<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

皆様

私事で恐縮ですが、永年使用していたパソコンがついに壊れてしまい、データのほとんどを失ってしまいました。中でもレーベルにとってライフラインともいうべき、お客様のアドレス。いまさらながらバックアップをまめにとらなかった、自らの怠惰が悔やまれてなりません。旧式のパソコンゆえ、メモリーデータを復旧するのは容易ではなく、しはらくの時間を要する見通しです。使い慣れたパソコンのない不自由さ。日常、いかにパソコンに依存していたか、を痛感しています。

おもえば、今回の災害の最中、携帯電話が不通となり、家族や友人とまったく連絡がとれずに途方に暮れたこと。余震の続く中、被災した駅の雑踏を抜け、友人の店に身を寄せたこと。不安の中、旧知の顔をみとめることができた安堵感。あらためて人とひとの繋がりの大事さ、有難さをしみじみと実感したことでした。

けれども、現在も「災害」の最中。「原発事故」はつづき、被災された方々は塗炭の苦しみの中に居ます。いま、「音楽」になにができるか。微力であることは間違いありません。だがきっと、なにかできるはずです。人とひとを繋ぐこと。「連帯」「団結」、既成の運動スローガンではなく一人びとりの繋がり。現在、そのことがもっとも求められているようにおもいます。このなかに音楽の果たす役割もきっと、あるはずです。

皆様へ。あらたな「オフノート名簿」を作成いたしたく。どうぞ下記連絡先まで、お名前・ご連絡先をご一報くださいますよう。併せてご近況等を添えていただければ幸甚です。

何卒宜しくお願い申し上げます。

2011年3月29日 オフノート 神谷一義拝

〒125-0042
東京都葛飾区金町4-18-11
TEL 03-660-6498/FAX 03-5660-6499
Email offnote.on (あっと)gmail.com *(あっと)をアットマークに替えてください。
[PR]
by masaru0801 | 2011-03-30 18:30

皆様

こんにちは!
お元気でお過ごしでしょうか?

早速ですが、わたしたちの友人・相澤政洋さんへの「カンパのおねがい」です。
ご承知のように相澤さんは今回の大地震で最も甚大な被害を受けた石巻在住。
ライブハウス「ラ・ストラーダ」主宰、チンドン楽士でもあります。
これまで「ラ・ストラーダ」は東北圏の音楽発信基地として、音楽の自立に多大な貢献を果たしてきました。
わたしたちも東北ツアーの起点として幾度となく、演奏の機会を与えていただきました。
相澤さんがポケットマネーを叩いてのもてなし、海の幸尽くしの打ち上げの宴は、石巻・港町の夜の気配と共にけして忘れられない佳き思い出です。
不幸中の幸い、今回の災害で相澤さんはご家族共々、ご無事でした。
がしかし、「ラ・ストラーダ」は甚大な被害を受けました。
2階の店内こそ、大きな被害はなかったものの、建物の1階部分に船舶が突き刺さっている!
俄には信じ難い様相を呈しているとの報告を受けました。
東北の音楽の灯を絶対に消してはならない。
重要な音楽拠点を断固守るのは今をおいてほかにありません。

音楽を愛する者として、友人の一人として、僭越ながら皆様に「カンパの呼びかけ」をさせていただきます。
一口千円として、可能な方は何口でもご随意に。
言わずもがなですが、金額の多寡ではなくわたしたちの志を、復興のエールとして贈ることを心懸けてまいります。
緊急事態ゆえ、募金の期日を4/1(金)までとさせていただき、下記口座までご入金いただければ幸甚です。
また、相澤さんへのメッセージも併せておねがいいたしたく。
わたしたちの「呼びかけ」にお一人でも多くの方が心よく応じてくださることをねがっております。
ぜひともお力添えを。何卒宜しくお願い申し上げます。

さいごに。音楽周辺になにやら「自粛」ムードが漂いますが、今こそ、音楽への情熱をさらに赤々と燃やしていくときです。
この試練を乗り越えて、人間と音楽の新たなネットワークを共に創造していこうではありませんか!

被災地の皆様におかれさしては、毎日、余震が続きますが、どうぞご無事で。皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げながら。
2011年3月27日 

呼びかけ人
石崎信郎・神谷一義・吉田悠樹



振込先 
■ゆうちょ銀行 
記号番号:10100 3750661 名義:ヨシダ ユウキ
または 
■みずほ銀行 多摩センター支店 普通口座 
店番号:257 口座番号:5913810  名義:ヨシダ ユウキ

どちらかご都合の良い方にお願いします。
お手数ですがもし振込頂けましたらこちら(吉田)まで

その旨をメール返信でご一報頂けるとありがたいです。


また4/1までの振込が難しいけれども振込の意志があるという方もその旨をメールでご一報頂けるとありがたいです。

※上記「呼びかけ」文は主に2008年、沖縄で開催した「Dream of Aurasian」に参加したミュージシャンに宛てたものです。が、ゆかりの人だけではなく、音楽を愛する、お心あるお一人おひとりに重ねて「お呼びかけ」させていただきます。
上記文中にあるように、相澤さんはチンドン楽士/サックス奏者です。
石巻にあるライブハウス「ラ・ストラーダ」は海のすぐ近くにあり、今回の津波で大きな被害を受けてしまったようです。
これは相澤さん個人としても東北の音楽シーンにとってもかなり辛い状況と思われます。
皆様それぞれ大変な状況かとは思いますがご協力を頂けると幸いです。
何卒、宜しくお願い致します。
(吉田悠樹)

連絡先
yukiyoshida57@gmail.com
吉田迄
[PR]
by masaru0801 | 2011-03-29 20:45 | off note news
オフノートより皆様へ

先にご案内させていただいておりました、3月25日「青空音楽会」を中止とさせていただきます。計画停電の影響による首都圏の交通事情等を考慮した計画、中止の判断のやむなきに至りました。皆様におかれましてはご了承の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

日々、困難な状況が続きますが、健やかにお過ごし下さいますよう。

2011年3月21日

オフノート拝
[PR]
by masaru0801 | 2011-03-23 00:36 | off note news
被災された全ての皆様並びにご関係の方々へ

このたびは「東日本大地震」による災害、心よりお見舞いを申し上げます。
また、当方の安否をお気遣い下さった多くの方々にこの場を借りてお礼申し上げます。お心遣い、誠にありがとうございます。当方にほとんど被害はありませんでした。我が在京の友人たちに限っていえば、特に大きな被害はなかったようです。
いまはただ、気懸かりなのは東北・北関東の友人、知人たちのことです。災害中の最中に無事を報せてくれた人たち、その誰もが甚大な被害を被りました。その被害の惨状を聞くだけで胸が張り裂けるような思いに捉えられました。さらに未だに安否の確認ができない知人たち。そのことが最大の気懸りです。どうか、ご無事で、ご家族共々、お元気でありますよう、心よりお祈り申し上げております。
加えて、福島原発事故による災害も刻一刻と進行しており、大変憂慮されるところです。
この未曾有の災害に直面して、一体何ができるのか。そのことを一人びとりが鋭く問われているような気がしてなりません。我が身に引き寄せて真剣に思索しています。いま、音楽あるいは唄ができること。音楽。たしかに、たかが「娯楽」にしか過ぎないものかもしれない。それでも音楽が、唄が、打ちひしがれた一人の友を心から励まし、真底勇気づけられるだろうことを確信し、それを証明していくことに全魂を傾けてゆきたい。そう決意しています。
何度でも繰り返します。いま、音楽に一体、何ができるか。そのことを皆様と共々に考えていければとねがうばかりです。この危機を必ずや力強く乗り越えて、皆の表情に一日も早く笑顔が戻ることを願って止みません。

2011年3月15日
オフノート 神谷一義 拝
[PR]
by masaru0801 | 2011-03-16 03:38 | off note news

オフノート3月度関連イベントのご案内です。

○SP講談 二〇世紀之大衆藝能vol.5(高円寺「円盤」3/4)
○モノガタリ宇宙VOL.1(下北沢「タウンホール・スカイラウンジ」3/10)
○星空音楽会・第3夜(綾瀬「コンポステラ」3/25)

『SP講談 二〇世紀之大衆藝能』
今回第5回のテーマは「砲火と笑い」。本邦・ナンセンスコーラスの二大巨頭、あきれたぼういずとナンジャラホワーズ「戦時下」の音源を聴きます。思想統制の嵐の中、かれらが「笑い」を武器に「自由な表現」をどのように貫徹したか。その軌跡を共々に確認してみたいとおもいます。そしていまひとつの「ダイナ」。1929年、この国にシナトラ&ミルスブラザースの名演が紹介されて以来、あきれた、ディックミネ、中野忠晴…、ジャズコーラスから歌謡曲、はては落語・万才まで猫も杓子もダ~イナダイナの大流行。この唄の名演、迷演をあれこれ聴き較べながら、この国の洋楽の受容を一緒に考えてみる機会にしたいとおもいます。アンソロジー『SPで綴る 二〇世紀之大衆藝』、ナンセンスコーラスの系譜第二弾『笑ふリズム/ナンジャラホワーズ』完成記念です。

『モノガタリ宇宙VOL.1』
このたび、メディア・プロデューサー藝能評論家の澤田隆治先生に「案内役」をおねがいして「話芸・語りものを聴く会」を月一回ペースでおこなうことにいたしました。浪曲・万歳&漫芸・落語・音頭・浄瑠璃・講談・民謡等々、最近、めっきりと耳にする機会が少なくなった、この国の大衆藝能の根基底をなした「語りもの」「話芸」の世界。ものみな均質化を避け得ない現在のデジタル社会に、口承というきわめて「身体」的な「語り」を対置させることで、わたしたちがいつの間にか忘失してしまった「人間性」「全体性」を取り戻す契機にしていければ、とねがっています。その記念すべき第一回目は「モノガタリのリズム」と題して浪曲、落語、漫芸、音頭の貴重音源・映像を素材に「話芸」「語りもの」に本源的に内在した「ことば」固有の「リズム」「うねり」を共に体感していきたいとおもいます。「IT時代のモノガタリ」の可能性について、共に学び・考え・語り合う会にしていきたいとおもいます。

『星空音楽会・第三夜』
コンサートホールやライブハウスとはひと味違った「生の音楽空間」を目指して、隔月でおこなっている定期ライブです。今回はオフノート若手のホープ、吉田悠樹クンがホスト役を務めます。前回の関島岳郎企画ライブは、関島さんと高岡大祐さんのTUBA DUOに酒井俊さんの歌声が絡む、実にスリリング且つ感動的なものでした。今回は吉田・二胡と服部将典・コントラバス、さらに権頭真由の若くして芯のある歌声を加えて「蘇州夜曲」「リンゴ追分」等、誰もが知っている名曲を選りすぐり、精一杯、皆様にお届けします。場所柄、どなたさまにもご不便をおかけすることと存じますが、お運びいただけば幸甚です。若き音楽家たちと下町の片隅で「やさしい時間」を提供するべく日々奮闘中のオーガニックカフェに心からなるご声援を。

何卒宜しくお願い申し上げます。


オフノート 神谷一義拝

以下、ご案内させていただきます。


[SP講談 二〇世紀之大衆藝 VOL.5]

砲火と笑い-あきれたぼういずとナンジャラホワーズの戦争…「ダイナ」狂騒曲

口演
瀬川昌久(ジャズ評論家)

司会進行
神谷一義(オフノート)

3月4日(金曜日)
19:00-22:00
1500円(1ドリンク付)
円盤 TEL/FAX 0TEL 06-6643-66883-5306-2937
杉並区高円寺南3-59-11五麟館ビル2F
JR「高円寺駅」南口を出て右(三鷹方面)線路沿い真っ直。
大将2号店を過ぎて漢方薬屋の隣。
HP:http://www.beyondo.net/enban/


[モノガタリ宇宙 VOL.1]

「モノガタリ」のリズム-浪曲・落語・音頭・漫芸-

口演
澤田隆治(メディア・プロデューサー/藝能評論)

司会進行
神谷一義(オフノート)

3月10日(木曜日)
19:00-21:00
北沢タウンホール・スカイラウンジ
小田急線・京王井の頭線「下北沢駅」南口徒歩約4分
南口からマクドとスタバの間の路地を下り茶沢通りに出、
東北沢・笹塚方面(向かって左・北側)に約200M左側
12Fスカイサロン(展望ラウンジ)へは1F最奥エレベーターで
http://kitazawatownhall.jp/
1500円


[星空音楽会-Musica en Compostela-第三夜]

唄と演奏
権頭真由 (from 表現) 唄、アコーディオン
吉田悠樹 (from NRQ) 二胡、マンドリン
服部将典 (from NRQ) コントラバス

2011年3月25日(金曜日)
19:00 OPEN/19:30 START
綾瀬 ナチュラルカフェコンポステラ
TEL & FAX 03-3628-5366
足立区綾瀬5-7-2 第91新井ビル1F
JR常磐線、東京メトロ千代田線 綾瀬駅西口より徒歩9分
つくばエクスプレス青井駅より徒歩10分
http://www.k5.dion.ne.jp/‾composte/
1500円+ドリンク代(500円)
※ご予約・お問い合わせはコンポステラまで。


以上です。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

何卒宜しくお願い申し上げます。

---------------------------------------------------
メディア・ルネッサンス
off note & disc akabana
〒125-0042
東京都葛飾区金町4-18-11
TEL 03-5660-6498/03-5660-6509
FAX 03-5660-6499
E-mail CBE09606@nifty.com
E-mail offnote@k5.dion.ne.jp
Blog http://ironbridge.exblog.jp/
Myspace http://www.myspace.com/off-note
---------------------------------------------------
[PR]
by masaru0801 | 2011-03-02 23:11 | off note news