「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

過去と未来を繋ぐ「今」を刻むリズム。カワチ発ワールドミュージック。
伝承から現代にいたる河内音頭の歴史的主要会派が今ここに集結!
おんど!音頭!ONDO!
ディープにたどる河内の音頭の三昧境!!

日 時|2012年10月28日㈰
15時開場/16時開演    
会 場|大阪人権博物館リバティーホール    
入場料|前売2000円/当日2500円
お問い合わせ/ご予約
I.O.C 090-5516-4283(神谷)
CBE09606@nifty.com

【国際音頭宣言】
大阪・河内地方において江戸後期・明治以降、現在まで伝えられ、かつ時代に応じて新しく生まれ逞しく変わりつづける河内音頭と江州音頭。本公演は音頭約一五〇年の歴史の中で大きな役割を担い、今日も活躍する主要伝統会派の主力音頭取りたちが一堂に会する、まさに画期的な集いと言えるだろう。これまでにあまり機会がなかった北・中・南河内地域の音頭間の文化&人間交流を通してそれぞれのもつ地域性・歴史性に学び、先人たちの智慧を現在に活かし未来へぐ端緒としたい。
さらに熟練音頭取りの自在な語り口にあらわれる河内の音頭が潜在的にもつ底知れぬパワーと横溢する魅力を全身で体感することで、音頭に内在する高次の音楽性・物語性さらに、舞踊資源としての大きな可能性を再発見できよう。
そう、音頭を取り囲むあらゆる束縛から音頭自身を解き放ち、過去と未来を繋ぐ「今」を刻むリズムへと再生させること。それこそがカワチの音頭をして「世界音楽」へと飛翔させるただひとつの道筋なのである。I.O.C Inter Ondo Community
   

﹈江州音頭﹇
二代目 桜川唯丸(音頭)
桜川唯清(囃子)
桜川唯正(囃子)
桜川音丸(音頭)

﹇浪曲音頭 河内音頭﹇
初音家秀若(音頭・太鼓)
初音家石若(音頭・ギター)
初音家歌月(太鼓)

﹈交野節﹇
二代目 会川藤助(音頭)
美谷川菊若(音頭)
会川美智子(太鼓)
美谷川かえる(太鼓)
吉田昌信(囃子)

﹈為丸節﹇
玉子家円辰(音頭)

﹈歌亀節﹇
吾妻家冨士若(音頭)

﹇特別出演﹇
鉄砲博三郎
(音頭)

﹈演奏﹇
ちんどん通信社
林幸治郎(チンドン)
小林信之介(クラリネット)
ジャージ川口(バンジョー)
華乃家福人(アコーディオン)
宮田あずみ(コントラバス)
下村よう子(囃子)

﹈司会進行﹈
澤田隆治・初代 桜川唯丸

監修|澤田隆治(メディア・プロデューサー) 桜川唯丸(初代) 初音家秀若(四代目宗家)   
主催| I.O.C Inter Ondo Community
企画制作|遊藝往来(東京)
企画協力|大阪人権博物館・吉田昌信・平田尚之
協賛|ミソラレコード

a0000682_22503554.jpg

a0000682_22505440.jpg

[PR]