カテゴリ:ライヴのお知らせ( 103 )


皆様
いつもお世話になっております。

さらに・TRISTAN IN TOKYO のお誘いとなります。
不躾にも度重なるお誘い、何卒ご寛恕の程を。

昨日は「なってるハウス」。トリスタン(チェロ)、向島ゆり子(ヴァイオリン)、川崎純(コントラバス)のストリングストリオの流麗な「音楽時間」に今井次郎の廃品や日常用品を再利用したオブジェを駆使したパフォーマンスが醸す独特の「ドンヨリ感」が強引に割り込む不思議空間。トリスタンは「フリス」という架空の人物になりすまし、フリス自身の物語を目論んだようですが、今井さんはさにあらず。幼児が玩具と戯れる「永遠の王国」の叙景をエンドレスにまくしたてます。そう、二つの時間が同時に進行、時に混じり合ったり・なかったり。表現における「並置」というものをじっくりと体感した次第。実に味わい深いライブではありました。こういうのはテレビドラマやバラエティではきっと、味わえないよなあ。ライブならではの醍醐味って奴だとおもうんだな、うん。というわけで。

明日26日は新宿ゴールデン街劇場。実はこのセット、個人的にもっとも期待しているのです。作曲と即興のあわいを彷徨うスリリングな演奏になるはず、とこころひそかに。ウヒヒヒヒ…。

27日は、トリスタンの「フェバリット・ベーシスト」、井野信義さんとのデュオ。とおもいきや、井野さんのはからいで気鋭のギタリスト、今井和雄さんも参加。豪華な布陣となりました。

28日は「講座オフノート」。トリスタンの音楽漂浪半生を具に検証します。通訳を介して海外第一級の音楽家の証言を直に聞ける機会は貴重。こちらもお薦めです。 

29日は東京最終日。渋さ知らズ総統・不破大輔氏の参加を得て、大団円に相応しいお膳立て。

ご多忙とは存じますが、お時間をおつくりいただき、どこかの会場にお運びいただければ幸甚。以上、ご報告と共にさらなるおねがいを申し上げました。

何卒何卒、と繰り返して、お願い申し上げる次第です。

2009.11.25 off note  


以下、今後のライブ日程です。


TRISTAN IN TOKYO 2009

■新宿
トリスタン・ホンジンガー cello×向島ゆり子 violin ×永田利樹 contrabass×
宮野裕司 saxophone
2009年11月26日(木曜日)
新宿 ゴールデン街劇場 tel 03-5272-3537
東京都新宿区歌舞伎町1-1-7マルハビル1F
JR山手線・東京メトロ丸の内線・小田急線 新宿駅東口徒歩10分
http://www.geocities.jp/golden_gai_gekijou/
open19:00/start 19:30
charge 予約 ¥3000/当日 ¥3500

■池袋
2009年11月27日(金曜日) 
トリスタン・ホンジンガー cello×井野信義 contrabass×今井和雄 guitar
JAZZ BAR ぺーぱーむーん tel 03-3985-0240
JR山手線・東京メトロ丸の内線・有楽町線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩5分 
東京都豊島区西池袋3-29-3 梅本ビル4F
20:00~ 
charge ¥2500+ドリンク

■北千住
2009年11月29日(日曜日) 
トリスタン・ホンジンガー cello×川下直広 saxophone×不破大輔 contrabass
倍音BAR cosmic soul tel 03-3882-7050
足立区千住1-22-9 リッカー千住ビル2F
JR常磐線・東京メトロ千代田線・日比谷線・東武線 北千住駅徒歩10分
http://www.cosmicsoul.jp/
open19:00/start 19:30
charge ¥2500+ドリンク

【講座オフノート・番外篇 其之二】

音を旅する方法
-放浪の音楽家、トリスタン・ホンジンガーを囲んで-

講師 
トリスタン・ホンジンガー(音楽家)
原田健一(新潟大学教授)調整中
神谷一義(オフノート)

2009年11月28日(土曜日)
豊島区民センター・第二会議室
18時開場/19時開始 
参加費 1500円

豊島区民センター
東京都豊島区東池袋1-20-10 
TEL 03-3984-7601/FAX 03-3984-0865
交通案内 JR山手線池袋駅東口下車 徒歩約5分
http://www.toshima-mirai.jp/center/a_kumin/


上記イベントのご予約・お問い合わせ
(有)メディア・ルネッサンス/オフノート
tel 03-5660-6498 / fax 03-5660-6499 
mail offnote@k5.dion.ne.jp
[PR]

皆様
いつもお世話になっております。

ふたたび。TRISTAN IN TOKYO のお誘いです。
新しい相棒、めっかくんがブログでご報告したとおり、18日午後、トリスタン・ホンジンガーが無事に来日を果たしました。ライブのコピーに「チェロ一挺もって」は嘘でチェロさえ持たずに小さなキャスター付きスーツケースを引っ張り、弓を入れた細長い段ボール筒を小脇に。自前のチェロを持参しないのは、飛行機の超過料金を取られないため。我々の懐具合を配慮してのこと・為念。というわけで、初日は彼を囲んでの小さなパーティ。翌19日もトリスタンを囲んでの小さなパーティ。酒場から酒場への梯子酒。二日つづけてのアルコール漬けと成り果てる始末。さて、この先一体、どうなることやら、と、隣で焼酎を口に運びながら心配したりして…。

そして、迎えた昨夜の東京初演奏。東京下町最深部・綾瀬「ナチュラルカフェ コンポステラ」。向島ゆり子さんとのデュオは、会場に居合わせた二十数名、そのお一人ひとりに心からの感動と共に、大きな印象を与えたようです(ちなみに、わたしもそこにふくまれます)。というわけでぜひともトリスタンの生演奏にふれていただきたく、ふたたびのお誘い。

本夕は、若い音楽家達に胸を貸してのセッション。彼らは昨年、オフノートの沖縄ツアーでで同行したメンバー。一日おいて。23日は、巨匠・原田依幸氏、御大・鈴木勲氏との超弩級トリオ!これがなんと、チャージなしの「カンパご随意」。世界的即興演奏家による前代未聞の組み合わせ。こういうものはぜひ、即興演奏未体験の方、特に若いリスナーにこそ、とねがってやみません。とまあ、一つひとつ、ライブを紹介していてはキリがありませんので、下記スケジュールをチェックしてくださいますよう。 皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。また、もとよりの宣伝下手に加え、緊急来日による宣伝時間も相乗しまして、宣伝まったく行き届いておらず、下記スケジュールをご友人等にご宣伝いただければ幸甚。最後に。遠方にお住まいの方々には、度々、東京ローカルのご案内で申し訳ございません。お力添えをいただければ幸いです。何卒宜しくお願い申し上げます。 2009/11/21

追記
先述の聖地・メッカならぬめっかくん。傾きっぱなしのオフノートを手伝いたい、と自ら申し入れてくれた、天然記念物並みの奇特な人。めっかくんのお陰で長い間、開店休業状態だった当ブログも俄に活性化。おまけにマイスペース(http://www.myspace.com/off-note)も新設。
共に、お時間あらば、ぜひおもお立ち寄り下さい。今後、さらに内容を充実してまい
る所存。めっかくんの今後の活躍とともに、あたらしい力を得たオフノートの今後にに大いにご期待ください、と手前味噌にて失礼いたします。

以下、あらためて、今後のスケジュールをご案内させていただきます。


TRISTAN HONSINGER IN TOKYO 2009
チェロ一挺もって。流浪の音楽家がやってくる。

■綾瀬 
星の原っぱであそぶ vol.2「たびするおと」
トリスタン・ホンジンガー cello×向島ゆり子 violin
2009年11月20日(金曜日)
tel&fax 03-3628-5366
足立区綾瀬5-7-2 第91新井ビル1F
JR常磐線・東京メトロ千代田線 綾瀬駅西口より徒歩9分
つくばエクスプレス 青井駅より徒歩10分
mail compostela@y9.dion.ne.jp
http://www.k5.dion.ne.jp/‾composte/
open 19:00 live start 19:30
charge ¥2500+オーダー

■阿佐ヶ谷
トリスタン・ホンジンガー cello×吉田悠樹 二胡×牧野琢磨 guitar
×古池寿浩 trombone×小林ヤスタカ saxophone  
2009年11月21日(土曜日)
CAFE & BAR ORPHEE(オルフェ)tel 03-5378-6327
東京都杉並区阿佐ヶ谷南2-21-9
JR中央線 阿佐ヶ谷駅南口より徒歩3分
http://www.geocities.jp/sakkochima/
open 19:00/start 19:30
charge ¥2500+オーダー

■荻窪 
トリスタン・ホンジンガー cello×原田依幸 poano×鈴木勲 bass 
2009年11月23日(月曜日)
ギャラリー 遊美 tel 03-3393-8900
杉並区荻窪5-10-22 美好屋ビル1F
JR中央線・東京メトロ丸の内線 荻窪駅南口より徒歩5分
http://www.nazares.com/
open18:30/start 19:00
charge カンパ制

■入谷
トリスタン・ホンジンガー cello×向島ゆり子 violin×川崎純 contrabass×今井次
郎 guitar etc.
2009年11月24日(火曜日) 
なってるハウス tel 03-3847-2113
東京都台東区松が谷4-1-8 1F
東京メトロ日比谷線 入谷駅より徒歩8分
JR山手線・京浜東北線 鴬谷駅より徒歩約13分
mail knuttelhouse@mb.point.ne.jp
http://members.jcom.home.ne.jp/knuttelhouse/
open 19:30/start 20:00
charge ¥2000+オーダー

■八丁堀
トリスタン・ホンジンガー cello×大上流一 guitar2009年11月25日(水曜日) 
ギャラリー 七針 tel 03-6806-6773
東京都中央区新川2-7-1 オリエンタルビル地下 七針
東京メトロ日比谷線 八丁堀徒歩3分・JR京葉線 八丁堀駅徒歩5分
mail : fftftftf.com
http://www.ftftftf.com/
open 19:00/start 19:30
charge ¥2000 

■新宿
トリスタン・ホンジンガー cello×向島ゆり子 violin ×永田利樹 contrabass×
宮野裕司 saxophone
2009年11月26日(木曜日)
新宿 ゴールデン街劇場 tel 03-5272-3537
東京都新宿区歌舞伎町1-1-7マルハビル1F
JR山手線・東京メトロ丸の内線・小田急線 新宿駅東口徒歩10分
http://www.geocities.jp/golden_gai_gekijou/
open19:00/start 19:30
charge 予約 ¥3000/当日 ¥3500

■池袋
2009年11月27日(金曜日) 
トリスタン・ホンジンガー cello×井野信義 contrabass
JAZZ BAR ぺーぱーむーん tel 03-3985-0240
JR山手線・東京メトロ丸の内線・有楽町線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩5分 
東京都豊島区西池袋3-29-3 梅本ビル2F
20:00~ 
charge ¥2500+ドリンク

■北千住
2009年11月29日(日曜日) 
トリスタン・ホンジンガー cello×川下直広 saxophone×α
倍音BAR cosmic soul tel 03-3882-7050
足立区千住1-22-9 リッカー千住ビル2F
JR常磐線・東京メトロ千代田線・日比谷線・東武線 北千住駅徒歩10分
http://www.cosmicsoul.jp/
open19:00/start 19:30
charge ¥2500+ドリンク

【講座オフノート・番外篇 其之二】

音を旅する方法
-放浪の音楽家、トリスタン・ホンジンガーを囲んで-

講師 
トリスタン・ホンジンガー(音楽家)
原田健一(新潟大学教授)調整中
神谷一義(オフノート)

2009年11月28日(土曜日)
豊島区民センター・第二会議室
18時開場/19時開始 
参加費 1500円

豊島区民センター
東京都豊島区東池袋1-20-10 
TEL 03-3984-7601/FAX 03-3984-0865
交通案内 JR山手線池袋駅東口下車 徒歩約5分
http://www.toshima-mirai.jp/center/a_kumin/


上記イベントのご予約・お問い合わせ
(有)メディア・ルネッサンス/オフノート
tel 03-5660-6498 / fax 03-5660-6499 
mail offnote@k5.dion.ne.jp
[PR]
畏友、円盤オーナー、田口さんより下記連絡アリ。
上野茂都さんCD発売記念のライヴ宣伝のご依頼。
田口さんのご依頼、しかも、同業他社とはいえ、甚だ目出度き上野さんのレコ発記念ライブとあっては、なんとしてでも宣伝のお手伝いを、と非力を顧みずに力瘤をつくったりして。
おやおや。みれば、オフノートゆかりの豪華キャスト。片肌ならぬ両肌まで。
これを見逃す手はない!、と多きに提灯ぶらさげま~す。
2009/11/21

以下、田口さんからのメールです。

タグチです。
ひとつお願いがあってメールしました。
12/1に上野茂都さんのCD発売記念のライヴを吉祥寺のMANDA-LA2でやるのですが、
オフノートで関連のお知らせとして情報を流していただけないでしょうか?
当日オフノト商品の即売もやる予定ですのでできたらお願いできないでしょうか。

内容は以下の通りです。

「めしのしたくCD発売記念ライヴ」
出演:上野茂都(唄、三味線)、渋谷毅(ピアノ)、宮野裕司(サック
ス)、船戸博史(コントラバス)
上野茂都9年ぶりのオリジナル・アルバムであり、初の本格的スタジオ・レコーディング作品「めしのしたく」発売記念。レコーディング・メンバーによる一夜限りのライヴです。

吉祥寺MANDA LA2(武蔵野市吉祥寺南町2-8-6-BF/TEL
0422-42-1579)
12/1(火)18:30OPEN/19:30START
前売り2500円/当日2800円

a0000682_12293417.jpg
上野茂都「めしのしたく」
[PR]
a0000682_16293637.jpg

画像見れない場合はコチラ
[PR]
a0000682_1626228.jpg


a0000682_16264857.jpg

[PR]
INTER MUSIC FESTIVAL 2008
「ここより遠く よりこのここに近く」
詩人・金時鐘をむかえて 音と、詩と、舞と、

■日時
2008年7月25日(金)18:30開場/19:30開演
7月26日(土)18:00開場/19:00開演
※25日と26日のプログラムは異なります。

■会場
R's Art Court (労音大久保会館)
東京都新宿区大久保1-9-10 TEL.03-5273-0806
JR新大久保駅下車徒歩8分
http://www.ro-on.jp/kaikan/rs-index.html

■出演
金時鐘/ばらちづこ/水野慶子/原田依幸/小山彰太
/張理香/金龍河/郭宰赫/趙寿玉/桜井大造

■料金
前売:4,000円/2日間通し前売:7,000円/当日:5,000円

■問い合わせ・前売予約
メタカンパニー TEL.03-5273-2821 e-mail:CBE09606@nifty.com
メディア・ルネッサンス TEL.03-5660-6509 e-mail:offnote@k5.dion.ne.jp

主催:IMF実行委員会


詩人の金時鐘さんが、夏の東京 新大久保にやってきます。
脇を固めるのは、昨年のNHKドキュメンタリー番組「海鳴りのなかを〜詩人 金時鐘の60年〜」の音楽を担当した原田依幸と張理香、そして韓国伝統芸能を担う最高峰の演奏家と舞踊家、
さらにはアジアを疾走するテント芝居の看板役者たち。
来年80歳を迎える金時鐘さんを言祝ぐ、2夜連続の劇的ライブです。

私が居ついてしまったさきは
百年がそのまま 思い止んでいるところ
百年を生きても 思い浸(ひた)る日はまだ
昨日のままで暮れているところ
故国に遠く 異郷に遠く
さりとてさまでは離れてもない
立ち帰ってばかりの いまいるところ
ここより遠く よりこのここに近く
「ここより遠く」より(詩集『化石の夏』所収)

金時鐘(キム シジョン) 
1929年、朝鮮元山市生まれ。光州と済州島を行き来し、解放を済州島で迎える。
南労党・予備党員として、南北分断に反対する武装闘争「済州島四・三事件」の渦中に。
その後、日本へ脱出。大阪では「朝鮮評論」の編集、民戦の活動、詩誌「ヂンダレ」の発行と激動の50年代を過ごす。55年、第一詩集『地平線』を上梓。59年「カリオンの会」結成。73年から88年には、正課・朝鮮語の教員として兵庫県立湊川高校に赴任した。現在は奈良県生駒市に住み、詩作を中心に、批評などの執筆、朗読や講演活動を続けている。詩集は『化石の夏』まで6集、集成詩集に『原野の詩』(小熊秀雄賞特別賞)がある。著書に『「在日」のはざまで』(毎日出版文化賞)、『わが生と詩』など。昨年「60年越しの宿題」であった訳詩集『再訳 朝鮮詩集』を刊行し、大きな話題を呼んだ。


ばらちづこ 朗読
劇団「野戦之月海筆子」のオリジナルメンバーにして98年以降は「独火星」作品にも参加、世紀末から新世紀にかけての両テント芝居にフル出演している女優。06年の舞台では火の海を背景に金時鐘の詩を絶唱、喝采を浴びた。

水野慶子 朗読
劇団「風の旅団」の旗挙げに参加、中心的女優としてアングラ芝居の記憶の層をいや増しに分厚く積もらせてきた。テント生まれのテント育ち。その眼光は、コンクリート壁をもテントシートの如く軽く突き動かしてみせるだろう。

原田依幸 ピアノ
70年代後半、本邦初のフリージャズオーケストラ「生活向上委員会大管弦楽団」を結成、絶賛を博す。その後は富樫雅彦、アンドリュー・シリル等と競演。自身のグループで演奏しつつ、全国に100名を超える参加者をもつ「大怪物団」を主宰。

小山彰太 ドラムス
76年、森山威男の後を受け山下洋輔トリオに参加。坂田明と共に“第二期黄金時代”を築く。数多くのレコーディングやツアーを経験、特にヨーロッパで大きな賞賛を浴びた。現在も様々なセッションに参加、日本ジャズ界にあって不可欠の存在。

張理香(チャン リヒャン) 伽?琴(カヤグム)
正楽伽?琴(カヤグム)および玄琴(コムンゴ)奏者。91年より咸洞庭月流カヤグム散
調
完奏にこだわり、毎年独奏会「滅紫月(けしむらさきのつき)」を開催している

“The motto is playing music from the heart”

金龍河(キム ヨンハ) 奚琴(ヘグム)
韓国伝統音楽界における若手随一の奚琴(ヘグム)奏者。韓国伝統の打楽器奏者
でもある。04年東亜コンクールのヘグム部門での金賞受賞により兵役免除となり日本へ留学。約1年間の滞在中に公演を多数行う。

郭宰赫(クァク ジェヒョク) ?篥(ピリ)
城南市立国楽団常任団員。07年韓国ソウルでの金大煥の追悼公演時に偶然、彼のソロ演奏を聴いた原田依幸が見出した、韓国伝統音楽の若手No.1の?篥(ピリ)および太平簫(テピョンソ)奏者。

趙寿玉(チョウ スオク) 舞踊
韓国と日本において長年にわたり活躍する舞踊家。そのサルプリ舞は他の追随を許さない。重要無形文化財第97号(サルプリチュム)履修者。公演活動のかたわら、韓国伝統舞踊教室「チュムパンの会」を主宰。

桜井大造 司会進行
70年代「曲馬舘」、80年代「風の旅団」、90年代以降「野戦之月海筆子」を主宰するテント芝居の第一人者。テント芝居とともに時代を疾走し続け、近年は東アジアのもうひとつの「魔の時間」を掘り出しにかかっている。


企画・制作:神谷一義(off note)
構成:池内文平
演出:桜井大造
舞台監督:原田依幸
監督補佐:渡辺薫
舞台美術:長友裕子
音響:石崎信郎
舞台制作:野戦之月
宣伝美術:田原政輝、神山武生
協賛:(株)スタジオタム
協力:メタカンパニー

a0000682_134344.jpg

a0000682_1343288.jpg

[PR]
CD『街角の唄たち/オクノ修』『桃源楽/吉育』合同発売記念ライブ

桃源楽 -MUSIC FROM HEARTLAND-  

出演
オクノ修 唄・ギター
吉育 ブルースハープ
関島岳郎 チューバ、リコーダー
船戸博史 コントラバス
恵良真理 パーカッション
水晶 ウクレレ
ウエッコ ギター(スケジュール調整中)

11月28日・水曜日 
磔磔 Tel: 075-351-1321
京都市下京区 富小路仏光寺下がる
阪急 河原町駅下車11番出口/地下鉄四条駅下車南5番出口より徒歩5分
開場18:00 / 開演19:00
前売2000円 / 当日2500円 ( drink charge 別)
Web Site http://www.geisya.or.jp/~takutaku/ 


MUSIC FROM HEARTLAND NEW RELEASE!

オクノ修響和国4
街角の唄たち DOCUMENT TAPES 1979-1981
オクノ修
off note/non-18

街角に一人佇み、行き交う唄たちをただひたすらみつめている。
夜の通りをことばがメロディをつれてやってくる刹那のキロク。
うつろう時の流れにうかんではきえる心象風景をスケッチする。

桃源楽 
吉育
off note/Aurasia AUR-8

ブルースハープで奏でるオキナワンメロディ。組み合わせの妙。
これまでになかった、とても不思議な音楽が出来上がりました。
ハートランドから貴方への贈りもの。関島岳郎・プロデュース。

2アイテムとも
定価 2000円(税抜価格)2100円(税込価格)
a0000682_23195130.jpg
a0000682_23202090.jpg

[PR]
Inter Improvisation Music Festival 2007
KAIBUTSU LIVES!

十月。黄昏の国から音楽の怪物達がやってくる!
繰り広げられる白夜の饗宴。魑魅魍魎!跳梁跋扈!!

[東京]
10月1日月曜日
杉並公会堂小ホール
* JR中央線・東京メトロ丸ノ内線 荻窪駅 北口 徒歩7分
東京都杉並区上荻1-23-15
TEL:03-3220-0401
http://www.suginamikoukaidou.com/
開場 19:00 開演 19:30

[甲府]
10月2日火曜日
甲府 桜座
* JR 甲府駅南口 徒歩約6分
山梨県甲府市中央1-1-7
TEL&FAX 055-233-2031
MAIL kofu@sakuraza.jp
http://sakuraza.jp/
開場 19:00 開演 19:30

[名古屋]
10月3日水曜日
名古屋市千種文化小劇場 ちくさ座
* 地下鉄桜通線 吹上駅 7番出口 北へ徒歩3分
* 市バス 大久手 下車 徒歩すぐ
名古屋市千種区千種3-6-10
TEL 052-745-6235 FAX 052-745-6236
http://www.bunka758.or.jp/02shisetsu/02shisetsu_16.html
開場 19:00 開演 19:30

[京都]
10月4日木曜日
京都府京都文化博物館
* 地下鉄 烏丸御池駅 5番出口 三条通り東へ徒歩3分
* 阪急烏丸駅 16番出口 高倉通り北へ徒歩7分 
* 京阪 三条駅 6番出口 三条通りを西へ徒歩15分 
京都市中京区三条高倉 
TEL 075-222-0888 FAX 075-222-0889
MAIL office@bunpaku.or.jp 
http://www.bunpaku.or.jp/
開場 18:30 開演 19:00

【チケット料金】
前売 4.000円 当日 5.000円

【主催】
Inter Improvisation Music Festival(IMF)実行委員会

【お問い合わせ/チケット予約】
〈電話〉
東京 03-5660-6509(メディア・ルネッサンス)
03-5273-2821(メタカンパニー/土日定休) 
甲府 055-232-5908 (あまんじゃく/木曜定休) 
名古屋 090-1741-0552(臼井)
京都 090-6209-2696(琴塚)

〈メール〉
offnote@k5.dion.ne.jp
CBE09606@nifty.com

〈チケットご予約方法〉
苗売りチケットのご予約はお名前・ご住所・ご連絡先・ご希望数を上記連絡先までメール・電話でお知らせください。ご確認次第、郵送いたします(送り人:メディア・ルネッサンス)。到着次第、同封の郵便振替用紙(送料・手数料当方負担)にてお支払いいただければ幸いです。※尚、一週間以内にお振込がご確認できない場合、キャンセルとさせていただくこともありますがご了承ください。
チケットは全日共通券〈但し一公演のみ有効〉です。全席自由席です。当日、開場の一時間前に整理券を発行いたします。ご入場は整理券順とさせていただきます。

【助成】
国際交流基金
すぎなみ文化芸術活動助成基金助成事業

【演奏者プロフィール】

World Kaibutsu Quintet

原田依幸 Yoriyuki Harada ピアノ
1948年島根県生まれ。1975年、梅津和時とニューヨークに乗り込み、ウィリアム・パーカーらロフト系ミュージシャンと競演。帰国後、伝説的なジャズオーケストラ「生活向上委員会大管弦楽団」結成。1980年、梅津とのデュオでドナウエッシンゲン音楽祭出演、大絶賛を博す。その後、富樫雅彦、アンドリュー・シリル、トリスタン・ホンジンガー等と競演。現在は小山彰太、望月英明、時岡秀雄を擁する自身のグループで演奏しつつ、全国に100名近い参加者をもつ「大怪物団」を構想中。

ルイス・モホロ Louis Moholo ドラムス
1940年南アフリカ・ケープタウン生まれ。ドラマー/パーカッショニスト。ケープタウンの白人黒人混成ジャズバンド「ブルーノーツ」のメンバーとして1964年にヨーロッパへ渡る。以後、アフリカのポリリズムとヨーロッパの洗練を融合した多彩なリズムで、英国ジャズ/ロックシーンに多大な影響を与える。セシル・テイラー、スティーブ・レイシー、キース・ティペット、エルトン・ディーン、デレク・ベイリー、エバン・パーカー等と競演。2005年に南アフリカに帰郷。

ヘンリー・グライムス Henry Grimes ベース
1935年アメリカ生まれ。ジュリアード音楽院で学んだ後、50年代半ばよりジャズ・シーンに参加。以来、ソニー・ロリンズ、セロニアス・モンク等のグループに参加するが、次第に当時台頭していたフリー・ジャズ・シーンに深く傾倒。アルバート・アイラーやアーチ・シェップ等と活動。1968年に西海岸に移住するが演奏活動を一旦休止。2000年に入り、ウィリアム・パーカー等の協力を得て音楽シーンに復帰。近年はニューヨーク即興シーンを中心に活動。マーク・リボーとのセッションも話題になった。

トリスタン・ホンジンガー Tristan Honsinger チェロ
1949年アメリカ・ヴァーモント州生まれ。幼少時は主にバッハ等のクラシック教育を学んでいたが、20歳で即興シーンに出会い、深く傾倒。1974年に渡欧。デレク・ベイリーのカンパニーや、ICPオーケストラ、セシル・テイラーのグループ等に参加する。以来、欧州即興シーンにはなくてはならない存在となる。日本でも山下洋輔、浅川マキ等、数多くのミュージシャンとの交流でよく知られている。その演奏は視覚的にも印象的。現在オランダ在住。

トビアス・ディーリアス Tobias Delius サックス、クラリネット
1964年、イギリス・オックスフォード生まれ。1984年にオランダに移住し、即興シーンに参加。ICPオーケストラでの活動でよく知られている。他にスティーブ・レイシー、ミシャ・メンゲルベク、ルイス・モホロ、ビル・フリゼール、スティーブ・ベレスフォード等多数のミュージシャンと競演。ICPレーベルから、トリスタン・ホンジンガー、ジョー・ウィリアムソン、ハン・ベニンクを擁する自身のカルテットのアルバムをリリース。
主にヨーロッパを中心に活躍する。現在ドイツ在住。

(小林ヤスタカ文案)
a0000682_2150183.gif
a0000682_21504459.gif

[PR]
a0000682_1634391.jpg

大工哲弘 一人唄会
TOUR 2007-あき

沖縄・八重山島うたの第一人者、大工哲弘。毎年恒例の弾き語りによる唄会。
圧倒的な声量と自在な三絃で島うた宇宙を余すところなく歌い・語り尽くす。


出演
大工哲弘 唄・三絃

[東京]
10月22日 月曜日 
吉祥寺 マンダラ2  Tel: 0422-42-1579 
JR中央線/井の頭線 吉祥寺駅下車南口より徒歩2分
武蔵野市 吉祥寺 南町 2-8-6
開場18:30 / 開演19:30
前売2500円 / 当日3000円 ( drink charge 別)
Web Site http://www.mandala.gr.jp/man2.html

[名古屋] 
10月23日 火曜日 
58月(ゴヤムーン) Tel: 052-834-3358
名古屋市昭和区滝川町31-8
地下鉄鶴舞線 いりなか駅1番出口より徒歩2分
飯田街道1本北側の通り、旧飯田街道沿い「ドラッグスギヤマ」2F
開場18:00 / 開演19:00
前売り電話予約2500円/当日3000円+オーダー
Web Site http://www.58s.jp/

[京都]
10月24日 水曜日
磔磔 Tel: 075-351-1321
京都市下京区 富小路仏光寺下がる
阪急 河原町駅下車11番出口/地下鉄四条駅下車南5番出口より徒歩5分
、開場18:00 / 開演19:00
前売2500円 / 当日3000円 ( drink charge 別)
Web Site http://www.geisya.or.jp/~takutaku/
[PR]
皆様

いつもお世話になっております。
北と南の端を除いて、列島はいつ終わるともしれない、長いなが〜い梅雨時であります。お子様たちはすでに「夏休み」というのに生憎の天候。お気の毒様、です。

また、上越地方一帯に大きな震災。ご当地にお住まいの方々、ご関係の方々には心よりお見舞い申し上げます。
「越の国」は謂わば、庶民芸能のマザーランド。CD『瞽女うた』二作を制作の折り、何度もかの地を訪れております。人情に厚いお国柄。親しき人たちのお貌が胸内に浮かびます。皆様方のご健康とご多幸を心よりお祈りしております。苦難を乗り越えて一日も早い復興を。

さて。
本年8&10月。オフノート関連のライブのご案内を申し上げます。

まずは8月。こちらは京都&名古屋近在の方々を中心に(8/12・京都、13・名古屋)。
真夏の夜にモノノケどもが集まって繰り広げますは「妖怪大戦争」じゃなかった、一大音楽会。なんたって人数が凄い、京都は32名、名古屋21名の大所帯(さらに増員する模様)。それも腕利きから、妖術師まがいまで顔ぶれも多種多彩。総指揮はご存じ、鬼才・原田依幸。ピアノ使いにしてオルガナイザー。かつての「生活向上委員会大管弦楽団」、本邦初の本格的フリージャズオーケストラもこのひとの仕事のひとつ。
果たして真夏の夜空にどんな音の妖怪の艶姿が浮かび上がりますやら。乞うご期待、であります。

…というわけで以下、ご案内です。

YORIYUKI HARADA presents
KAIBUTSU LIVE volume.2
at KYOTO,NAGOYA SUMMMER 2007

YORIYUKI HARADA's
DEDICATION KAIBUTSU ORCHESTRA

一刀両断!
 
もののけたちが三々五々、群れ集い繰り広げる真夏の夜の饗宴
鬼才、原田依幸・指揮による“瀕死かつ最高”のオーケストラ


YORIYUKI HARADA's
DEDICATION KAIBUTSU ORCHESTRA,KYOTO

原田依幸 piano,conductor
瀬戸一成 trumpet
上田真士 trumpet
不動翔子 trombone
藤本優 trombone
中尾勘二 trombone
古池寿浩 trombone
河村光司 tuba
塩田遥 tuba
三井隆志 flute  
みやけをしんいち soprano saxophone
水谷康久 alto saxophone 
亀田しんじ alto saxophone
森順治 alto saxophone 
堀田博喜 alto saxophone
橋本剛秀 alto saxophone
白起かすみ alto saxophone
水谷未耶 alto saxophone
登敬三 tenor saxophone 
鈴木放屁 tenor saxophone 
西内徹 tenor saxophone
前田悠太郎 tenor saxophone
浦朋恵 clarinet,tenor saxophone,
瀬戸信行 clarinet
西川文章 electric guitar
森雄大 electric guitar
船戸博史 contrabass
宮田あずみ contrabass 
光田臣drums
平木誉大 djembe
下村よう子 voice
坂巻さよ voice  

【京都】
2007年8月12日 sun
磔磔 Tel: 075-351-1321
京都市 下京区 富小路 仏光寺下がる
http://www.geisya.or.jp/~takutaku/
開場17:00 / 開演18:00
前売3000円/当日3500円+オーダー


YORIYUKI HARADA's
DEDICATION KAIBUTSU ORCHESTRA,NAGOYA

原田依幸 piano,conductor
石渡岬 trumpet
長坂均 trumpet
照喜名 俊典 euphonium,trombone
山田奈緒 trombone
佐藤しずえ trombone
吉丸昭彦 alto saxophone
森順治 alto saxophone
小林やすたか alto saxophone
堀田博喜 alto saxophone
橋本剛秀 alto saxophone
平尾義之 tenor saxophone
鈴木放屁 tenor saxophone 
西内徹 tenor saxophone
前田悠太郎 tenor saxophone
dion小林 baritone saxophone
臼井 康浩 electric guitar
石垣篤友 electric bass
服部将典 contrabass
近藤久峰 drums
丸市 percussion  

【名古屋】
2007年8月13日 mon
得三  Tel: 052-733-3709 
名古屋市 千種区 今池 1-6-8 ブルースタービル2F
http://www.tokuzo.com/
開場18:00 / 開演19:00
前売3000円/当日3500円+オーダー


さてさて。ふたつめのご案内。これは正真正銘のビッグニュース!
世界各地から音楽の怪物たちが集結して開催いたします「怪物的世界音楽会議」。
多くの言葉は費やしません、ご案内で怪物たちの名前をたしかめるか、本メール末尾に付したプロフィールをご参照ください。わたしがけして無闇矢鱈、大げさに騒ぎ立てているわけではないことをご理解いただけるでありましょう。百戦錬磨。超一流のミュージシャンズ・ミュージシャン。サイボーグ009(ナンノコッチャ!?)ではありませんが、人種も出身地も異なるつわものたちが、世界各地から三々五々。ニッポン列島半分、襤褸のキャラバンを繰り広げます。嗚呼、オフノートをはじめて13年目。わたしが目指した音楽のひとつの理想型がここにあります。音楽の未来のために。ぜひとも皆様の、そして、多くの方々のご来場を、と切望する次第であります。(10/1・東京、10/2・甲府、10/3・名古屋、10/4・京都)

以下、ご案内させていただきます。


Inter Improvisation Music Festival 2007
KAIBUTSU LIVES!

十月。黄昏の国から音楽の怪物達がやってくる!
繰り広げられる白夜の饗宴。魑魅魍魎!跳梁跋扈!!

[東京]
10月1日月曜日
杉並公会堂小ホール
* JR中央線・東京メトロ丸ノ内線 荻窪駅 北口 徒歩7分
東京都杉並区上荻1-23-15
TEL:03-3220-0401
http://www.suginamikoukaidou.com/
開場 19:00 開演 19:30

[甲府]
10月2日火曜日
甲府 桜座
* JR 甲府駅南口 徒歩約6分
山梨県甲府市中央1-1-7
TEL&FAX 055-233-2031  
MAIL kofu@sakuraza.jp
http://sakuraza.jp/
開場 19:00 開演 19:30

[名古屋]
10月3日水曜日
名古屋市千種文化小劇場 ちくさ座
* 地下鉄桜通線 吹上駅 7番出口 北へ徒歩3分
* 市バス 大久手 下車 徒歩すぐ
名古屋市千種区千種3-6-10
TEL 052-745-6235 FAX 052-745-6236
http://www.bunka758.or.jp/02shisetsu/02shisetsu_16.html
開場 19:00 開演 19:30

[京都]
10月4日木曜日
京都府京都文化博物館
* 地下鉄 烏丸御池駅 5番出口 三条通り東へ徒歩3分
* 阪急烏丸駅 16番出口 高倉通り北へ徒歩7分 
* 京阪 三条駅 6番出口 三条通りを西へ徒歩15分 
京都市中京区三条高倉 
TEL 075-222-0888 FAX 075-222-0889
MAIL office@bunpaku.or.jp
http://www.bunpaku.or.jp/
開場 18:30 開演 19:00

【チケット料金】
前売 4.000円 当日 5.000円

【主催】
Inter Improvisation Music Festival(IMF)実行委員会

【お問い合わせ/チケット予約】
〈電話〉
東京 03-5660-6509(メディア・ルネッサンス)
03-5273-2821(メタカンパニー/土日定休) 
甲府 055-232-5908 (あまんじゃく/木曜定休) 
名古屋 090-1741-0552(臼井)
京都 090-6209-2696(琴塚)

〈メール〉
offnote@k5.dion.ne.jp
CBE09606@nifty.com

【助成】
国際交流基金
すぎなみ文化芸術活動助成基金助成事業

【演奏者プロフィール】

World Kaibutsu Quintet

原田依幸 Yoriyuki Harada ピアノ
1948年島根県生まれ。1975年、梅津和時とニューヨークに乗り込み、ウィリアム・パーカーらロフト系ミュージシャンと競演。帰国後、伝説的なジャズオーケストラ「生活向上委員会大管弦楽団」結成。1980年、梅津とのデュオでドナウエッシンゲン音楽祭出演、大絶賛を博す。その後、富樫雅彦、アンドリュー・シリル、トリスタン・ホンジンガー等と競演。現在は小山彰太、望月英明、時岡秀雄を擁する自身のグループで演奏しつつ、全国に100名近い参加者をもつ「大怪物団」を構想中。

ルイス・モホロ Louis Moholo ドラムス
1940年南アフリカ・ケープタウン生まれ。ドラマー/パーカッショニスト。ケープタウンの白人黒人混成ジャズバンド「ブルーノーツ」のメンバーとして1964年にヨーロッパへ渡る。以後、アフリカのポリリズムとヨーロッパの洗練を融合した多彩なリズムで、英国ジャズ/ロックシーンに多大な影響を与える。セシル・テイラー、スティーブ・レイシー、キース・ティペット、エルトン・ディーン、デレク・ベイリー、エバン・パーカー等と競演。2005年に南アフリカに帰郷。

ヘンリー・グライムス Henry Grimes ベース
1935年アメリカ生まれ。ジュリアード音楽院で学んだ後、50年代半ばよりジャズ・シーンに参加。以来、ソニー・ロリンズ、セロニアス・モンク等のグループに参加するが、次第に当時台頭していたフリー・ジャズ・シーンに深く傾倒。アルバート・アイラーやアーチ・シェップ等と活動。1968年に西海岸に移住するが演奏活動を一旦休止。2000年に入り、ウィリアム・パーカー等の協力を得て音楽シーンに復帰。
近年はニューヨーク即興シーンを中心に活動。マーク・リボーとのセッションも話題になった。

トリスタン・ホンジンガー Tristan Honsinger チェロ
1949年アメリカ・ヴァーモント州生まれ。幼少時は主にバッハ等のクラシック教育を学んでいたが、20歳で即興シーンに出会い、深く傾倒。1974年に渡欧。デレク・ベイリーのカンパニーや、ICPオーケストラ、セシル・テイラーのグループ等に参加する。以来、欧州即興シーンにはなくてはならない存在となる。日本でも山下洋輔、浅川マキ等、数多くのミュージシャンとの交流でよく知られている。その演奏は視覚的にも印象的。現在オランダ在住。

トビアス・ディーリアス Tobias Delius サックス、クラリネット
1964年、イギリス・オックスフォード生まれ。1984年にオランダに移住し、即興シーンに参加。ICPオーケストラでの活動でよく知られている。他にスティーブ・レイシー、ミシャ・メンゲルベク、ルイス・モホロ、ビル・フリゼール、スティーブ・ベレスフォード等多数のミュージシャンと競演。ICPレーベルから、トリスタン・ホンジンガー、ジョー・ウィリアムソン、ハン・ベニンクを擁する自身のカルテットのアルバムをリリース。
主にヨーロッパを中心に活躍する。現在ドイツ在住。

(小林ヤスタカ文案)


以上であります。

本メール冒頭に「名古屋、京都」と地域を限定するような書き方をいたしました
がさにあらず。もちろん、何処にお住まいの皆様もご来場いただければ幸甚です。
今後、このような機会を多くつくることは、一に皆様のご支援にかかっております。
本イベントの主催はオフノートに非ず、Inter Improvisation Music Festival(IMF)実行委員会。聞き慣れぬ名称。それもそのはず。今回、イベント初デビュー。商店主、呑みや女将、ライブハウススタッフ、教師、サラリーマン、フリーターetc、職種も性別も年齢もちがう混成軍、音楽における縦横断戦線。この全国の音楽で結ばれた同志・老若男女の寄り合い所帯の素人集団に、わたしはこの国の音楽の未来を賭けております。一波万波、この小さな試みが興行的に成功すれば、この国の音楽・文化状況もすこしは明るいものになるのではないか、と期待しているのです。どうぞ、皆様のお力添えを!いまこそ音楽の合力を!! と切に乞うものです。

取り急ぎのご案内、失礼いたしました。

10月のイベントについては今後、さらに詳細にご報告してまいります。

どうぞ、よろしくおねがいいたします。

2007年7月24日 

---------------------------------------------------
神谷一義
メディア・ルネッサンス
off note & disc akabana
〒125-0042
東京都葛飾区金町4-18-11
TEL 03-5660-6498/03-5660-6509
FAX 03-5660-6499
E-mail CBE09606@nifty.com
E-mail offnote@k5.dion.ne.jp
http://ironbridge.exblog.jp/
---------------------------------------------------
[PR]