<   2006年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

78タイフーンfm開局4周年記念
大工哲弘&ちんどん通信社
〜我ったー・ジンターランド〜

ジンタタジンタ、ちんどんどん
大工哲弘が唄う、もうひとつのやいま唄の記憶

 “ジンタ”とは、明治の初期に軍楽隊の音楽として日本に入ってきた西洋音楽が、明治の中頃に民間の楽団によって、宣伝広告やサーカス、映画の余興として演奏される中で大衆化された音楽スタイルで、その流れはのちの「ちんどん」へと連なる

 八重山民謡の名手として活躍してきた大工哲弘が、伝統的な民謡とともに歌い継いできたのもこの“ジンタ”だ。八重山の人々は、明治の頃からヤマトから流れ着いた唱歌や流行歌を八重山流にアレンジしたり替え歌にして親しんできた。大工哲弘は、こうした“ジンタ”の数々を、『ウチナージンタ(94年)』、『ジンターナショナル(96年)』、最新作『ジンターランド』の三枚の作品として発表してきた。ジンタシリーズとは、子どもの頃から聞き覚えてきた“ジンタ”の数々を民謡と同様に大切に次の世代に伝えたいという思いを込めた、もはや大工哲弘のライフワークなのだ。
 この度、78タイフーンfm開局4周年記念として行われる『大工哲弘&ちんどん通信社〜我ったージンターランド』は、大工哲弘が初めて沖縄で行うジンタの本格的公演となる。ちんどんスタイルでの演奏も県内初。本公演でちんどんを担当するのは、ジンタシリーズ第三弾『ジンターランド』で共演した、ちんどん通信社。こちらも今回が初めての沖縄公演となる。
 ちんどん通信社は、代表の林幸治郎が立命館大学在学中ちんどんの魅力にとりつかれ「ちんどん研究会」を発足、卒業後大阪の老舗ちんどん屋「青空宣伝社」での修行を経て旗揚げした本邦屈指のちんどん屋集団。その哀愁に満ちた演奏は、ネオちんどんと呼ばれる多くのフォロワーを生むなど高い評価を得ている。大工哲弘とは、2002年に九州太宰府天満宮で行われた第3回全国ちんどん博覧会で共演するなど、お互いをリスペクトする間柄。還暦を控え、深みを増した大工哲弘の唄に、これ以上はない共演者といえるだろう。
 会場は映画の殿堂、桜坂劇場。最高の共演者と空間を得て、朗々と響く大工節をゆめゆめお聞き逃し無きよう、どなた様も万障お繰り合わせの上お運び願いたし。

出演
大工哲弘 うた三絃

ちんどん通信社 from 大阪
林幸治郎 チンドンとトランペットなど
小林信之介 サキソフォンとクラリネットなど
ジャージ川口 ゴロスとバンジョーなど
花田雅史 チンドンとゴロスなど
小林寛明 二胡
WITH
渡辺 勝 ギターとピアノ  from 東京
中尾勘二 サキソソフォンとクラリネットとドラムなど from 東京

日時
2006年7月9日(日曜日)

会場
那覇・桜坂劇場ホールA

開演時間
昼の部 14:30 開演 夜の部 18:30 開演(二回公演、入替制)

料金
前売り2500円 当日3000円
※別途ドリンク(300円)のオーダーが必要です

ご予約・お問い合わせ
78タイフーンfm 098-951-1178
http://www.fmnaha.jp info@fmnaha.jp

チケットお取り扱い
78タイフーンfm/桜坂劇場/リウボウ8F プレイガイド/コープあぶれ/Pコード231-189/チケットぴあ/ファマリーマート/サークルK/サンクス

公式サイト
ちんどん通信社 http://www.tozaiya.co.jp/
大工哲弘    http://daiku-tetsuhiro.com/
78タイフーンfm http://www.fmnaha.jp

78タイフーンfm開局4周年スペシャル番組
大工哲弘の『我ったージンターランド』全6回
2006年6月3日から7月8日までの土曜日14時半放送
78タイフーンfm(78.0MHz)
ポッドキャスティングでもお聞きいただけます
ポッドキャスティングアドレスです。
http://podcast.uruma.jp/
[PR]
ジンターランド JINTA WONDERLAND
大工哲弘&ちんどん通信社
off note on-58
定価 2500円(税抜)2625円(税込)

a0000682_9435316.jpg


とおく彼方から風に乗ってたちあらわれる、まぼろしのジンタ響和国

世々、子どもたちの体と心を弾ませてきたわらべ唄、童謡。おとなにはなったものの、渡る世間の風は何かと冷たく、ふと口をついて出たため息に、どこからかメロディが寄りそったような流行り唄。遊びの気分横溢した戯れ唄。読み人知らずのまま、紅灯街の闇に漂った、はぐれ唄。
 こうした歌の数々を、大工哲弘は、何か大きなうねりの上に解き放つように歌う。「うねり」を場に誘い寄せているのは、ちんどん通信社社中のサウンドに重層化された、大地の鼓動と天上の風のゆらぎの照応を目指したかのような、卓抜なリズムである。
(ライナーノーツ『彼方からの力』朝倉喬司より)

収録曲
1.シャボン玉
2.一かけ二かけ(西郷隆盛娘です)
3.荒磯の歌
4.東雲節
5.船頭小唄
6.煙草のめのめ
7.あの町この町
8.雨降りお月さん
9.砂山
10.汗水節
11.馬賊の唄
12.八重山農林高等学校 校歌
13.影法師 
14.可愛いスーちゃん 
15.満鉄小唄(雨ショポ)
16.シャボン玉

参加ミュージシャン
大工哲弘 唄三絃
&
ちんどん通信社
林幸治郎 トランペット、チンドン/小林信之介 サックス、クラリネット/ジャージ川口 バンジョー、ゴロス/花田雅史 チンドン、サックス/小林寛明 二胡、ゴロス/河村光司 チューバ、サックス、ユーホニウム/林道代 チンドン/TAMA アコーディオン/岡奈那 トランペット
WITH
中尾勘二 サックス、スネアドラム/堀田博喜 サックス/岩渕理緒 クラリネット/橋本剛秀 バスクラリネット/戸次和歌子 トランペット/古池寿浩 トロンボーン/関島岳郎 リコーダー、エレクトロニクス/向島ゆり子 マンドリン/渡辺勝 ピアノ、オルガン/船戸博史 コントラバス/山田吉育 ブルースハープ/上地‘ガチャピン’一也 エレクトロニクス/川崎巽也 エレキギター/城間和広 パーカッション/沖縄・野菊保育園園児

ライナーノーツ
朝倉喬司/細川周平/林幸治郎

ジャケットイラスト
高嶺剛

---------------------------------------------------
[PR]
 昨年6月に行いました、オフノート初北海道ツアーの模様を収めたライブアルバム五枚組『JUST A NORTHERN SONG〈仮題〉-夢の隊列 2005 LIVE IN 北海道』を企画・告知して、すでに半年以上。徒に発売日を遅延していましたこと、深くお詫び申し上げます。一昨日、5月13日、ようやく、音の編集を終えました。当初は五枚のCDでの構成を考え、告知もいたしましたが、編集を終えてみれば、何と六枚組になっていました。毎度のことながら、予定変更の連続、誠にもって面目の次第もございません。
六枚組になってしまったことで、定価も10000円、とこれまた、変更せざるを得ませんが、今、ご予約いただいた皆様(2006年7月10日迄)には、最初に告知いたしました、8000円、の特別価格でお頒けさせていただきますので、何卒、ご了承くださいますよう。のこすはあと、アートワークのみ。今一度、発売を本年7月20日と定め、ラストスパートをかけてまいります。皆様にはご迷惑をおかけし通しですが、もう少々、お待ちのほどを。ご予約がまだのお客様は是非、この機会にお申し込みいただければ幸甚です。何卒、宜しくお願い申し上げます。
2006年5月15日 オフノート 神谷一義 


詳細は下記の通りです。

LIVE ALUBUM {6CD}
JUST A NORTHERN SONG〈仮題〉
夢の隊列 2005 LIVE IN 北海道

振り向いた
物語の始まり。
夢の隊列が
未生の音になって
「とおい異国の港町」へと
消えて行く‥


JUST A NORTHERN SONG
1994年発足から十年余り。音楽の<予兆>と<記憶>の時制を、
自在に翔け廻りつづけてきたきた前未来音楽集団・オフノート。
その精鋭たちが北の大地にやってきた。うたと音楽を携えて−。
日本フォーク/ロック史上、惨然と輝くはちみつぱい(EX.)、渡辺勝。
サイケから喫茶ロックまでオルタナティヴ京都を体現するオクノ修。
低迷するこの国のジャズを震撼させたフェダイン(EX.)、川下直広。
カオスに満ち溢れたパンク+タンゴ=PUNGO(EX.)、向島ゆり子。
越境するリズムトライアングル、サイツ(EX.)の狙撃手、船戸博史。
コンポステラ(EX.)からストラーダまで音楽を音楽する、関島岳郎。
席島の盟友、亡国の民の調べを奏でつづける異能の人、中尾勘二。
さらに七人のエミグラント達は地元・北海道の同志達と合流する。
独自の作風で漫画表現に新たな地平を切り拓いた天才、鈴木翁二。
そして、その仲間達にしてウタの同伴者、6月23日音楽組合バンド。
北の大地にフォルクローレの新風をおくる名手、福井岳郎を迎えて。
ジャンルも世代も異なりながらもひとつの時代を築いてきた猛者達。
北の大地に集結して、かれらが語り合ったこととは、一体、なにか。
それは<予兆>と<記憶>についてだったのだろうか。答えはない。
貴方自身の五官、魂、身体全体で掴み取り、たしかめてみてほしい。
エミグラント達がつくる、一夜限りのラ−モネードの饗和国の夢を。

[CD6枚組セット]
◆DISC 1 てのひらのなかのうた
オクノ修 vo,g with 船戸博史 b

◆DISC 2 エミグラントの肖像 
川下直広 sax with 渡辺勝 vo,p 船戸博史 b

◆DISC 3 マッチ一本の音楽 
LOW FISH=船戸博史 b 関島岳郎 tuba,tp,recorder  中尾勘二 sax,ds
+ 向島ゆり子 vln

◆DISC 4 星の栖家
PLAYS COMPOSUTELA=向島ゆり子 vln 関島岳郎 tuba,tp,recorder 中尾勘二 sax,ds
+ 船戸博史 b

◆DISC 5 ヨアケノウタ
渡辺勝 vo,p 川下直広 sax 向島ゆり子 vln 福井岳郎 charango
関島岳郎 tuba,tp,recorder 船戸博史 b 中尾勘二 sax,ds

◆DISC 6 ラ−モネードの饗和国 
鈴木翁二 vo,g 太田裕剛 馬頭琴 福井岳郎 charango
渡辺勝 vo,p 川下直広 sax 向島ゆり子 vln
関島岳郎 tuba,tp,recorder  船戸博史 b 中尾勘二 sax,ds

■イラスト 鈴木翁二
■写  真 桑本正士
■デザイン 藤原邦久
■ライナー 神谷一義 他

●限定生産 500セット 
●予約・特別価格 8,000円(定価 10000円)
●発売日 2006年7月20日

[予約お申し込み/お問い合わせ]
(有)メディア・ルネッサンス
off note & disc akabana
〒125-0042
東京都葛飾区金町4-18-11
TEL 03-5660-6498/03-5660-6509
FAX 03-5660-6499
E-mail offnote@k5.dion.ne.jp
http://ironbridge.exblog.jp/
[PR]
by masaru0801 | 2006-05-15 12:04 | off note news
オフノート六月度ライブのご案内

オフノート六月度ライブのご案内です。タイプのちがうライブをふたつ。
ひとつは、ジャズピアニスト、原田依幸さんの名古屋・甲府公演。
もうひとつは京都のシンガー・ソングライター、オクノ修さんの沖縄公演。
場所もまちまちですが、その土地その土地の趣向がライブに反映されるはず。たまたま、お近くにいらしたり、何となく興味があるぞ、という方もぜひ。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。
詳細は下記の通りです。どうぞ、よろしくおねがいいたします。

KAIBUTSU LIVE!
in NAGOYA, KOFU

これしかやらない! やりたくない!
全身、前進、善心込めての演奏だぞってことで、
まぁ、ひとつ見てください。

かつて、集団疎開、生活向上委員会オーケストラのリーダー的存在であり、今も多くのミュージシャンがリスペクトしつづける“怪物”、原田依幸。
名古屋・得三、甲府・桜座キャラバンサライ、初見参。渾身のライブ!!

[名古屋]

6月3日・土曜日

原田依幸ソロ×オーケストラ

出演
原田依幸(pf.cond)
関島岳郎(tuba.etc)
中尾勘二(ds.etc)
臼井康浩(g)
小野良子(as)
武田信吾(as.ss) 
照喜名俊典(eu.tb)
ダイオン小林(b.sax)
石渡岬(tp)
鈴木茂流(b)

得三  Tel: 052-733-3709 
名古屋市 千種区 今池 1-6-8 ブルースタービル2F
http://www.tokuzo.com/
19:00-
前売¥3,000 当日¥3,500 ( drink charge 別)

[甲府]

6月4日(日)

原田依幸ソロ×関島・中尾デュオ×

出演
原田依幸(pf.cond)
関島岳郎(tuba.etc)
中尾勘二(SAX,CL.etc)

桜座キャラバンサライ TEL:055-223-4455
山梨県甲府市中央1-1-7
http://www.sakuraza.jp/
開場17:30/ 開演18:00
¥2,500 ( drink charge 別)


オクノ修 live in okinawa
うたううたうたい 2006

6月13日・火曜日
出演
オクノ修 うたとギター (from 京都)
糸満盛人 うたとギター

@生活の柄 098-884-6863
那覇市安里388-1(栄町市場内)
http://www.okinawa-style.jp/eats/restaurant/050seikatuno_gara/
開場19:00/開演20:00
料金 前売\2,000/当日\2,500 +ドリンクオーダー

6月14日・水曜日
出演
オクノ修 うたとギター
ローリークック うたとギター http://www.joy.hi-ho.ne.jp/rolly/

@groove 098-879-4977
浦添市勢理客 2-18-10 地下一階
http://www.cosmos.ne.jp/~groove/
開場19:00/開演20:00
料金 前売\2,000/当日\2,500 +ドリンクオーダー

オクノ修。京都の老舗珈琲店「六曜社地下店」店主・うたうたい。
さりげないけれど、香りと深みのある唄の数々をご堪能ください。

Web Site
オクノ修 http://www5e.biglobe.ne.jp/~o-kom/
ローリークック http://www.joy.hi-ho.ne.jp/rolly/
[PR]
a0000682_1946859.jpg
a0000682_19464040.jpg

[PR]
a0000682_18132958.jpg

[PR]
by masaru0801 | 2006-05-11 19:38 | off note news
a0000682_19262721.jpg

[PR]
●JUST A NORTHERN SONG
1994年発足から十年余り。音楽の〈予兆〉と〈記憶〉の時制を、自在に翔け廻りつづけてきた前未来音楽集団・オフノート。
その精鋭たちが北の大地にやってきた。うたと音楽を携えて-。
日本フォーク/ロック史上、燦然と輝くはちみつぱい(EX.)、渡辺勝。
サイケから喫茶ロックまでオルタナティヴ京都を体現するオクノ修。
低迷するこの国のジャズを震撼させたフェダイン(EX.)、川下直広。
カオスに満ち溢れたパンク+タンゴ=PUNGO(EX.)、向島ゆり子。
越境するリズムトライアングル、サイツ(EX.)、の狙撃手、船戸博史。
コンポステラ(EX.)からストラーダまで音楽を音楽する、関島岳郎。
関島の盟友、亡国の民の調べを奏でつづける異能の人、中尾勘二。
さらに七人のエミグラント達は地元・北海道の同志達と合流する。
独自の作風で漫画表現に新たな地平を切り拓いた天才、鈴木翁二。
そして、その仲間達にしてウタの同伴者、6月23日音楽組合バンド。
北の大地にフォルクローレの新風をおくる名手、福井岳郎を迎えて。
ジャンルも世代も異なりながらもひとつの時代を築いてきた猛者達。
当夜にかれらが集まって語られることとはなにか。
やはりそれは〈予兆〉と〈記憶〉についてなのだろうか。
ここにこたえはない。
貴方自身の目と耳、身体全体で掴み取り、たしかめてみてほしい。
エミグラントがつくる、一夜限りのラーモネードの饗和国の夢を。

物語の始まり。
夢の隊列が
未生の音になって
「とおい異国の港町」へと
消えて行く・・

渡辺勝/オクノ修/川下直広/向島ゆり子/船戸博史/関島岳郎/中尾勘二/鈴木翁二/福井岳郎/太田裕剛(6月23日音楽組合バンド)

[CD6枚組セット]
DISC 1 てのひらのなかのうた
DISC 2 エミグラントの肖像
DISC 3 マッチ一本の音楽
DISC 4 星の栖家
DISC 5 ヨアケノウタ
DISC 6 ラーモネードの饗和国

限定生産 500セット
予価 8,000円(定価 10,000円)
発売日 2006年6月予定

[予約お申し込み/お問い合わせ]
本アイテムをご予約希望の方はお名前・ご住所・ご連絡先・ご希望数を下記連絡先までメール・電話・ファックス・郵便等でお知らせください。入荷次第、発送いたします。送料無料サービス、代金後払い、同封の郵便振替用紙でお支払い頂きます(手数料はお客さまご負担とさせて頂きます)

有限会社 メディア・ルネッサンス
off note & disc akabana
〒125-0042
東京都葛飾区金町4-18-11
tel: 03-5660-6498/03-5660-6509
fax: 03-5660-6499
e-mail: offnote@k5.dion.ne.jp
bloge: http://ironbridge.exblog.jp/
[PR]
by masaru0801 | 2006-05-06 01:45 | off note news