<   2013年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

VOL.32
ノスタルヒアス(郷愁と憧憬と)
─阿保郁夫・我がタンゴ半生を語る

口演 阿保郁夫(タンゴ歌手)

本会は名タンゴ歌手にして永年に亘って中南米大衆音楽の紹介に尽力された音楽プロデューサー・阿保郁夫さんの会です。
第一回目の前回は主にタンゴとの出会い、ご自身の修業時代について、お話頂きました。音楽の現場から退いて十数年…。当日ご参加いただいた方は阿呆さんの往年の名唱を知らない方が多く、レコード、テープから歌声が流れ出すたびに驚嘆の声と感動の拍手が幾度となく湧き起こったことがとても印象的でした。はじめて接する阿保郁夫、その人の歌声に対する、「かつてこの国にもこんな凄い歌手がいたのか!」という率直な反応だったように思います。それはタンゴの魂、ノスタルヒアス、郷愁と憧憬を繋ぎ、肉声の黄金時代を強烈に喚び起こす奇蹟の歌声とタンゴに捧げた音楽半生への心からの共感の表現だったにちがいありません。
第二回目の今回は64年と66年の二回亘って行われた、藤沢嵐子、坂本政一&オルケスタ・ティピカ・ポルテニア等との長期海外公演の苦心談を入手困難な海外盤レコードをかけながら、たっぷりとお話しいただきます。世代を超えて感動と共鳴の輪をさらに押し広げたく、どなたさまも奮ってご参加下さいますよう。関係者一同、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

2013年7月5日(金曜祝日)19:00-21:30
1500円(1ドリンク付)
円盤 TEL/FAX 0TEL 03-5306-2937
杉並区高円寺南3-59-11五麟館ビル2F
JR「高円寺駅」南口を出て右(三鷹方面)線路沿い真っ直。
大将2号店を過ぎて漢方薬屋の隣。
HP:http://www.beyondo.net/enban/

※「SP巷談 二〇世紀之大衆藝」は毎月第一金曜日の開催、奇数月は阿呆郁夫さんによるタンゴ講座です。

【口演者プロフィール】
阿保郁夫(あぼ・いくお) 1937年生まれ。青森県弘前市出身。タンゴ歌手、音楽プロデューサー。アルゼンチンの音楽家、リカルド・フランシア、フェルナンド・テルに師事。1961年、NHK『歌の広場』でタンゴ歌手としてデビュー。1964年、藤沢嵐子の中南米ツアーに参加。アルゼンチンRCAで初録音。アルゼンチン作詞家作曲家協会の特別顕彰を受章。1966年、坂本政一&オルケスタ・ティピカ・ポルテニアと共にアルゼンチン、アメリカ、ヨーロッパ等を演奏旅行。1975年より音楽プロデューサーとしてタンゴやフォルクローレ等中南米大衆音楽のレコード制作に携わる。NHK金曜時代劇「山田風太郎 からくり事件帖-警視庁草紙より-」の主題歌「風のタンゴ」を歌う。CDに「明日は船出」(オフノート/1997)「風のタンゴ」(ビクターエンタテインメント/2001)等。
[PR]
by masaru0801 | 2013-06-21 18:19
前作「天之巻」より一年あまり…、
満を持して放つ入魂渾身の第二弾!
「地之巻」遂にここに堂々の完成!!

この度、弊社より初期ポピュラーミュージック研究の第一人者にして稀代のSPコレクター・瀬川昌久先生監修の下、『ニッポンジャズ水滸伝 地之巻』をリリースする運びとなりました(6月9日全国発売)。本作は昨年リリースしました『ニッポンジャズ水滸伝 天之巻』に続くシリーズ第二弾です。
前作では1920年代、舶来音楽・ジャズが日本にもたらされた時の「天啓」とでもいうべき衝撃はいかほどのものであったか。その頃、急速に醸成されつつあったこの国の「大衆音楽」 引いては「大衆文化」に与えた多大なインパクトがどのようなものであったか。さらに新興芸術・ジャズが旧来の邦楽といかに折り合いながら普遍性を獲得していったか。謂えば初期ジャズ受容の態様を当時のSP音源の中に探り、具に検証いたしました。しかもメジャーカンパニーの音源に一切頼らず、ひたすら、当時のインディーズレーベルの音源のみを集めて4枚組CDアルバムに構成いたしました。付言すればインディーズレーベルの音源に拘ったのは、そこに「自分たちの音楽」を創り出さずにはいられないやむにやまれぬ情熱と、なにものにもとららわれない「自主独立」の気概を認めたからにほかなりません。やがて「戦争」へと至る束の間の自由を爽やかに駆け抜けた青春群像、ジャズエイジたちがこの国にもいたことを記録しておくことはいま、私たちがなさねばならない作業ではないかと考えたのです。日々「歴史認識」が曖昧になり、醜く歪められつつある今ほど「歴史に学ぶこと」を鋭く要請されている時はありません。
前作から一年あまり……。ようやく時機を得て本作「地之巻」をリリースする運びとなりました。
本作では前作での視点をさらに押し広げ、ジャズが陋巷にいかに突き刺さり満ち溢れていったかをルポルタージュいたしました。今回は特に東京に先駆けてジャズが花開いた「大大阪」、大阪千日前・道頓堀界隈に起点を求めて「大衆音楽=ジャズ」の進化と深化の過程を探りました。さらに「旅する音楽=ジャズ」が名古屋を経由して東京へと到る長い道のりを「音楽」をして語らしめようと務めました。音源の中にきっと、「モダーン」な巷を謳歌した青春群像「ジャズエイジ」たちの息吹と跫音がはっきりと聴こえてくるはずです。
道頓堀、千日前界隈を彩る赤い灯青い灯、半玉芸者の乙女達が踊り奏でる河合ダンス、松竹座ジャズバンド、カフェ専属、赤玉ジャズバンド、フィリピン楽士にとるカールトンジャズバンド、東京にジャズを運んだユニオン。チェリーランドダンスオーケストラ。圧巻は服部良一最初期の仕事「夜半の警鐘」。さらに名古屋に移って有名か・無名か正体不明のセンターダンスオーケストラ。巴里から社交界にやって来て華麗な調べを奏でる巴里ムーランルージュ…。本作の聴きどころを挙げればキリがありません。縷々述べましたが、一年間の成果がどれほどのものか、是非とも本作にお訊ね頂ければ幸いです。どなたさまもご購入の上、ご一聴賜れれば幸甚です。

何卒宜しくお願い申し上げます。

2013年6月9日 オフノート/華宙舎 神谷一義拝


ニッポンジャズ水滸伝 地之巻

ジャズ。いま、この陋巷の淫楽を聴け。
時刻は大正期。大阪の巷にジャズの歌声は沸き起こる。
道頓堀の川面に映る赤い灯、青い灯に照らされながら、
河合ダンス團・赤玉ジャズバンド・松竹和洋合奏團…、
ジャズは旅する。やがて東京、巴里ムーランルーヂュ。
時代を跋扈したジャズエイジ達の跫音が鮮やかに甦る。

4枚組CD 収録曲102曲
豪華136頁ブックレット付
監修 瀬川昌久(ジャズ評論家)
off note / 華宙舎 OK-4 [4CD]
定価各5000円(税抜価格)
2013年6月9日 発売

【収録曲/演者】
DISC-1 千日前風景 SKETCHES OF SENNICHIMAE
1.キヤラバン/河合ダンス団 菊彌
2.セーラダンス/河合ダンス団 菊彌
3.勧進帳/河合ダンス団 菊彌
4.ケーキウォーク/かづ代
5.カルメン抜粋曲/河合ダンス団 かづ代
6.野崎村/河合ダンス団 せき子
7.ホームスヰート、ホーム/河合ダンス団 せき子
8.オリエンタル・パトロール/河合ダンス団 せき子
9.キングカールマーチ=/河合ダンス団 文子
10.スワニーリバー・スタカットポルカ/河合ダンス団 君子
11.ハッピイデイス/松竹楽劇部女生
12.春の口笛/松竹楽劇部女生
13.道頓堀シャンソン/笹本幸夫
14.マダム浪花/渡邊光子
15.ハレルヤ/美山華子 美人座ジャズバンド
16 新オイトコ節/大阪 大市乙女ダンス
17.椰子の木は繁る/ダンサー芸者 香代三
18.チンドンヤ(上)/松竹和洋合奏團
19.チンドンヤ(下)/松竹和洋合奏團
20.道頓堀行進曲(一)/木田牧童 若山千代 瀧すみ子 河原涼子
21.道頓堀行進曲(二)/木田牧童 若山千代 瀧すみ子 河原涼子
22.道頓堀行進曲(三)/木田牧童 若山千代 瀧すみ子 河原涼子
23.道頓堀行進曲(四)/木田牧童 若山千代 瀧すみ子 河原涼子
24.カツロー冩真/砂川捨丸・中村春代
25.千日前行進曲/花園綾子

DISC-2 道頓堀ジャズの誕生 BIRTH OF TONBORY JAZZ
1.道頓堀行進曲/澤文子
2.キヤラバン/澤文子
3.道ブラ行進曲/小島鈴子 松竹座ジャズバンド
4.蒲田行進曲/小島鈴子 松竹座ジャズバンド
5.懐しのトロツト/松竹座管絃団
6.我が巴里(モンパリ) /松竹座管絃楽團
7.春の唄/井上起久子 松竹ジャズバンド
8.ムーランルーヂユ/井上起久子 松竹座ジャズバンド
9.印度の唄/松竹ジャズバンド
10.ダブリン湾/松竹座管絃団
11.誰?教へて!/松竹座管絃団
12.續ジャズ玉手箱(上)/ 松竹座ジャズバンド
13.續ジャズ玉手箱(下)/松竹座ジャズバンド
14.懐しの道頓堀/川路美子
15.南地小唄/花園綾子 キリンジャズバンド
16.佐渡おけさ/濱口淳
17.串もと節/濱口淳
18.VALENCIA/カルトンジャズバンド
19.TITINA/カルトンジャズバンド
20.大阪小唄/柳原健
21.あまり泣かせないで下さいね/柳原健
22.オリエンタル/黒田進 キリンジャズバンド
23.キヤラバン/黒田進 キリンジャズバンド
24.シヤウボート/太平ジャズバンド
25.あたり千金/太平ジャズバンド
26.夜半の警鐘/イヅモヤ音樂隊
27.意想曲 1936年/日本クリスタル交響樂團 服部良一指揮

DISC-3 ジャズ的 JAZZ DIASPORA 
1.Smiling Irish Eyes(アイルランドの娘) /Center Dance Orchestra
2.In The Shade of The Old Apple Trees(林檎の樹の下で)/Center Dance Orchestra
3.Put on Your Gray Bonnet/Center Dance Orchestra
4.Don Jose(ドン・ホセ) /Center Dance Orchestra
5.Nachte in Monte Carlo(モンテカルロの一夜)/Center Dance Orchestra
6.Juege Limpio(悲しみの後に)/Center Dance Orchestra
7.NINA ROSA(ニーナローザ)/Cherryland Tango Band
8.I Kiss Your Hand, Madam(奥様お手をどうぞ) /Cherryland Tango Band
9.夕やけ/玉崎ジャズバンド
10.靴が鳴る/玉崎ジャズバンド
11.アロハ・オエ/コミツクメール コールブルー管絃楽団
12.たそがれ/コミツクメー コールブルー管絃楽団
13.懐かしのギター/Ketty Oka
14.ほゝ笑みて(When You're Smiling) /Mac Tani
15.君戀し/カフエータイガー よう子 すみ子
16.銀座行進曲/カフエータイガー よう子 すみ子
17.浅草行進曲  石田一松
18.思い出/パルロフォンジャズバンド
19.蝶々さん/チャップスパルロフォニアンズ
20.印度の唄/チャップスパルロフォニアンズ
21.The One Looking For/ユニオンチェリーランドダンスオーケストラ
22.In A Little Garden/ユニオンチェリーランドダンスオーケストラ
23.Lucky Day/ユニオンチェリーランドダンスオーケストラ
24.Breezin' Along With The Breeze/ユニオンチェリーランドダンスオーケストラ
25.Who/ユニオンチェリーランドダンスオーケストラ

DISC-4 巴里ムーランルージュ TOKYO-PARIS
1.Souvenir de Paris(1) /巴里ムーランルージュ
2.Souvenir de Paris(2)/巴里ムーランルージュ
3.Espna Cani(素敵な相棒)/巴里ムーランルージュ
4.Mamaine(やあ、ママちゃん)/巴里ムーランルージュ
5.モンパパ/巴里ムーランルージュ
6.キヤラバン/巴里ムーランルージュ
7.ロマンス/巴里ムーランルージュ
8.幌馬車の唄/巴里ムーランルージュ
9.オールドフオークスアツトホーム/巴里ムーランルージュ
10 庭の千草/巴里ムーランルージュ
11.夕空晴れて/大川静夫 巴里ムーランルージュ
12.故郷の廃家/川路美子 巴里ムーランルージュ
13.アリラン/巴里ムーランルージュ
14.銀座の柳/巴里ムーランルージュ
15.安来節/巴里ムーランルージュ
16.佐渡おけさ/巴里ムーランルージュ
17.濱千鳥/川路美子 巴里ムーランルージュ
18.叱られて/川路美子 巴里ムーランルージュ
19.宵待草/川路美子 巴里ムーランルージュ
20.遥かな想ひ/渡邊光子 巴里ムーランルージュ
21.霧の波止場/渡邊光子 巴里ムーランルージュ
22.マドロスの唄/巴里ムーランルージュ
23.マドロスの唄(掻拂ひの一夜)/三澤孝 三澤進
24.パリの屋根の下/ 三澤孝 三澤進
25.モンパリ/フェニックスタンゴオーケストラ
〈全102曲〉

【ブックレット内容】
○「ニッポンジャズ水滸伝 地之巻」構成の趣旨について、
○ジャズ的
○井田一郎とユニオン・チェリーランド・ダンスオーケストラ
○巴里ムーラン・ルージュが残したもの
○回想 角田孝の道頓堀風景
(以上・瀬川昌久)
○河合ダンスについて(芝田江梨)
○「道頓堀ジャズ」考「大大阪」時代の大阪(古川武志)
○踊る大道頓堀
 ─DOUTONBORI─“道頓堀ジャズ” 街のヴィジュアルを追体験する(橋爪節也)
○フロリダと往時のダンスホール(吉河悟史)
○大阪松竹座について(吉河悟史)
○ニッポンジャズ水滸伝“地之巻”を聴いて(関島岳郎)
○座談1 「道頓堀ジャズ」の可能性─ジャズの初期受容をめぐって
 (西岡信雄、橋詰節也、林幸治郎、古川武志)
○座談会2 陋巷の淫楽─ジャズが撒き散らしたもの
 (瀬川昌久、北中正和、大谷熊生)
○全曲解説(芝田江梨、瀬川昌久、古川武志、吉河悟史)
○全歌詞聴取(北林研二)
〈全136頁〉

【通信販売お申込方法】
上記アイテムの通信販売は随時、承っております。
通信販売ご希望の方はお名前・ご住所・ご連絡先・ご希望アイテム・ご希望数を下記連絡先までメール・電話・ファックス・郵便等でお知らせください。ご確認次第、発送いたします。送料無料サービス・代金後払い・同封の郵便振替用紙でお支払い頂きます(手数料はお客様ご負担とさせて頂きます)。

何卒宜しくお願い申し上げます。

---------------------------------------------------
オフノート/華宙舎
(有)メディア・ルネッサンス内
TEL 03-5660-6498
FAX 03-5660-6499
E-mail offnote@k5.dion.ne.jp
---------------------------------------------------
[PR]
by masaru0801 | 2013-06-11 21:10