カテゴリ:ストラーダ( 2 )

a0000682_22528.gif山道/ストラーダ ON-08 1995年 3,000円(税抜き)

 星の原っぱからの第一歩。ストラーダ=道。この命名はポスト・コンポステラ、持続の意志が強く込められている。コンポステラ活動停止後、中尾勘二、関島岳郎が桜井芳樹、久下惠生と共に踏み出した音楽の旅路。クレズマー、ギリシャ音楽、アイリッシュ・トラッド等、「旅する音楽」のエッセンスを自家籠薬中のものにしている。メンバーのオリジナルも秀逸。


 1. 記忘(中尾勘二)
 2. 身それた花(中尾勘二)
 3. 水辺のうた(関島岳郎)
 4. 忘れ酒(Greek Traditional)
 5. 二十世紀旗手(桜井芳樹)
 6. ウィスパリング(Schonberger-Coburn-Rose)
 7. 祖国を追われた者の歌(Banat)
 8. 山道(桜井芳樹)
 9. 伝説列車(中尾勘二)
 10. しあわせなユダヤ人(H.Ellestein)
 11. スウェーデンとルーマニア 二つの民謡(Traditional)
 12. モナミ(わが友)(Marianito Mores)
 13. シーベックシーモア(Irish Traditional)
 
 中尾勘二
 -klarinette,soprano sax,alto sax,tenor sax
 桜井芳樹
 -guitars,banjo,mandolin,6-strings ukulele
 関島岳郎
 -tuba,trombone
 久下惠生
 -drums,bongo,caxixi

 Produced by STRADA
 Recorded at CoCo STUDIO 1995.7/2,3,8, 8/23
 Mixed at 1995.8/23〜25
 Recorded and Mixed by 坂井利徳
 Assistant Engineer 山谷敏昭(CoCo Studio)
 Mastered at 東京CDセンター 1995.9/11
 Mastered by 橋本陽英
 Design 藤原邦久
 Photographs 桑本正士
 Label Assistant 薮本貴志
 Exective Produced by 神谷一義
[PR]
a0000682_24142.gifテキサス・アンダー・グラウンド/ストラーダ
 ON-28 1998年 2,800円(税抜き)

中尾勘二、関島岳郎、桜井芳樹、久下恵生、強力無比な4人によるユニット、ストラーダ。前作「山道」にもまして結束力を固め、取り組んだ本作は、どこにもない、そして、誰にも真似出来ないオリジナリティに満ち溢れている。表題での新境地「クレツモリズム」の路上性、「アイスラー・メドレー」における斬新なポップ感覚。ストラーダの充実振りを証明する一枚。


テキサス・アンダーグラウンド/STRADA(ON-28) '98年11月発売

曲目
1. SISTERS(桜井芳樹)
2. 幼年期の始まり(関島岳郎)
3. LAGU DAERAH TAPANULI(インドネシア民謡)
4. 韓国民謡メドレー
5. クレツモリム -DER GLATER BULGER-(Dave Tarras)
6. 幻の港(桜井芳樹)
7. MARSCHTEMPO〜DIE FABRIKEN(Hanns Eisler)

8. てぶくろ(関島岳郎)
9. PRIMO(中尾勘二)
10. SEXY TWIST(M.Giombini)
11. TUBAMEN AT SEASIDE -渚のチューバ男-(中尾勘二)
12. TEXAS UNDERGROUND(桜井芳樹)
13. 沼 -SWAMP-(桜井芳樹)
14. つばめ -LA GOLONDORINA-(N.Serradel)

中尾勘二
 -klarinette,soprano sax,alto sax,tenor sax,trombone(except M-6)
 桜井芳樹
 -guitars,bouzouki,banjo,mandolin,ukulele,pedal steel guitar,sampler
 関島岳郎
 -tuba,trumpet,trombone(only M-6),recorder
 久下惠生
 -drums,SC-88 with DATACAT

 Produced by STRADA
 Recorded & Mixed at 瑞穂町スカイホール 1998.JUN.AUG
 Recorded and Mixed by 坂井利徳
 Assistant Engineer 小俣桂久
 Mastered at 東京CDセンター
 Mastered by 橋本陽英
 Design 藤原邦久
 Photographs 桑本正士
 Exective Produced by 神谷一義
[PR]