「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧


…そしてさらに。終了の一月末日まであとわずか。「オフノート感謝セール」(という名のオフノート・エイド・「社会鍋」のごときもの)最後の最後のご案内(というかおねがい、若しくは善意の強要)。今一度・オフノート恒常的窮状をお救い戴きたく皆様に伏してお願い申し上げる次第です。「オフノート存続」に皆様のお力添えを賜れれば幸甚です。 

何卒宜しくお願い申し上げます。

[オフノート感謝セールのご案内]

日頃よりご愛顧下さっております、皆様に感謝の気持ちを込めまして二ヶ月半。オフノート&ディスク・アカバナー全カタログ(但し、AUR1-6は限定生産、AUR-14~18はメタカンパニー独占販売のため、SKA-3004 は新譜のため、セール対象から除外させていただきます)の通信販売による割引セールを行います。品切れも多くあります。何卒ご寛恕下さいますよう。

詳しくはこちらをご覧ください。
期間は2009年11月17日より2010年1月末日。


【通信販売について】
上記のアイテムの通信販売は、随時、承っております。
通信販売ご希望の方はお名前・ご住所・ご連絡先・ご希望アイテム・ご希望数を下記
連絡先までメール・電話・ファックス・郵便等でお知らせください。在庫を確認次第、
すぐに発送いたします。送料無料サービス、代金後払い・同封の郵便振替用紙でお支
払い頂きます(手数料はお客様ご負担とさせて頂きます)。

---------------------------------------------------
(有)メディア・ルネッサンス
off note & disc akabana
〒125-0042
東京都葛飾区金町4-18-11
TEL 03-5660-6498/03-5660-6509
FAX 03-5660-6499
E-mail CBE09606@nifty.com
E-mail offnote@k5.dion.ne.jp
http://ironbridge.exblog.jp/
---------------------------------------------------
[PR]
by masaru0801 | 2010-01-29 04:13 | off note news

いつもお世話になっております。

オフノートよりご案内さしあげます。かねてよりご案内申し上げておりましたNRQのアルバム「オールド・ゴースト・タウン」が2/14に発売となります。 レーベルは新生「swi(読み方はすい)」。申し上げるまでもなくoff note/Aurasiaから派生したレーベルです(ディストリビューションの関係上、新レーベルとしました)。NRQのmyspaceで試聴もできます。
http://www.myspace.com/newresidentialquarters

以下アルバムの詳細です。


暁闇の住宅地を彷徨く、名前のないトラッド
吉田悠樹、服部将典、牧野琢磨、中尾勘二からなるNRQのファーストアルバム

オールド・ゴースト・タウン/NRQ
a0000682_3422646.jpg■2010年2月14日リリース/■品番:swi-001
■税込価格:2,100円/税抜価格2,000円
■レーベル名:swi







【収録曲】
1.マンザナー
2.グリグリ
3.墓参り
4.台湾のおじさん
5.ケセラン・パサラン
6.さかなの午前
7.ピロシキ
8.送る日
9.NRQラグ
10.まるます
11.夜と霧
12.余分な人

produced by NRQ

recorded at GINJIN STUDIO
recorded & mixed & mastered by 石崎信郎 Ishizaki Nobuo
designed by 青木隼人 Aoki Hayato
cover photograph : 保坂衛 Hosaka Mamoru
exective producer : 神谷一義 Kamiya Kazuyoshi

special thanks to 福岡史朗 Fukuoka Shiro(GINJIN STUDIO)


―― NRQのサウンドには、現在楽器を演奏するに当たって仮構されざるを得ない「元の根」という存在への、自覚的かつ軽やかな態度が全編に鳴り響いている。 「自覚的」なのは、メンバー各人がそれぞれ立ち位置を異にした優れたルーツレス=即興演奏者であることに由来するだろうし、それが「軽やか」なのは、本来 は一人で孤独に乗り越えられるべきこのような困難があっさりと「バンド」によって実現されているという、簡単な奇跡によって付加された歓びだ。四人の気質 は音楽を聴く限り、それぞれまったく異なっていると思われる。しかし彼らは一緒に曲を作り、演奏し、
ぼくたちの前にあたらしい過去を立ち上げる。ぼくはこ のあたらしい過去にこそ郷愁を感じる。
――大谷能生(ミュージシャン/批評家) ※ライナーノーツより抜粋


■New Residential Quarters
【profile】
読み方は「ニュー・レジデンシャル・クォーターズ」。略して「NRQ」。2007年に吉田悠樹 (二胡) + 牧野琢磨 (guitar)デュオとして活動を開始。2008年には服部将典(contrabass) が参加。中尾勘二氏 (drums / sax / tb / cl) にも参加を依頼、現在はカルテット編成となっている。合計12弦とドラムスで、訥々とした新興音楽を奏でる。バンド名は “新興住宅地” の意。

【discography】
□V.A./Our Aurasian Things! (Aurasia,off note,groove/ '08/AUR-12)
□V.A./ginjin zoo (ginjin record/'09/GJR-008)

■牧野琢磨
エレクトリック・ギター/作曲 (1.3.8.9.10)
2003 年よりバンド「湯浅湾」に参加、音楽活動を始める。2008年にレーベルGRID605より初のソロ・アルバム『In the suburbs』をリリース。2009年に湯浅湾のアルバム『港』をリリース。また同年、NHK教育テレビ「時々迷々」第6話の音楽を横川理彦と共に手掛 ける。

■吉田悠樹
二胡/マンドリン/作曲 (2.5.7.11)
82年東京生まれ。2001年の夏に寿町フリーコンサートを体験、その次の日から二胡による演奏を始める。現在は「NRQ」「カナリア」「前野健 太とDAVID BOWIEたち」などのバンドを中心に活動中。過去のコンサート/レコーディングでの共演に大工哲弘、渡辺勝、上野茂都、鈴木翁二、ふいご、 Tristan Honsinger、あがた森魚、おとぎ話、俺はこんなもんじゃない、三輪二郎など。また、2009年には PoPoyansのサポートしてサマーソニックフェスティバルに出演。「前野健太とDAVID BOWIEたち」として出演した映画『ライブテープ』(松江哲明監督)は、第22回東京国際映画祭で「日本映画・ある視点部門」作品賞を受賞した。

■服部将典
コントラバス/作曲 (6.12)
79 年生まれ、愛知県出身、東京都在住。コントラバス演奏、作曲・編曲を行う。17歳にエレキベースを、24歳にコントラバスを始める。名古屋を中心に音楽活動を行った後、2003年に東京に活動拠点を移す。コントラバス演奏を山崎弘一氏に、音楽理論を菊地成孔氏に師事。主な参加バンド(サポート含む)は NRQのほか、轟渚、popoyans、shing02歪曲バンド、Emi Meyer、NH-Trio、U-TANZなど。

■中尾勘二
ドラム/サックス/トロンボーン/クラリネット/ウッドブロック/作曲 (4)
80 年代後半に篠田昌已ユニットに参加、後に篠田、関島岳郎とCOMPOSTELAを結成。篠田昌已が亡くなった後、桜井芳樹、久下惠生、関島と共に STRADAを結成。以後現在に至るまで、唯一無二の個性と存在感でもって様々なミュージシャンと活動を共にしている。現在参加しているバンド/ユニット はかえる目、sakerockの浜野謙太とのバンドNEWDAY、ぷちだおん、ふいごなどなど多数。



PS.
NRQ(ニュー・レジデンシャル・クォーターズ)が待望の1ST『オールド・ゴースト・タウン』に続き、3月には沖縄発ジプシーロックバンド・マルチーズロックの新譜をリリース。さらに、沖縄唯一無比のビッグバンド・勢理客オーケストラもレコーディングを完了。リリースは共にAurasiaから。いずれもコンピアルバム『Our Aurasian Things』から生まれた音の結晶。見果てぬ夢はまだ続いています…。


【通信販売について】
上記のアイテムの通信販売は、随時、承っております。
通信販売ご希望の方はお名前・ご住所・ご連絡先・ご希望アイテム・ご希望数を下記
連絡先までメール・電話・ファックス・郵便等でお知らせください。在庫を確認次第、
すぐに発送いたします。送料無料サービス、代金後払い・同封の郵便振替用紙でお支
払い頂きます(手数料はお客様ご負担とさせて頂きます)。

---------------------------------------------------
(有)メディア・ルネッサンス
off note & disc akabana
〒125-0042
東京都葛飾区金町4-18-11
TEL 03-5660-6498/03-5660-6509
FAX 03-5660-6499
E-mail CBE09606@nifty.com
E-mail offnote@k5.dion.ne.jp
http://ironbridge.exblog.jp/
---------------------------------------------------
[PR]
by masaru0801 | 2010-01-29 03:36 | NRQ

まー、凝りもせずに寒い日が続いておりますが、皆様お元気でしょうか。私のほうは寒さのせいにして少し重心低めに一日をやり過ごしたり、急にそんな自分を反省して動き回ってみたりと綱渡り的無事な日々を過ごしております。だから冬ってやつは、、です。ボヤキの季節です。しかし、そろそろそんな冬にもオサラバしてもらう頃ですね。そろそろ節分がやってきます。楽しみです。スポーツ全般、特に球技は苦手な私ですが、豆まきは割と得意な方だと自負しております。

そんな冬に先駆けて終わるものがひとつあります。コレ。お忘れではないでしょうか?1月31日までとなっております。いい春がやってきますよ。

話が外れてしまいました。豆まきです。去年は準備不足で(コンビニを4件、ハシゴしたんですが)結局、十分な量のいい豆が手に入らず、不完全燃焼。意外と豆まきファンは多いんですね。そんな反省を踏まえて、今年は出遅れまいと。明日あたり、豆を手配しようかと思っています。

次の季節の準備、お早めに。
(めっか)
[PR]
by masaru0801 | 2010-01-26 04:23 | たわごと


myspaceの試聴の曲、結構、入れ替えました。今回の効能は「気づき」です。個人差がありますので、具体的に明記はできないのが残念ですが、すごく気づくはずです。たとえば忘れていた事を思い出すのも気づきでしょうし、単に空腹に気づいたり、誰かに思いやりをもつのも気づきかもしれない、春が近づいてきていることにいち早く気づくかもしれない、自分が疲弊していることに気づきためいきをつく人もいるかもしれません。とにかく、気づきです。驚きをともなって気づき、それがさらに新しい驚きを呼ぶはずです。

僕の場合はこの選曲をしていて、忘れていたいろんな人のことを思い出しました。全部、酒飲みばかりですが。そして、驚きました。自分がなぜかここでmyspaceの更新していることを。ものすごい人たちの音楽をアップロードしていることを。あの頃、酒の場でよく流れていた人たちの音楽を。なんでこんなことを。そこからは自分との戦いでした。逃げ出したくなる自分を抑え、なだめ、「おまえならできる」と奮い立たせ、、結局、僕は勝ちました。見事、アップロードできたのです。

深夜だというのに今も驚いています。すばらしい音楽、今、すこし泣きそうになっております。バカバカしい話と思われるかもしれませんが、意外と本当です。
今日は一日中、音楽を聴いてばかりでした。
(めっか)
[PR]
by masaru0801 | 2010-01-20 03:32 | たわごと

2008年発売以来、「オイシサ、バッカリダ!」と各方面から好評を頂いている2枚組コンピーレーションアルバム「Our Aurasian Things!」。そこでも1曲参加し、奇妙でアヤウイ、けど懐かしいような、、、結局、何度も聴きたくなるあの曲を披露してくれたバンド、マルチーズロックが沖縄からはるばるやってまいります!しかも4DAYSです。あの歌声と音を生で聴けるチャンスです。まだお聴きでないという、うっかりやさんも『Our Aurasian Things!』への収録曲も試聴できるようになっておりますのでmyspaceへ急げば、まだ間に合います。

みなさん、お誘いあわせのうえ何度でもライブへ是非どうぞ。

マルチーズロック:
糸満盛仁[vocal.guitar]
糸満あかね[tenorsax]
リンダ[trumpet]
上地gacha一也[double-bass]


1月25日 新宿 Naked Loft
『マルチーズロック 東京ツアー』~grooveで繋がった仲間達~
OPEN19:00 / START19:30
他出演、 モアリズム / ノーズウォーターズ
前売¥2,000 / 当日¥2,500(共に飲食代別)
Naked Loft電話予約 / ローソンチケット(Lコード:78781)
東京都新宿区百人町1-5-1 百人町ビル1F
TEL:03-3205-1556

1月26日 板室温泉 大黒屋
e-mail:onsen@itamuro-daikokuya.com
http://www.itamuro-daikokuya.com
栃木県那須塩原市板室856番地

1月27日 阿佐ケ谷 オルフェ
OPEN19:00 / START19:30
¥2,500+ドリンクオーダー
東京都杉並区阿佐ヶ谷南2-21-9
TEL:03-5378-6327
e-mail:sakkochima@yahoo.co.jp
http://www.geocities.jp/sakkochima/

1月28日 ナチュラルカフェ・コンポステラ
OPEN19:00 / START19:30
¥2,500+ドリンクオーダー
足立区綾瀬5-7-2 第91新井ビル1F
TEL&FAX: 03-3628-5366
http://www.k5.dion.ne.jp/~composte/


a0000682_4375248.jpgOur Aurasian Things! Various Artists
off note/aurasia/groove AUR-12 ¥2,100(税込)[2CD]
DISC 1 CAP 収録
track15. ビヨヨーン / マルチーズロック

[PR]
a0000682_1484988.jpg

好評発売中のアルバム『ガムラン-ユンタ / 大工哲弘 大工苗子 &スカル・トゥンジュン』。この度、通信販売にてお買い求めの方には、関島岳郎によるREMIX4曲入りCD-R(未発表音源2曲入り)をプレゼントできることが急遽決定いたしました。数量限定の早いもん勝ちとなってますので、ご希望の方はお早めに。なお、都合によりボーナスCD-R希望の方への商品の発送は20日以降となりますのでご了承ください。


なお、『ガムラン-ユンタ』は割引対象外ですが「オフノート感謝セール」も1月31日まで開催中ですので、あわせてご利用ください。

a0000682_4303836.jpgガムラン-ユンタ / 大工哲弘 大工苗子 &スカル・トゥンジュン
DISC AKABANA SKA-3004 
定価 2000円(税抜価格) 2100円(税込価格) 

SKECHES OF AKABANA.
琉球・八重山歌謡とバリ島・ガムランの運命的な出会い。
二つの音は共鳴して風の言葉のように鳴り渡り鳴り響く。

琉球八重山民謡の第一人者、大工哲弘がバリ島・ガムラン楽団、スカル・トゥンジュンの協力を得て録音された島うたとガムラン、夢のコラボレーション。琉球民謡とガムラン。旋律等、よく類似を指摘されるふたつの音楽の共演は意外にも稀であり、音源となると皆無に等しい。島うたとガムラン音楽のセッションバトルなどというといかにも仰々しく、ここに収められた音楽を形容するには相応しくない。バリ島の民家での共演を収めた本作には気負ったところは微塵もなく、両者ともに自然体、それぞれの文化に敬意を払い、たがいが繰り出すうたと音楽を心からたのしんでいるようだ。両者の間を通う一塵の風の音まで聴こえてくる演奏はまさに至福の時間。さらにボーナストラック。バリ録音に音楽職人、関島岳郎が手を加えたリミックス二曲は、石垣島とバリ島を繋ぐ“水の道”を想起させて秀逸。

収録曲
1.ゆんたしょーら
2.でぃらぶでぃ~与那国ぬ猫小
3.世果報節
4. 繁昌節~とぅまた松
5.船ぬ親ジラバ
6. 唐船どーい
7.安里屋ゆんた
[Bonus track]
8. でぃらぶでぃ~与那国ぬ猫小 [REMIX]
9. 繁昌節~とぅまた松 [REMIX]

【通信販売について】
上記のアイテムの通信販売は、随時、承っております。
通信販売ご希望の方はお名前・ご住所・ご連絡先・ご希望アイテム・ご希望数を下記
連絡先までメール・電話・ファックス・郵便等でお知らせください。在庫を確認次第、
すぐに発送いたします。送料無料サービス、代金後払い・同封の郵便振替用紙でお支
払い頂きます(手数料はお客様ご負担とさせて頂きます)。

---------------------------------------------------
(有)メディア・ルネッサンス
off note & disc akabana
〒125-0042
東京都葛飾区金町4-18-11
TEL 03-5660-6498/03-5660-6509
FAX 03-5660-6499
E-mail CBE09606@nifty.com
E-mail offnote@k5.dion.ne.jp
http://ironbridge.exblog.jp/
---------------------------------------------------


それにしても部屋の湿気がひどいです。前はここまでではなかったと思うのですが。どうもひどい。この冬は産気づいてる同居人がいるから、とかそういうことではないのですが、湯を沸かしすぎなんでしょう。寒さにしびれて暖かい液体状のものを口に入れたくなり、つい湯を。気がつけば、窓に結露がたらりです。冬場、日本人は平均で一日何リットルの湯を沸かしてるものなんでしょうか。ご存知の方は私→offnote.on(あっと)gmail.comまでご一報を。

と、ここで「ボーナスCD-R」と「結露」についてこじつけてまとめてみたいのですが、どう考えても「ボーナスCD-R」と「結露」は結びつきそうにありませんので、この辺で。
(めっか)
[PR]
by masaru0801 | 2010-01-13 04:39 | 大工哲弘

畏友、人形使い・黒谷都さんの人形演劇のお知らせです。
本邦初となる「人形演劇」の祭典が東京・仙川で開催されます。
これまでに黒谷都さんは演劇集団「野戦の月」の制作協力を得たり、即興音楽家たちとの共同作業等を通してこの国にけして定着しているとは思えない、「人形演劇」の創造とその普及に文字通り?骨身を削って尽力してきました。黒谷さんにとって今回のイベントはまさに集大成。音楽を鬼才・原田依幸氏が担当。本邦初の試みがはたしてどんなものになっているのか、まったくもって興味が尽きません。
が、黒谷さんのメールにあるように集客の面で苦戦を強いられているようです。ご興味ある方はぜひ。ご友人・ご家族連れでお運びいただければ幸甚です。この画期的イベントを「絶後」に終わらせずに二回、三回とつつくことを希いながら…。
2010/01/12 off note拝

以下、黒谷さんからのお知らせメールです。

***********************************************

 1月21日~24日に「人形演劇・銀河鉄道の夜」を。続く26日から31日に「人形演劇祭inochi」を。調布市立せんがわ劇場にて公演開催いたします。

 立ち上げの初めから、情宣、集客の難しさは覚悟されて始まった企画でありますが、案の定、チケット券売が伸びているのは「市民」サービスとして組まれた子供向け人形劇団だけ。それ見たことか、という声がすでに降りかかってきています。
集客が難しい事など、何十年も身をもって知っており、そんなことは覚悟の上で始めた事です。
だからこそ集客動員出来ずに敗退する前に、もう一踏ん張り努力したいと思います。

 我が国には、沢山の人形劇祭が各地でありますが、どれもが人形劇=子供向け、或いは伝統という前提です。
そういった「祭」をもう一つ増やすことに私は全く興味はなく、自由に多彩に繰り広げられる人形やオブジェクトの息づく舞台表現の祭典を作れるのなら引き受ける、という話し合いで、このおよそ2週間に及ぶ「人形演劇」の祭典は日本で初めての試みとして立ち上がりました。

 どうか、みなさま。
この初めての、そして多分このような純粋な形ではたった一回で終わるだろう「人形演劇」の祭典を、「やっぱりうまくいかなかったんだ~」と噂話できかずに、その目で目撃してください。黒谷が結局はあらゆる事より優先してしまうほどに愛おしいこの世界を、観に来てください。

「銀河鉄道の夜」は、私の分を超えた作劇規模への挑戦で苦しい創作が続いていますが、とても楽しいです。出演はしませんが、黒谷の世界を創り出し批判に値する作品になるよう踏ん張ってます。小中学生、高校生にも是非観てほしいと思っております。
「人形演劇祭」には企画に徹する予定だったため本編作品では出演していませんが、10年前に出会った若手をメインに、若者と過ごしたこの10年の時間を批判に値する時間としてさらしています。

 26日(火)19:00 ake_miya 「モアレ」は、北井あけみとのコラボ4作品目、国立ラボで産まれた作品が劇場版に成長しています。
私の出演は小品で完成度の高い「涯なし」と即興の極を追求して「クロージングル」です。


 皆様のご来場を、心よりお願い申し上げます。


チケットのお申し込み方法
せんがわ劇場電話予約:03-3300-0611
国立ラボファックス:042-519-3717
メ-ル: gray5959ginga@yahoo.co.jp / mixiメッセージ

「銀河鉄道の夜」チケットお求めの際は、塚田次実か黒谷都の扱いでお申し込み下さい。
「人形演劇祭」通し券購入に劇場窓口まで行けない方、私達にお申し付け下さい。よろしくお願いします。

公演の詳細は、http://web.mac.com/kugutsume news でご覧下さい。

 重ねてお願い申し上げます。
[PR]
a0000682_13362915.gif

記忘記 2010

旧年中は大変お世話になりました。
本年も宜しくお願い申し上げます。

年は変われども時代の風はさらに厳しさを増し、
世界は益々混迷の度合いを深めているようです。
表現者だけではない生活者にとっても“冬に季節”。
この時機に巡り会い「音楽は一体、何が出来るか」。
この問いを胸に措きながら、焦らずにじっくりと。
一歩また一歩と前進してゆけたらと希っています。
微力ではありますが、記憶の奥底に降り積もった
声ならざる声を、同時代の叫びや呟き、軋み、揺動を。
「記忘記」として漏らさず綴ってゆくことを決意して。
本年も変わらぬご支援並びにごご鞭撻を賜れれば幸甚。

何卒宜しくお願い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

2010年正月吉日 off note拝

---------------------------------------------------
メディア・ルネッサンス
off note & disc akabana
〒125-0042
東京都葛飾区金町4-18-11
TEL 03-5660-6498/03-5660-6509
FAX 03-5660-6499
E-mail CBE09606@nifty.com
E-mail offnote@k5.dion.ne.jp
Blog http://ironbridge.exblog.jp/
Myspace http://www.myspace.com/off-note
---------------------------------------------------
[PR]
by masaru0801 | 2010-01-05 02:10 | off note news