<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

SAME DIFFERENCE
FIRST CONTCT 2010

トビアス・ディリアス TOBIAS DELIUS -TENOR SAX&CLARINET  
トリスタン・ホンジンガー TRISTAN HONSINGER -CELLO
井野信義 NOBUYOSHI INO -CONTRABASS
外山 明 AKIRA SOTOYAMA -DRUMS

a0000682_2484325.jpg

a0000682_2485977.jpg


TOKYO
2010年12月8日(水曜日)
吉祥寺 マンダラ2 TEL 0422-42-1579 
JR中央線/井の頭線 吉祥寺駅下車南口より徒歩2分
武蔵野市 吉祥寺 南町 2-8-6
OPEN 18:30 / START19:30
前売3000円 / 当日3500円+drink charge
WEB SITE http://www.mandala.gr.jp/man2.htmlYOKOHAMA

YOKOHAMA
2010年12月9日(木曜日)
横浜エアジン TEL045-641-9191
横浜市中区住吉町5-60
OPEN 19:00 / START19:45
前売3000円 / 当日3500円+drink charge
WEB SITE http://www.airegin.jp/mo/

OKINAWA
2010年12月11日(土曜日)
groove TEL098-879-4977 
浦添市勢理客2-18-10
OPEN 19:00 /START20:00
前売3000円/当日3500円+drink charge
WEB SITE http://www.cosmos.ne.jp/‾groove/

SAME DIFFERENCE DELIUS-HONSINGER-INO-SOTOYAMA
トリスタン、ハン・ベニング、ジョー・ウィリアムソンとの4tetのリーダーでICPオーケストラのサックスプレイヤー、トビアス・デリウスが、トリスタン・ホンジンガーと共に日本でバンドを画策。トリスタンが絶大な信頼を寄せる井野信義と外山明という屈指のリズムセクションを加えた4tetを結成。時にはユーモラス、時にはハチャメチャ、時には繊細、時にはシリアス…。そんなちょっぴりおかしな音楽が聴こえてきそうなバンド名は、SAME DIFFERENCE。

トビアス・デリウス テナーサックス&クラリネット
1964年イギリス生まれ。ICPのサックス奏者。鳥の鳴き声や自然世界の音から学んだというそのサックスのサウンドは、野太くも踊るように伸びやか。愛嬌のある大きな体をくねらせることによって俊敏なパッセージを生み出す。トリスタン、ハン・ベニング、ジョー・ウィリアムソンとの4tetは結成20年目。

トリスタン・ホンジンガー チェロ
1949年生まれ。ヨーロッパ在住期間の長さとその放浪癖的な世界中への出現の仕方から国籍不明と思われがちだが、本来はアメリカ人。しかし本人はまったくそんなことを気にかけず、あちらこちらの町に出没しては演奏とお酒を楽しむ。韓国ではマッコリ、日本ではいも焼酎が好み。その飄々とした動きは喜劇役者の影響らしい。

井野信義 コントラバス
1950年生まれ。1971年、若くして高柳昌行のバンドに参加し、以降、日本において様々なグループに参加。ヨーロッパでもベルリン・コンテンポラリー・ジャズ・オーケストラに参加し、エルヴィン・ジョーンズ、レスター・ボウイとも共演。現在も橋本一子、藤本敦夫とのUb-X、今井和雄とのduoなど様々なセッションを精力的にこなす。

外山明 ドラムス
1962年生まれ
渡辺貞夫や山下洋輔、日野皓正などのジャズの大御所のバンドから、
ティポグラフィカ、UA、eEYO idiot、Alyなどジャンルを問わず変幻自在に、一度聞いたら忘れられないオリジナルなサウンドを作り出す、唯一無二のドラマー。常にあちらこちらのシーンに引っ張りだこ。


以下、関連イベントです。こちらも宜しくお願いいたします。

[Dream ofAurasia Winter 2010]

出演 
Tristan Honsinger Strings Trio
トリスタンホンジンガー(チェロ)
向島ゆり子(ヴァイオリン)
永田利樹(コントラバス)

Aurasia Dream Orchestra
関島岳郎 チューバ
川村祐介 トランペット
古池寿浩 トロンボーン
川下直広 サックス 
中山 堅 サックス
小林ヤスタカ サックス
竹田和也 グロッケン
吉田悠樹 二胡
上地一也 ベース
中尾勘二 ドラム、サックス
下村よう子 唄

日時
12月20日(月曜日)
18時30分開場/19時30分開演 

料金
前売2500円/当日3000円+オーダー

会場
江古田バディ 
TEL03-3953-1152
東京都練馬区旭丘1-77-8 双葉会館B2F
http://www.buddy-tokyo.com/

※本イベントの前売/電話・メール予約は)メディア・ルネッサンスでも承ります。


以上です。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

何卒宜しくお願い申し上げます。

---------------------------------------------------
メディア・ルネッサンス
off note & disc akabana
〒125-0042
東京都葛飾区金町4-18-11
TEL 03-5660-6498/03-5660-6509
FAX 03-5660-6499
E-mail CBE09606@nifty.com
E-mail offnote@k5.dion.ne.jp
Blog http://ironbridge.exblog.jp/
Myspace http://www.myspace.com/off-note
---------------------------------------------------
[PR]
■星空音楽会 -Musica en Compostela-

昨年から不定期に開催してきたオフノートとナチュラルカフェコンポステラの共同企画ライブシリーズが装いも新たに「星空音楽会 - Musica en Compostela -」となって始まります。
キーパースンは栗コーダーカルテットでも大活躍、オフノートレーベルを初期から支える関島岳郎さんと期待の若手バンドNRQの吉田悠樹さん。
これからお二人が「ここでしか聴けない音楽」をコンセプトに隔月で素敵な音楽会を企画してくれます。お楽しみに!

■2010年11月18日(木)星空音楽会 -Musica en Compostela- 第一夜
19:00開場 19:30開演 料金: 2500円+オーダー(別途)
出演: 上野茂都(唄、三味線)服部将典(コントラバス) 吉田悠樹(二胡、マンドリン)
*新シリーズ第一回目は吉田さんのプロデュース。
上野茂都さんによる江戸端唄・俗曲の流れを現代に引き継いだ独特の三味線弾き語りの世界を、
二胡奏者・吉田悠樹さんとコントラバス奏者・服部将典さんのサポートで。
はまるとこわい上野ワールドの魅力をたっぷりとどうぞ。
 
■2011年1月27日(木) 星空音楽会 -Musica en Compostela- 第二夜
19:00開場 19:30開演 料金: 2500円+オーダー(別途)
出演:高岡大祐(tuba)+関島岳郎(tuba) ゲスト酒井俊(vocal)
*新シリーズの第二夜は関島さんプロデュース。
高岡大祐さんと関島岳郎さんのテューバ2本のデュオと
JAZZのスタンダード・ナンバーから「ゴンドラの唄」「ヨイトマケの唄」などの
古い日本の歌までを幅広く歌われているジャズシンガーの酒井俊さんボーカルの共演というなんとも画期的な企画。
酒井俊ファンならずとも興味津々の編成は乞うご期待です!

■会場:綾瀬 ナチュラルカフェコンポステラ
足立区綾瀬5-7-2 第91新井ビル1F
【ご予約・お問い合わせ】TEL & FAX 03-3628-5366
JR常磐線、東京メトロ千代田線 綾瀬駅西口より徒歩9分
つくばエクスプレス青井駅より徒歩10分
http://www.k5.dion.ne.jp/‾composte/
[PR]
【新レーベル設立のご挨拶と新譜先行通信販売のご案内】

このたび、あらたにふたつのレーベルを設立・運営する運びとなりましたのでご連絡申し上げます。


■華宙舎
本レーベルでは、ジャズ評論家・瀬川昌久氏を監修に迎え、アンソロジー「SP音源で綴る 二〇世紀之大衆藝能」(全30巻)」を刊行いたします。文字通り、本アンソロジーは戦前の貴重なSP音源を素材に、ジャズ・タンゴ・シャンソン等の舶来音楽の初期的受容とその後の変遷。説経節・ちょんがれ・阿呆陀羅経、「語りもの」放浪芸を祖型にもちながらそこを離れて独自の発展を遂げた「浪曲」の揺籃と興亡。そして、ジャズを父に、浪曲を母として誕生した歌謡曲。歌は世に連れ、世は歌に連れ、この国の近代の歩みと近代大衆音楽の成立は見事に重なります。わたしたちは大衆音楽史の裏面に閉じこめられ顧みられることのなかった「歴史のオフノート」無数の優れた大衆音楽家たちとそれを支えた名もなき大衆たちの足跡を可能な限り呼び起こし・記録しててまいります。

【今後のリリース】
●OK-1 楽しき南洋/あきれたぼういず・川田義雄 2010年10月31日発売
ご存じ、あきれたぼういずと川田義雄の戦中の音源を中心に編集した二枚組未覆刻音源集。 ディスク1は、川田義雄脱退後の「第二次あきれたぼういずの音源を中心に、様々な時代の制約で改名を余儀なくされたあきれたぼういず改メ新興快速舞隊の音源も収録。ディスク2はぼういず脱退後の川田義雄ソロワークを中心に、戦後の川田義雄&ダイナブラザーズの音源、ミルクブラザーズのメンバーで川田実弟・岡村龍雄(1944年グアムにて戦死)の稀少音源も併せて収録。

●OK-2 笑ふリズム/ナンジャラホワーズ 2010年12月19日発売予定
ミス妙子率いる幻のコミックバンド、ナンジャラホワーズ。その歩みはほとんど、文献に遺されていない。4人のメンバーの名前と関西を拠点に活動していたことの他にデータらしきものは何も存在しない。阿呆陀羅経を強烈にスィングさせたかれら独自の和製ジャイヴ・ミュージックはまさに圧倒的。本アルバムは戦前にタイヘイレコードにのこした10枚のSP音源に戦後、ミス妙子とそのグループ名義でリリースされた音源を加えた、まさにコンプリート・ナンジャラホワーズ的内容。


■ミソラレコード
本レーベルは演芸プロデューサー/評論家・澤田隆治氏を監修に迎え、澤田氏所蔵の厖大な音源の中から漫才、落語・浪曲・講談・音頭・民謡・端唄・歌謡ショー等々、寄席、舞台で演じられてきた大衆諸芸&音曲の豊かな鉱脈から名人至芸を選りすぐり、皆様にお届けしてまいります。文学からも音楽からも(酒場、食堂からも)「大衆」の二文字が失われて久しい現在の地平から眺めるとき。この国の「戦後」とは「大衆文化ルネッサンス」の時代ではなかったのか?いつ・「大衆」と「文化」は乖離してしまったのか??そしていま、「大衆文化」の蘇生は可能か??? いまいちど・その原点へと立ち返り、この国の文化の底から「大衆」の息吹をとりもどしていけたら、とおもっています。

【今後のリリース】
●MR-1001 THAT’S 浪曲ショー/宮川左近ショー 2010年11月28日発売予定
宮川左近ショー・コンプリーツ・ローオンレコード。 関西髄一、否、本邦一の浪曲ショーの至宝・宮川左近ショーが70年代にローオンレコードにのこした二枚のオリジナルアルバムを中心に、左近ショーメンバー・松島一夫と曉照夫歌唱の浪花歌謡全10曲とさらにローオンが所蔵していた未発表ライブ音源「瞼の母」を加えたボーナストラックいっぱいの贅沢な逸品。初CD化。

●MR-1002 テケレッノパッ/芙蓉軒麗花 2011年1月30日発売予定
今は亡き、関西浪曲界における女流名人、芙蓉軒麗花が1950年代にマーキュリーレコードにのこしたSP音源集。1955年「テケレッノパッ」のコーラスの妙で一世を風靡した『ろうきょく炭坑節』をはじめ、その後の『ろうきょくラッパ節』『浪曲なんじゃらホイ』『薔薇と飯場』等、ラテン風味を加えた浪曲調歌謡曲の数々。SP音源全24曲を網羅。

…以降、両レーベルとも隔月ペースで続々と稀少音源を作品化しリリースする予定です。どうぞご期待下さい。 

以上、関係者一同、微力ながら今後益々精進してまいる所存です。
オフノート同様、皆様のご指導ご鞭撻の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

2010年10月26日 

華宙舎/ミソラレコード主宰 神谷一義拝



上記の次第で、下記アルバムの先行通信販売をおこないます。


樂しき南洋/あきれたぼういずと川田義雄[2CD]
off note/katyusha
OK-1[2CD] 定価3500円(税抜価格)3675円(税込価格)
a0000682_235392.jpgもうひとつのぼういず伝説
あきれたぼういずと川田義雄。戦時中のSP音源を纏めた未覆刻音源集。さらにあきれた改め新興快速舞台、川田実弟・岡村龍雄の貴重音源も収録。歴史の曇り硝子の向こう側に浮かび上がる、もうひとつのぼういず伝説。

監修:瀬川昌久
豪華60頁ブックレット付

収録曲
Disc.1 樂しき南洋
あきれたぼういず、あきれたぼういず改メ新興快速舞隊

1. スポーツ會議 (上・下) <ナンセンスコーラス> (あきれたぼういず 構成/高木益美 編曲) (6:25)
あきれたぼういず (坊屋三郎、芝利英、益田喜頓、山茶花究)
テイチク T-3069 A/B、昭和15年9月発売

2. 當世かわつたネ節 <アキレタコーラス> (高木益美 作詩/作・編曲) (3:09)
あきれたぼういず (坊屋三郎、芝利英、益田喜頓、山茶花究)
テイチク T-3105 A、昭和15年12月発売

3. スパイ御用だ <アキレタコーラス> (南郷史朗 作詩/高木益美 作・編曲) (3:08)
あきれたぼういず (坊屋三郎、芝利英、益田喜頓、山茶花究)
テイチク T-3105 B、昭和15年12月発売

4. 村の防護團 <アキレタコーラス> (あきれたぼういず 構成/高木益美 作・編曲) (3:23)
あきれたぼういず (坊屋三郎、芝利英、益田喜頓、山茶花究)
テイチク T-3109 B、昭和16年1月発売

5. 浪曲温泉(ふろや) (上・下) <あきれたこうらす> (あきれたぼういず 構成/高木益美 編曲) (6:56)
あきれたぼういず (坊屋三郎、芝利英、益田喜頓、山茶花究)
テイチク T-3124 A/B、昭和16年2月発売

6. 浮世床屋 (上・下) <あきれたこうらす> (近藤英三 作) (7:04)
あきれたぼういず (坊屋三郎、芝利英、益田喜頓、山茶花究)
テイチク T-3147 A/B、昭和16年4月発売

7. 樂しき南洋 (上・下) <あきれたこうらす> (近藤英三 作/高木益美 編曲) (7:01)
あきれたぼういず (坊屋三郎、芝利英、益田喜頓、山茶花究)
テイチク T-3180 A/B、昭和16年8月発売

8. 清水一家 (上・下) <漫藝> (生野三千男 作) (6:59)
あきれたぼういず改メ 新興快速舞隊 (坊屋三郎、山茶花究、音樂男、長井隆也)
テイチク T-3439 A/B、昭和18年発売

9. 海底物語 (上・下) <漫謠> (生野三千男 作) (7:38)
あきれたぼういず改メ 新興快速舞隊 (坊屋三郎、山茶花究、音樂男、長井隆也)
テイチク T-3447 A/B、昭和18年発売

10. 新版ダイナ狂想曲 (上・下) <アキレタ・コーラス> (あきれたぼういず 作) (6:23)
あきれたぼういず (坊屋三郎、益田喜頓、山茶花究)
コロムビア A-207 A/B、昭和22年12月発売


Disc.2 浮草劇場
川田義雄、岡村龍雄

1. 歌ひ初め (上・下) <朗かな演藝會> (小野金次郎 作/平茂夫 編曲) (6:54)
川田義雄、杉山美子、市原綾子、藤原亮子、豊島珠江、歌上艶子、新田八郎、楠木繁夫、由利あけみ、伴奏 日本ビクター管絃樂團
ビクター J-54688 A/B、昭和15年1月発売

2. かはッた活辯 <流行歌> (東辰三 作詞・作曲/平茂夫 編曲) (3:09)
川田義雄、伴奏 日本ビクター管絃樂團
ビクター J-54724 B、昭和15年3月発売

3. 浮草劇場 <流行歌> (東辰三 作詞_作曲/岡村雅雄 編曲) (3:09)
川田義雄、伴奏 日本ビクター管絃樂團
ビクター J-54694 A、昭和15年3月発売

4. 男ざかり <流行歌> (東辰三 作詞・作曲/平茂夫 編曲) (3:32)
川田義雄、伴奏 日本ビクター管絃樂團
ビクター J-54694 B、昭和15年3月発売

5. 袖珍ラヂオ版 <かはッたトーキー> (神田三朗 作/平茂夫 編曲) (3:24)
川田義雄、音樂伴奏入
ビクター A-4007 A、昭和15年4月発売

6. 踊る電話口 <かはッたトーキー> (神田三朗 作/平茂夫 編曲) (3:16)
川田義雄、音樂伴奏入
ビクター A-4007 B、昭和15年4月発売

7. 一心太助 <かはッた流行歌> (東辰三 作詞/平茂夫 作曲) (3:17)
川田義雄、伴奏 日本ビクター管絃樂團
ビクター A-4084 B、昭和15年6月発売

8. 赤城山ブルース <かはッた流行歌> (佐伯孝夫 作詞/平茂夫 作・編曲) (3:29)
川田義雄、伴奏 日本ビクター管絃樂團
ビクター A-4099 B、昭和15年8月発売

9. かはつたフォスター集 <歌謠漫談> (東辰三 作詞/平茂夫 編曲) (3:35)
川田義雄、合唱附、伴奏 日本ビクター管絃樂團
ビクター A-4243 A、昭和16年10月発売

10. 愉しき週表 <流行歌> (岡本一平 作詞/三宅幹夫 作曲) (2:54)
川田義雄、伴奏 日本ビクター管絃樂團
ビクター A-4243 B、昭和16年10月発売

11. 笑和大學 <かはつた落語> (東辰三 作/平茂夫 編曲) (3:17)
川田義雄、日本ビクター男聲合唱團、伴奏 日本ビクター管絃樂團
ビクター A-4255 A、昭和16年12月発売

12. 聲樂指南 <かはつた落語> (東辰三 作/平茂夫 編曲) (3:11)
川田義雄、伴奏 日本ビクター管絃樂團
ビクター A-4255 B、昭和16年12月発売

13. かはつたオペラ集 (上・下) <歌謠漫談> (東辰三 作/平茂夫 編曲) (6:11)
川田義雄、岡村龍雄 、日本ビクター男聲合唱團、伴奏 日本ビクター管絃樂團
ビクター A-4267 A/B、昭和17年1月発売

14. 我輩は天下のヤブである <朗らか歌謠> (東辰三 作詞・作曲/平茂夫 編曲) (2:56)
岡村龍雄、合唱附、伴奏 日本ビクター管絃樂團
ビクター A4336 B、昭和17年8月発売

15. 大東亜戦争双六 <朗らか歌謠> (東辰三 作詞・作曲/平茂夫 編曲) (3:04)
岡村龍雄、合唱附、伴奏 日本ビクター管絃樂團
ビクター A-4336 A、昭和17年8月発売

16. 冗談カクテル <流行歌> (川田晴久 作詞・作曲・構成) (3:22)
川田晴久とダイナブラザース、伴奏 テイチク・オーケストラ
テイチク 821 A、昭和25年2月発売

17. 新々八木節 (荒船山) (中曾根吉太郎 作詞・作曲/川田晴久 編曲) (3:35)
川田晴久とダイナブラザース
ビクター PR-1368、発売年月未詳

上記アルバムは10/31発売ですが、通信販売のみ、先行発売をおこないます。
通信販売のお申し込み方法は下記の通りです。何卒宜しくお願い申し上げます。

【通信販売について】
上記のアイテムの通信販売は、随時、承っております。
通信販売ご希望の方はお名前・ご住所・ご連絡先・ご希望アイテム・ご希望数を下記連絡先までメール・電話・ファックス・郵便等でお知らせください。在庫を確認次第、すぐに発送いたします。送料無料サービス、代金後払い・同封の郵便振替用紙でお支払い頂きます(手数料はお客様ご負担とさせて頂きます)。


---------------------------------------------------
(有)メディア・ルネッサンス
off note & disc akabana
〒125-0042
東京都葛飾区金町4-18-11
TEL 03-5660-6498/03-5660-6509
FAX 03-5660-6499
E-mail CBE09606@nifty.com
E-mail offnote@k5.dion.ne.jp
Blog http://ironbridge.exblog.jp/
Myspace http://www.myspace.com/off-note
---------------------------------------------------a0000682_235392.jpg
[PR]
by masaru0801 | 2010-11-01 02:06 | off note news
オフノート11月度イベントのご案内のご案内です。

11月より、「論座・記忘記2010 」定例会を従来通り、第一金曜日、9月より始めました「SP講談 二〇世紀之大衆藝能」を第三月曜日、共に高円寺・円盤でおこなう運びとなりました。

11/5の「論座・記忘記2010 」9回目はゲストに映画キャメラマンの田村正毅さんをお迎えしておおくりいたします。田村さんは小川紳介のドキュメンタリ作品を始め、黒木和雄、柳町光男、相米慎二、諏訪敦彦、高嶺剛等の劇映画作品に参加して絶妙のカメラワークでそれぞれの「モノガタリ」に深い奥行きを与えている、名キャメラマンです。今回の論座では、田村さんが永年の撮影現場で培ってきた「キロクの方法」を存分にお話しいただく所存です。

11/15は「SP講談 二〇世紀之大衆藝能」VOL.2。わが新生・華宙舎からの痔一弾『楽しき南洋/あきれたぼういずと川田義雄』の発売を記念して、川田義雄(後に晴久に改名)の愛娘・岡田和恵さんをゲストにお迎えし、不世出のボードヴィリアン・川田義雄の知られざる一面をお聞きする所存。さらに『 川田晴久と美空ひばり アメリカ公演』(中央公論社/2003年刊)の著書をもつ岡村さんに、親子共に親交の深かった美空ひばりの素顔についても。川田義雄&ダイナブラザースの秘蔵音源等もお聴かせいたしたく。レギュラー講師の瀬川昌久先生にも一席、「あきれたぼういず 誕生の巻」をご口演いただく肚づもり。乞うご期待、であります。

以下、詳細です。

[論座・記忘記2010 第9回目]

論座・記忘記 2010 モノガタリの方法 -埋み火の記憶を辿る

第9回 キロクの方法序説 -光と翳が象る千年時計 
講師 田村正毅 進行 神谷一義(オフノート)

プロフィール
田村正毅 たむら・まさき 映画キャメラマン。1939年、青森県生まれ。岩波映画製作所での撮影助手を経て、千葉県三里塚で成田空港建設に反対する農民たちの記録を撮影する小川プロダクションに撮影班として参加。そこで撮影された三里塚シリーズと呼ばれる七作をはじめ、小川プロダクションが山形県上山市へ移った後もほとんどの作品の撮影を担当し、小川紳介監督の世界観を支えた。場所や土地から匂い立つ気配を捉えるとともに、その場所の固有の時間をまるごと切るとるような長回しのカメラワークが特徴。劇映画においても黒木和雄、柳町光男、相米慎二、諏訪敦彦、高嶺剛といった監督達の主要な作品で撮影を行い、近年では青山真治監督作品の撮影を多く手がける。主な参加作品に『竜馬暗殺』(1974・黒木和雄)、『さらば愛しき大地』(1981)『火まつり』(1984)『パオ・ジャンフー』(1995)(いずれも柳町光男)、『ウンタマギルー』(1989・高嶺剛)等がある。

11月5日 (金曜日)19:00-22:00
円盤 TEL/FAX 03-5306-2937
杉並区高円寺南3-59-11五麟館ビル2F
JR「高円寺駅」南口を出たら右(三鷹方面)に線路沿いを真っ直ぐ。
大将2号店を通り過ぎて漢方薬屋の隣。
HP:http://www.beyondo.net/enban/
Charge 1500円


[SP講談 二〇世紀之大衆藝能 VOL.2]

VOL.2
地球の上に朝が来る-笑いのインターナショナリズム

口演
岡村和恵(著述家/川田義雄・娘)
瀬川昌久(ジャズ評論家)


司会進行
神谷一義(オフノート)

11月15日(金曜日)19:00-22:00
円盤 TEL/FAX 03-5306-2937
杉並区高円寺南3-59-11五麟館ビル2F
JR「高円寺駅」南口を出たら右(三鷹方面)に線路沿いを真っ直ぐ。大将2号店を通
り過ぎて漢方薬屋の隣。
HP:http://www.beyondo.net/enban/
Charge 1500円

以上です。

両日共、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

何卒宜しくお願い申し上げます。

---------------------------------------------------
メディア・ルネッサンス
off note & disc akabana
〒125-0042
東京都葛飾区金町4-18-11
TEL 03-5660-6498/03-5660-6509
FAX 03-5660-6499
E-mail CBE09606@nifty.com
E-mail offnote@k5.dion.ne.jp
Blog http://ironbridge.exblog.jp/
Myspace http://www.myspace.com/off-note
---------------------------------------------------
[PR]
by masaru0801 | 2010-11-01 01:58 | off note news