と萬話芸の夕べ。


出演
杵屋三七郎(唄)
杵屋佐之義(三味線)
結絲ひろえ(三味線)
堅田昌宏(囃子)

立川志の春(落語)

小林のり一(萬話芸)

【日時】
2014年11月22日(土曜日)
午後3時半開場/午後4時開演

【会場】
浅草木馬亭 電話03-3844-6293
東京都台東区浅草2丁目7-5
[最寄駅]
地下鉄〈銀座線〉〈都営浅草線〉浅草駅
地下鉄〈銀座線〉田原町駅
私 鉄〈東武伊勢崎線〉浅草駅

【木戸銭】
前売予約3000円/当日3500円

【お問い合わせ/前売予約】
メディア・ルネッサンス 電話03-5660-6498
電子メール CBE09606@nifty.com
オフィス大谷 電話090-3432-8234(17-20時)

【企画制作】
オフノート/ミソラレコード

【強力】
なべぷろだくしょん

【出演者プロフィール】
杵屋三七郎(きねやさんしちろう) 1972年生まれ。17歳より杵屋五三吉のもと長唄三味線を始める。翌年、三代目杵屋三左衛門に入門師事。「杵屋三七郎」の名を許される。また、東音会市川春子、清元節を清元栄三郎、荻江節を荻江露舟、友郁、小唄を長生秀、舞を田中竹子に師事し、京都妙心寺大法院閑栖□松岡調に入門し、茶道、花、書を学び薫陶を受ける。東京芸術大学音楽学部卒。在学中に稀音家浄観賞を受賞。2000年、文化庁文化芸術インターシップ研修員に選出される。04年、銀座かねまつホールにて「杵屋三七郎の世界」開催。07年、ドイツ・デュッセルドルフにて「日本伝統音楽鑑賞会」開催、出演。09年、「邦楽夜会」で渡邊英綱賞受賞。10年「三七郎の邦楽サロン」開催、12年、「新宿ブルースナイト」に出演。13年、ニューヨーク・ライブアーツ「bell」公演に音楽デザインならびに出演し、ニューヨークタイムスに、その唄声が高く評価される。14年ピアニスト・音楽家プロデューサーのパク・チャンスによる韓国公演や日本・中国・韓国で同時開催された「one day Festival 2014」に出演するなど、近年その活動は多岐にわたる。日本の伝統芸術や音楽を尊重し、決して一所に安住せず、他ジャンルにも飽くなき挑戦をし、現代に生きる古典という三七郎独自の世界を生んでいる。

杵屋佐之義(きねや さのよし) 昭和47年横浜市出身。慶應義塾大学環境情報学部卒業。杵屋佐之忠師に長唄を師事、平成6年、杵屋佐之義の名を許される。長唄三味線方として演奏活動を行う。平成24年5月、劇団前進座国立劇場公演「鳴神」にて、初めて黒御簾の舞台師を勤める。稀音家義丸師主宰「長唄楽曲研究会」に参加、長唄の稀曲の研究、また古譜の解読、復曲等を行う。他、故浅井丸可師に就き端唄・小唄を学び、浅井太郎の名を許される。平成24年6月浅井派より独立。伯母・伊吹寿栄の創流した伊吹派を再興すべく、伊吹清寿と改名。平成26年4月、東京証券会館ホールにて伊吹派二代目家元として披露演奏会を開催。端唄・小唄の唄方、三味線方としても演奏活動を行っている。平成17年7月、日本伝統文化財団主宰「ビクター小唄まつり」にて市丸賞受賞。

小林のり一 (こばやしのりかず)舞台、TV、映画、漫画、お笑いなどをこなすマルチな俳優。その非常に特殊な世界観、雰囲気を持つ、そのセンスは永六輔や立川談志も評価をしている。三木のり平を父にもち、古今亭志ん生の最後の弟子でもある。幼い頃から邦楽や落語に親しんで育ち造詣も深い。古今亭志ん生の最後の弟子。父・三木のり平がナレーションを務めていた『桃屋』のテレビCMを、のり平の死後2代目としてナレーションを務めている。主な出演映画は『姉妹坂』 (1965年) 『四月の魚』 (1986年) 『怖がる人々』 『劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!! 』 (2008年)等、テレビ出演は鶴ちゃんのプッツン5(1986年 - 1994年)TV海賊チャンネル(1984年 - 1986年)エプロンおばさん(1983年)高城剛X(1994年 テレビ東京)等、CM出演は桃屋「ごはんですよ!」、日清食品「シーフードヌードル」、富士フイルム「写るんです」他、舞台出演は「オバラ座の怪人20面相」等。

立川志の春(たてかわ しのはる、1976年生まれ。大阪府豊中市出身。落語家。立川志の輔の三番弟子。幼少時と学生時代合計7年間を米国で過ごす。米国のイェール大学卒業後、三井物産に入社したが、2002年(平成14年)に立川志の輔の落語を聞いて衝撃を受け、同年10月に志の輔門下に入る。古典落語、新作落語、英語落語を演じる。2011年1月二つ目昇進。2012年9月シンガポールにてSingapore International Storytelling Festivalに参加。2013年1月より半年毎にシンガポールで単独公演を実施。2013年12月、「誰でも笑える英語落語」(新潮社)を出版。2013年度「にっかん飛切落語会」奨励賞を受賞。日比谷コンベンションホール及び柏京北ホールにて月例独演会を開催中。JAZZ、演劇、日本酒、和菓子、ジャンルの垣根を越えたコラボ企画に積極的に取組んでいる。

結絲ひろえ(ゆいとひろえ) 江戸太神楽曲芸師 鏡味仙三郎の長女として生まれ、8歳の時から三味線を故杵家弥兵衛に入門。その後、故東音田島佳子に師事。東京藝術大学邦楽科別科で長唄三味線専攻修了。男性演奏家らと結成した「長唄二題の会」では唯一、女流三味線方として参加、50回もの公演に出演し、演奏家としても高く評価され注目を浴びる。現在は古典はもとより、三味線を一つの音楽として、ジャンルに問われない独自の表現世界を創造するべく、三味線ユニット【結絲(ゆいと)】を結成、LIVE演奏をはじめとして幅広く活動している。

堅田昌宏(かただまさひろ) 東京藝術大学音楽学部別科修了。若手囃子方として将来を属目されている。現在は主に古典を中心に長唄演奏会や舞踊会、演劇音楽など様々なジャンルの舞台に出演、活躍中である。
[PR]
by masaru0801 | 2014-10-03 08:57
VOL.43 黄金時代の浪花節を聴く

今回は黄金時代の浪花節を聴きます。桃中軒雲右衛門、吉田奈良丸から広沢虎造まで。当時、一世風靡した浪花節語りたちの多彩な節調と鍛え上げた喉を存分にご堪能ください。「浪花節」初心者の方にもおたのしみいただける内容です。

口演 岡田則夫(巷間藝能研究)

2014年10月3日(金曜日)19:00-21:30

1500円(1ドリンク付)

高円寺 円盤 TEL/FAX 0TEL 03-5306-2937
杉並区高円寺南3-59-11五麟館ビル2F
JR「高円寺駅」南口を出て右(三鷹方面)線路沿い真っ直。
大将2号店を過ぎて漢方薬屋の隣。
http://enban.web.fc2.com/

※本会は偶数月第一金曜日におこなっております。
[PR]
by masaru0801 | 2014-10-01 14:30