カテゴリ:原田依幸( 3 )

HOMURA  原田依幸 崔善培 アルフレート・ハルト
Homura/Yoriyuki Harada, Choi Sun Bae & Alfred Harth

off note on-62 ¥3,150(税込)[CD+DVD]

混沌の統一 -全き自由の予兆としての。音による心象スケッチ。激情と激情がしのぎをけずってたちあらわれる幻の音楽響和国。初回限定ボーナスDVD付

a0000682_428157.jpgDisc1 [CD]  
1.星火  2.狼火  3.狐火  4.鬼火  5.埋火  6.火群 
Disc2 [BONUS DVD]
1.火群(碧) 2.焔(緋)  3.炎(紫) 

Performed by
Yoriyuki Harada-Piano 
Choi Sun Bae-Trumpet 
Alfred Harth-Saxophone,Clarinet
Except Disc2-3
Kim Ju Hong-Jing
Kwark Jae Hyuk-Piri



本作に収録された音楽は本年3月に韓国で録音されました。このときにはじめて、原田は崔善培とアルフレート・ハルト、韓国在住の二人の音楽家と出会ったのです(二人の経歴はプロフィールをご参照ください)。ですから、本作は「出逢いの音楽」とでもよぶべきものです。本作に収録されている音楽はいわゆる「即興音楽」とよばれるものですが、3人が紡ぎ出す音楽は細部まで神経が行き届いていて、まるで作曲された音楽のように聴こえるでしょう。耳を傾ければ傾けるほど、興味が湧いてくる、そんな音楽になりました。本作はCDに音楽の記録を、DVDに韓国での演奏の模様を旅日記ふうに収録しました。「1アイテムで2度、美味しい」、そんな趣向です。ジャケットを飾る画は、1920~30年代、夢野久作や江戸川乱歩の挿し絵を描き続けたまぼろしの画家、竹中英太郎のものです。

原田依幸 Yoriyuki Harada ピアノ
1948年島根県生まれ。1975年、梅津和時とニューヨークに乗り込み、ウィリアム・パーカーらロフト系ミュージシャンと競演。帰国後、伝説的なジャズオーケストラ「生活向上委員会大管弦楽団」結成。1980年、梅津とのデュオでドナウエッシンゲン音楽祭出演、大絶賛を博す。その後、富樫雅彦、アンドリュー・シリル、トリスタン・ホンジンガー等と競演。現在は小山彰太、望月英明、時岡秀雄を擁する自身のグループで演奏しつつ、全国に100名近い参加者をもつ「大怪物団」を構想中。

崔善培 Choi Sun Bae トランペット  
1943年韓国生まれ。1960年代に米軍基地内で演奏活動を開始。78年、姜泰煥 (カン・テーファン),金大煥(キム・デファン )と共にトリオを結成。フリージャズシーンのなかった韓国に一石を投じる。1985年、日本で演奏、その実力を国際的に知られるようになる。1988年、オリンピック国際ジャズフェスティバル 、仁川シンフォニー・オーケストラ等に参加。2002年、ドイツから韓国へ拠点を移したアルフレート・ハルト と共同作業開始。本年3月、原田依幸と出会い、親交を深める。70年から現在に至るまで韓国即興シーンを先導し続けている。

アルフレート・ハルト Alfred Harth サックス、クラリネット
ドイツ生まれ。1967年、即興グループ 「ジャスト・ミュージック 」を組織し、同時にパフォーマンス等、多ジャンルのアートに開放の場を提供する。70年代、現代音楽家、ハイナー・ゲッペルス とデュオを開始。その後、1980年にクリス・カトラー 、クリストフ・アンダースを加えた、伝説的アートロックバンド、カシーバーを結成。1986年、脱退。以降、世界中を飛びまわり、ジョン・ゾーン、ペーター・ブロッツマン. 、フレッド・フリス 等、様々なミュージシャンと精力的に共演。大友良英アンサンブル のメンバー 。現在ソウルに在住。
[PR]
by masaru0801 | 2009-11-18 09:26 | 原田依幸
マージナル 原田依幸 トリスタン・ホンジンガー
Margin/Yoriyuki Harada & Tristan Honsinger

off note on-61 ¥3,150(税込)[CD+DVD]

二人の音楽家がかたどるこの世のものならざる不思議な形象。
現世と異界のあわいを自由に彷徨う妖しい音楽、鬼気迫る。
初回限定ボーナスDVD付

a0000682_4232212.jpgDisc1 Here [CD]
1.Everywhere 2.Nowhere

Disc2 There [BONUS DVD]
1.Erehwyreve 2.Erehwon

Performed by
Yoriyuki Harada Piano
Tristan Honsinger Cello





原田依幸とトリスタン・ホンジンガー。本作は二人の異質の音楽家による即興演奏をCDとDVDにそれぞれ、収録した二枚組アルバムです。「即興演奏」というととかく、むずかしく考えたり、退屈なものを想像しがちですが、二人の演奏はわたしたちの思いこみを良い意味で裏切っています。そう、とても「面白い」即興演奏なのです。即興演奏を媒介にしながらジャズからさらにクラシック音楽に遡行していく、おたがいが培ってきた積年の音楽を交換し交感していくさまはまさ即興の醍醐味。この音楽は第一級の音楽家しかあらわすことができない厚みと深みがあり、繰り返し聴いても飽きることがありません。二人の音楽の結晶を聴覚(CD),視覚(DVD)でご堪能いただけます。ジャケットを飾る画は、1920~30年代、夢野久作や江戸川乱歩の挿し絵を描き続けたまぼろしの画家、竹中英太郎のものです。

原田依幸 Yoriyuki Harada ピアノ
1948年島根県生まれ。1975年、梅津和時とニューヨークに乗り込み、ウィリアム・パーカーらロフト系ミュージシャンと競演。帰国後、伝説的なジャズオーケストラ「生活向上委員会大管弦楽団」結成。1980年、梅津とのデュオでドナウエッシンゲン音楽祭出演、大絶賛を博す。その後、富樫雅彦、アンドリュー・シリル、トリスタン・ホンジンガー等と競演。現在は小山彰太、望月英明、時岡秀雄を擁する自身のグループで演奏しつつ、全国に100名近い参加者をもつ「大怪物団」を構想中。

トリスタン・ホンジンガー Tristan Honsinger チェロ
1949年アメリカ・ヴァーモント州生まれ。幼少時は主にバッハ等のクラシック音楽を学んでいたが、20歳で即興シーンに出会い、深く傾倒。1974年に渡欧。デレク・ベイリーのカンパニーや、ICPオーケストラ、セシル・テイラーのグループ等に参加する。以来、欧州即興シーンにはなくてはならない存在となる。日本でも山下洋輔、浅川マキ等、数多くのミュージシャンとの交流でよく知られている。その演奏は視覚的にも印象的。現在オランダ在住。
[PR]
by masaru0801 | 2009-11-18 09:19 | 原田依幸
a0000682_22499.gif原田椅子/原田依幸ユニット ON-09 (2CD) 3,500円(税抜き)

 ジャズからの自由ではなく、自由になろうとする自由を目指して—。70年代後半、「集団疎開」「生活向上委員会」を結成、時代を遥かに先取りし、今も多くの音楽家がリスペクトし続ける原田依幸。久々のリーダー・アルバムは、2CDに及ぶ渾身の大作。時岡秀雄、望月英明、小山彰太からなるレギュラ・コンボの演奏は緊張感に漲り、一寸の弛緩も許さない。音で造形されたどこにもない形象。
[PR]
by masaru0801 | 2004-04-05 22:50 | 原田依幸