カテゴリ:ライヴのお知らせ( 103 )

毎日、猛暑が続きますがいかがお過ごしでしょうか。
どなたさまもご健康を害されませんよう、くれぐれもご自愛ください。

さて早速ですが、オフノート関連のライブをふたつ、ご案内させていただきます。


[星空音楽会 第伍夜]


星空音楽会-Musica en Compostela- 第伍夜
料金
2500円+ドリンク500円別途
~ナチュラルカフェ コンポステラ 5周年記念ライブ~

出演
中尾勘二・関島岳郎DUO
中尾勘ニ(サックス、クラリネット), 関島岳郎(テューバ)

NRQ
吉田悠樹(二胡), 牧野琢磨(ギター), 服部将典(コントラバス)
中尾勘ニ(パーカッション、サックス、クラリネット)
ゲスト 関島岳郎(テューバ)

日時
2011年7月12日(火曜日)

開場
19:00 開演 19:30

料金
2500円+ドリンク500円別途

会場
綾瀬 ナチュラルカフェコンポステラ
TEL & FAX 03-3628-5366
足立区綾瀬5-7-2 第91新井ビル1F
JR常磐線、東京メトロ千代田線 綾瀬駅西口より徒歩9分
つくばエクスプレス青井駅より徒歩10分
http://www.k5.dion.ne.jp/‾composte/

※定員20名ほどのスペースです。お早めにご予約ください。


ライブの企画者吉田悠樹さんからメッセージをいただきました。

ナチュラルカフェ コンポステラさん5周年、本当におめでとうございます。今回は3周年、4周年ライブに続いて元コンポステラの中尾さん、関島さんのお二人と、さらにその中尾さんも参加している、弦楽器を中心としたバンドNRQで演奏させて頂きます。
このNRQを始めるにあたってもコンポステラというバンドにはとても大きな影響を受けており、今回ナチュラルカフェ コンポステラさんの5周年としてお二人と共に演奏できる事を心から嬉しく思っています。当日の一部は中尾勘二さん、関島岳郎さんお二人での演奏、二部ではNRQにゲストとして関島さんをお迎えし、この日限りの特別編成で演奏したいと思います。
(吉田悠樹 NRQ)



[第二回 てなもんや浪漫バラエティ]

ミソラレコード・プレゼンツ
てなもんや浪漫バラエティ
第二回 さては一座の皆様方へ

花の東京でついに実現! 関西浪曲&江州・河内音頭、夢の競演!!
新生ミソラレコード主催による今世紀初の浪曲&漫才ショウ「てなもんや浪漫バラエ
ティ。第二回目の演者は浪曲ショウの先駆的グループ、タイヘイトリオのタイヘイ夢
路。浪曲河内音頭のパイオニア・初音会社中。90年代、独創的ネオ江州音頭で「ワー
ルドミュージック」ブームの虚妄を鮮やかに切り裂いたマッド唯丸こと初代・桜川唯
丸。新進気鋭の実力派女流浪曲・春野恵子。浪曲、音頭、漫談を織り交ぜてお届けす
る演題は「さては一座の皆様方へ」。浪曲、音頭。節と啖呵とリズム、三味と太鼓と
ギターの音色に酔って浮かれて舞い踊る、抱腹絶倒にして感動と至福の二時間。澤田
隆治・監修。

出演
浪曲漫談 タイヘイ夢路
浪曲河内音頭 初音会
初音家秀若
初音家石若
初音家歌月
江州音頭 初代 桜川唯丸
浪曲 春野恵子

司会進行
澤田隆治(メディア・プロデューサー)
玉川奈々福(浪曲師)

監修 澤田隆治 企画制作 ミソラレコード

協力 東京ローオン倶楽部

日時
2011年7月16日(土曜日)

会場
浅草木馬亭 電話03-3844-6293
東京都台東区浅草2丁目7-5

[最寄駅]
地下鉄〈銀座線〉〈都営浅草線〉浅草駅
地下鉄〈銀座線〉田原町駅
私 鉄〈東武伊勢崎線〉浅草駅

開場/開演
12時30分/13時
16時/16時30分
※一日二回公演・入替制

木戸銭
前売予約3000円/当日3500円/二回通し券5000円

お問い合わせ/前売予約
メタカンパニー 電話03-5273-2821/ファックス03-5273-2831
メディア・ルネッサンス 電話03-5660-6498/ファックス03-5660-6499
電子メール CBE09606@nifty.com


[出演者プロフィール]
タイヘイ夢路
ロマン(浪曲漫才)ショウの草分け、タイヘイトリオのリーダー。父が浪曲師であったことから4才で初舞台。娘浪曲師として活躍。戦後、九州で知り合った洋児に、実姉の糸路を誘ってロマンショー・タイヘイトリオを結成。永年、上方漫才界の一角を占める人気漫才トリオとして活躍。漫才の他に舞台、テレビ出演、講演等、幅広く活動。門下からレツゴー三匹、ジミー大西等、数多くの弟子を輩出している。

河内音頭 初音家
現代河内音頭を礎を作った河内音頭会派。昭和初年、初代宗家初音家太三丸(太三郎)は栄太郎、宇志丸、佐市、寅丸の初音家五人衆とともに盆踊りの櫓や寄席舞台に数多く出演。初音会の名前は世間の所有となる。戦後は太三丸「太三郎の人徳を慕って数多くの若者が入門。若き鉄砲光三郎も同会で薫陶を受ける。 現在は四代目宗家を秀若が襲名。河内音頭のパイオニアとして君臨している。

桜川唯丸
江州音頭取。1948年、二代目桜川房丸師に師事。1974年、桜川唯丸会を結成。1990年、ワールドミュージックブームの最中、『上々颱風』(EPIソニー)にゲスト参加、一躍注目を集める。ファースト『ウランバン』発表。以後、上々颱風、ネーネーズ、照屋林助、ウルフルズ、都はるみ、三波春夫等数多くのミュージシャンと共演。1995年、門弟に二代目唯丸を譲り引退。本公演はそれ以来の舞台公演。

春野恵子
浪曲師。2003年、上方の女流第一人者の二代目春野百合子に国立文楽劇場の楽屋に押し掛けで弟子入り志願。東京からの通い稽古を続けた後、東京の芸能界を引退、大阪に活動拠点を移し修行を重ねる2006年、春野恵子の芸名で、「堺浪曲新風亭」にて初舞台。大阪を中心に活動しながら関東でも積極的に舞台を重ねる。2008年、新宿コマ、シアターアプル等で公演、浪曲界に旋風を巻き起こす。

玉川奈々福
1994年 、浪曲三味線教室に参加。1995年、玉川福太郎門下に曲師として入門。以後、曲師修行に励み、玉川美穂子の芸名で曲師として活動する。2001年、師匠・玉川福太郎の勧めにより、浪曲師としても修行。初舞台。以後、浪曲師と曲師の両方で活動。2006年、玉川奈々福に改め名披露目興行を各会場で行う。現在も浪曲師・曲師としても活動する傍ら、様々な浪曲イベントのプロデュースを手掛ける。

澤田隆治
メディア・プロデューサー。1955年、朝日放送入社。ラジオ番組の演芸プロデューサーとして「東西寄席風景」「漫才教室」「浪曲歌合戦」等を担当。1958年よりテレビ番組を担当。以後、「スチャラカ社員」「てなもんや三度笠」「新婚さんいらっしゃい!」「花王名人劇場」等、数多くの人気番組を手がける。社会現象になった1980年代の漫才ブームで果たした役割は大きく、「漫才ブームの仕掛け人」との評価が確立している。

てなもんや藝能バラエティ
上方藝能ルネサンス(全20巻)

Produced by ミソラレコード

1.
THAT'S 浪曲ショー/宮川左近ショー
MR-1001[2CD]
定価3500円(税抜価格)

2.
テケレッツノパ/芙蓉軒麗花
MR-1002[2CD]
定価3500円(税抜価格)

3.
歌江草子 唄の旅/正司歌江
MR-1003
定価2000円(税抜価格)

以上、絶賛発売中!

4.
初音会クラシックス/初音家太三郎、賢次 他
MR-1004[2CD]
定価3500円(税抜価格)
2011年8月発売

※CDのお問い合わせはメディア・ルネッサンス&メタカンパニーまで



以上、ご案内させていただきました。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

何卒宜しくお願い申し上げます。

神谷一義拝

-----------------------------------------
メディア・ルネッサンス
オフノート/ディスク・アカバナー/華宙舎/ミソラレコード
〒125-0042
東京都葛飾区金町4-18-11
TEL 03-5660-6498/03-5660-6509
FAX 03-5660-6499
E-mail CBE09606@nifty.com
E-mail offnote@k5.dion.ne.jp
Blog http://ironbridge.exblog.jp/
Myspace http://www.myspace.com/off-note
-----------------------------------------
[PR]
SAME DIFFERENCE
FIRST CONTCT 2010

トビアス・ディリアス TOBIAS DELIUS -TENOR SAX&CLARINET  
トリスタン・ホンジンガー TRISTAN HONSINGER -CELLO
井野信義 NOBUYOSHI INO -CONTRABASS
外山 明 AKIRA SOTOYAMA -DRUMS

a0000682_2484325.jpg

a0000682_2485977.jpg


TOKYO
2010年12月8日(水曜日)
吉祥寺 マンダラ2 TEL 0422-42-1579 
JR中央線/井の頭線 吉祥寺駅下車南口より徒歩2分
武蔵野市 吉祥寺 南町 2-8-6
OPEN 18:30 / START19:30
前売3000円 / 当日3500円+drink charge
WEB SITE http://www.mandala.gr.jp/man2.htmlYOKOHAMA

YOKOHAMA
2010年12月9日(木曜日)
横浜エアジン TEL045-641-9191
横浜市中区住吉町5-60
OPEN 19:00 / START19:45
前売3000円 / 当日3500円+drink charge
WEB SITE http://www.airegin.jp/mo/

OKINAWA
2010年12月11日(土曜日)
groove TEL098-879-4977 
浦添市勢理客2-18-10
OPEN 19:00 /START20:00
前売3000円/当日3500円+drink charge
WEB SITE http://www.cosmos.ne.jp/‾groove/

SAME DIFFERENCE DELIUS-HONSINGER-INO-SOTOYAMA
トリスタン、ハン・ベニング、ジョー・ウィリアムソンとの4tetのリーダーでICPオーケストラのサックスプレイヤー、トビアス・デリウスが、トリスタン・ホンジンガーと共に日本でバンドを画策。トリスタンが絶大な信頼を寄せる井野信義と外山明という屈指のリズムセクションを加えた4tetを結成。時にはユーモラス、時にはハチャメチャ、時には繊細、時にはシリアス…。そんなちょっぴりおかしな音楽が聴こえてきそうなバンド名は、SAME DIFFERENCE。

トビアス・デリウス テナーサックス&クラリネット
1964年イギリス生まれ。ICPのサックス奏者。鳥の鳴き声や自然世界の音から学んだというそのサックスのサウンドは、野太くも踊るように伸びやか。愛嬌のある大きな体をくねらせることによって俊敏なパッセージを生み出す。トリスタン、ハン・ベニング、ジョー・ウィリアムソンとの4tetは結成20年目。

トリスタン・ホンジンガー チェロ
1949年生まれ。ヨーロッパ在住期間の長さとその放浪癖的な世界中への出現の仕方から国籍不明と思われがちだが、本来はアメリカ人。しかし本人はまったくそんなことを気にかけず、あちらこちらの町に出没しては演奏とお酒を楽しむ。韓国ではマッコリ、日本ではいも焼酎が好み。その飄々とした動きは喜劇役者の影響らしい。

井野信義 コントラバス
1950年生まれ。1971年、若くして高柳昌行のバンドに参加し、以降、日本において様々なグループに参加。ヨーロッパでもベルリン・コンテンポラリー・ジャズ・オーケストラに参加し、エルヴィン・ジョーンズ、レスター・ボウイとも共演。現在も橋本一子、藤本敦夫とのUb-X、今井和雄とのduoなど様々なセッションを精力的にこなす。

外山明 ドラムス
1962年生まれ
渡辺貞夫や山下洋輔、日野皓正などのジャズの大御所のバンドから、
ティポグラフィカ、UA、eEYO idiot、Alyなどジャンルを問わず変幻自在に、一度聞いたら忘れられないオリジナルなサウンドを作り出す、唯一無二のドラマー。常にあちらこちらのシーンに引っ張りだこ。


以下、関連イベントです。こちらも宜しくお願いいたします。

[Dream ofAurasia Winter 2010]

出演 
Tristan Honsinger Strings Trio
トリスタンホンジンガー(チェロ)
向島ゆり子(ヴァイオリン)
永田利樹(コントラバス)

Aurasia Dream Orchestra
関島岳郎 チューバ
川村祐介 トランペット
古池寿浩 トロンボーン
川下直広 サックス 
中山 堅 サックス
小林ヤスタカ サックス
竹田和也 グロッケン
吉田悠樹 二胡
上地一也 ベース
中尾勘二 ドラム、サックス
下村よう子 唄

日時
12月20日(月曜日)
18時30分開場/19時30分開演 

料金
前売2500円/当日3000円+オーダー

会場
江古田バディ 
TEL03-3953-1152
東京都練馬区旭丘1-77-8 双葉会館B2F
http://www.buddy-tokyo.com/

※本イベントの前売/電話・メール予約は)メディア・ルネッサンスでも承ります。


以上です。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

何卒宜しくお願い申し上げます。

---------------------------------------------------
メディア・ルネッサンス
off note & disc akabana
〒125-0042
東京都葛飾区金町4-18-11
TEL 03-5660-6498/03-5660-6509
FAX 03-5660-6499
E-mail CBE09606@nifty.com
E-mail offnote@k5.dion.ne.jp
Blog http://ironbridge.exblog.jp/
Myspace http://www.myspace.com/off-note
---------------------------------------------------
[PR]
■星空音楽会 -Musica en Compostela-

昨年から不定期に開催してきたオフノートとナチュラルカフェコンポステラの共同企画ライブシリーズが装いも新たに「星空音楽会 - Musica en Compostela -」となって始まります。
キーパースンは栗コーダーカルテットでも大活躍、オフノートレーベルを初期から支える関島岳郎さんと期待の若手バンドNRQの吉田悠樹さん。
これからお二人が「ここでしか聴けない音楽」をコンセプトに隔月で素敵な音楽会を企画してくれます。お楽しみに!

■2010年11月18日(木)星空音楽会 -Musica en Compostela- 第一夜
19:00開場 19:30開演 料金: 2500円+オーダー(別途)
出演: 上野茂都(唄、三味線)服部将典(コントラバス) 吉田悠樹(二胡、マンドリン)
*新シリーズ第一回目は吉田さんのプロデュース。
上野茂都さんによる江戸端唄・俗曲の流れを現代に引き継いだ独特の三味線弾き語りの世界を、
二胡奏者・吉田悠樹さんとコントラバス奏者・服部将典さんのサポートで。
はまるとこわい上野ワールドの魅力をたっぷりとどうぞ。
 
■2011年1月27日(木) 星空音楽会 -Musica en Compostela- 第二夜
19:00開場 19:30開演 料金: 2500円+オーダー(別途)
出演:高岡大祐(tuba)+関島岳郎(tuba) ゲスト酒井俊(vocal)
*新シリーズの第二夜は関島さんプロデュース。
高岡大祐さんと関島岳郎さんのテューバ2本のデュオと
JAZZのスタンダード・ナンバーから「ゴンドラの唄」「ヨイトマケの唄」などの
古い日本の歌までを幅広く歌われているジャズシンガーの酒井俊さんボーカルの共演というなんとも画期的な企画。
酒井俊ファンならずとも興味津々の編成は乞うご期待です!

■会場:綾瀬 ナチュラルカフェコンポステラ
足立区綾瀬5-7-2 第91新井ビル1F
【ご予約・お問い合わせ】TEL & FAX 03-3628-5366
JR常磐線、東京メトロ千代田線 綾瀬駅西口より徒歩9分
つくばエクスプレス青井駅より徒歩10分
http://www.k5.dion.ne.jp/‾composte/
[PR]

2007年に開催し好評を博した、「Inter Improvisation Music Festival KAIBUTSU LIVES!」。本年第二回目を開催する運びとなりましたのでご連絡申し上げます。

今回は、2007年に参加したルイス・モホロ(南アフリカ)、トリスタン・ホンジンガー(イタリア)、トビアス・ディリアス(ドイツ)に加えて、セルゲイ・レートフ(ロシア)の参加も決定いたしました。この錚々たる「音楽の怪物たち」を迎えるのは原田依幸と鈴木勲。ご承知の通り、両者とも国内外で高い評価を受ける優れた音楽家たちです。本イベントのタイトルにもあるように、即興演奏を通しての音楽の国際会議。
様々なイディオムを駆使して闘われ紡がれる音楽における独自性と多様性のありようを五官を総動員してしっかとご体験いただければ幸いです。けして大袈裟ではなく、このような世界的規模で活躍する一流ミュージシャンが一堂に会して打々発止の白熱する演奏を繰り広げる機会はニューヨークでもヨーロッパ諸都市でも滅多にお目にかかれることはないでしょう。是非ともこの機会をお見逃しなく。ご友人、お知り合い、お誘い合わせの上、ご参集いただければ幸甚です。

関係者一同、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。何卒宜しくお願い申し上げます。

2010年7月12日 IMF事務局  神谷一義(オフノート)拝

以下、詳細です。



Inter Improvisation Music Festival 2010 KAIBUTSU LIVES!


緊急決定!!
音楽の怪物達がまた、やって来る。
あの感動と昂噴がふたたび、甦る。
a0000682_1495080.jpg


World Kaibutsu Sextet
原田依幸Yoriyuki Harada -piano Japan 
鈴木勲 isao suzuki -bass Japan 
ルイス・モホロ Louis Moholo-drums from South Africa 
トリスタン・ホンジンガー Tristan Honsinger-cello from Italy
トビアス・ディリアス Tobias Delius-tenor saxophone,Clarinet from Germany
セルゲイ・レートフSergey Letov -saxophones from Russia

[大阪]
7月27日(火曜日)
Music Club JANUS TEL06-6214-7255
大阪市中央区東心斎橋2-4-30-5F
御堂筋線「心斎橋駅」6番出口より徒歩5分
堺筋線「長堀橋駅」7番出口より徒歩3分
http://musicclubjanus.com/
開場18時30分/開演19時30分

[京都]
7月28日(水曜日)
京都府京都文化博物館 TEL075-222-0888 
京都市中京区三条高倉 
地下鉄「烏丸御池駅」5番出口 三条通り東へ徒歩3分
阪急「烏丸駅」16番出口 高倉通り北へ徒歩7分 
京阪「三条駅」6番出口から三条通りを西へ徒歩15分 
MAIL office@bunpaku.or.jp 
http://www.bunpaku.or.jp/
開場18時30分/開演19時00分

[東京]
7月29日(木曜日)
座・高円寺2 TEL03-3223-7500
杉並区高円寺北2-1-2
JR中央線「高円寺駅」北口より徒歩5分
http://za-koenji.jp/
開場18時30分/開演19時30分


【チケット料金】
前売 4.500円 当日 5.000円

【お問い合わせ/チケット予約】
TEL 03-5660-6498(メディア・ルネッサンス)
MOBILE 090-5516-4283(神谷)
MAIL CBE09606@nifty.com


【演奏者プロフィール】
原田依幸 Yoriyuki Harada ピアノ
1948年、島根県生まれ。1975年、梅津和時とニューヨークに乗り込み、ウィリアム・パーカーらロフト系ミュージシャンと競演。帰国後、伝説的なジャズオーケストラ「生活向上委員会大管弦楽団」結成。1980年、梅津とのデュオでドナウエッシンゲン音楽祭出演、大絶賛を博す。その後、富樫雅彦、アンドリュー・シリル、トリスタン・ホンジンガー等と競演。現在は小山彰太、望月英明、時岡秀雄を擁する自身のグループで演奏しつつ、全国に100名近い参加者をもつ「大怪物団」を構想中。

鈴木勲 Isao Suzuki ベース
1933年、東京生まれ。1953年、来日したルイアームストロング・オールスターズのミルトン・ヘントン(ベース奏者)に衝撃を受け、ジャズを志す。ジョージ川口 (dr)ビッグ4、松本英彦 (sax) 4、渡辺貞夫4を経て独立。70年初頭、アート・ブレイキー(dr) & ジャズメッセンジャーズに加入。アメリカ、ヨーロッパ各地を公演。現在までにリーダーアルバムは50枚を越える。「ブローアップ」「陽光」は日本ジャズ賞に輝く。最近ではマル・ウォルドロンとの共演が記憶に新しい。

ルイス・モホロ Louis Moholo ドラムス
1940年南アフリカ・ケープタウン生まれ。ドラマー/パーカッショニスト。ケープタウンの白人黒人混成ジャズバンド「ブルーノーツ」のメンバーとして1964年にヨーロッパへ渡る。以後、アフリカのポリリズムとヨーロッパの洗練を融合した多彩なリズムで、英国ジャズ/ロックシーンに多大な影響を与える。セシル・テイラー、 スティーブ・レイシー、キース・ティペット、エルトン・ディーン、デレク・ベイリー、エバン・パーカー等と競演。2005年に南アフリカに帰郷。

トリスタン・ホンジンガー Tristan Honsinger チェロ
1949年アメリカ・ヴァーモント州生まれ。幼少時は主にバッハ等のクラシック教育を学んでいたが、20歳で即興シーンに出会い、深く傾倒。1974年に渡欧。デレク・ベイリーのカンパニーや、ICPオーケストラ、セシル・テイラーのグループ等に参加する。以来、欧州即興シーンにはなくてはならない存在となる。日本でも山下洋輔、浅川マキ等、数多くのミュージシャンとの交流でよく知られている。その演奏は視覚的にも印象的。現在イタリア在住。

トビアス・ディーリアス Tobias Delius サックス、クラリネット
1964年、イギリス・オックスフォード生まれ。1984年にオランダに移住し、即興シーンに参加。ICPオーケストラ、他にスティーブ・レイシー、ミシャ・メンゲルベルク、ルイス・モホロ、ビル・フリゼール、スティーブ・ベレスフォード等多数のミュージシャンと競演。ICPレーベルから、トリスタン・ホンジンガー、ジョー・ウィリアムソン、ハン・ベニンクを擁する自身のカルテットのアルバムをリリース。主にヨーロッパを中心に活躍する。現在ドイツ在住。

セルゲイ・レートフ Sergey Letov リード
1956年、ロシア生まれ。1980年代ソ連において隆盛をみたアヴァンギャルド・ジャズの重要人物。1980年代初期、ペレストロイカが始まる前から、即興演奏を主体にした前衛的な音楽活動を始め、今日も前衛ジャズの第一人者として活躍。モスクワの科学研究所勤務を経て音楽の道に入る。同世代のセルゲイ・クリョーヒン、アルカージイ・シルクロペル等と共に自国におけるジャズシーンを牽引してきた。サックス各種、クラリネットを自在に操るマルチリード奏者。ジャズ、現代音楽、ロック、パンク他、多彩な音楽フィールドで活躍。ロシア在住。

以上です。

本イベントについてお知り合い、ご友人にご宣伝いただければ幸いです。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

重ねて宜しくお願い申し上げる次第です。


---------------------------------------------------
メディア・ルネッサンス
off note & disc akabana
〒125-0042
東京都葛飾区金町4-18-11
TEL 03-5660-6498/03-5660-6509
FAX 03-5660-6499
E-mail CBE09606@nifty.com
E-mail offnote@k5.dion.ne.jp
Blog http://ironbridge.exblog.jp/
Myspace http://www.myspace.com/off-note
---------------------------------------------------
[PR]
音楽様性の実現!!聴くまで死ぬな。どっぷりと身体になだれ込む音音を体験しないなんて、ダメだ。だから、行こうぜジャズ。 Wataru Matsuda
a0000682_20281782.jpg


そー、そー、そのとおり。Matsudaの言うとおり!
え?Matsudaを知らないって?隠岐出身、京都在住の新進気鋭の画家、Matsudaだよ。Wataruだよ。時化た宇宙のぼんのくぼだよ。

今回この「KAIBUTSU LIVES」のフライヤーに作品を提供していただきました。って、いってもフライヤーに使われてるのはほんの一部分なので、すごくもったいない!ぜひ、ホームページに行っていろいろ作品を見てみてください。
http://ameblo.jp/atelieriibi/

MatsudaのKaibutsuを紹介したこの言葉はそのままMatsudaへの言葉としても機能すると思います。多様性の謳歌と、身体性の賛美と、体験の快楽。すげーんだ。僕はなんか感じちゃうんだなぁ。

「音楽多様性の実現!!聴くまで死ぬな。
どっぷりと身体になだれ込む音音を体験しないなんて、ダメだ。
だから、行こうぜジャズ。 -Wataru Matsuda」


「うまれてきいて、きいたら死んだ! かと思った -めっか」
[PR]
緊急決定!!
音楽の怪物達がまた、やって来る。
あの感動と昂噴がふたたび、甦る。
a0000682_359011.jpg



Inter Improvisation Music Festival 2010 
KAIBUTSU LIVES!

World Kaibutsu Sextet
原田依幸Yoriyuki Harada -piano Japan
鈴木勲 isao suzuki -bass Japan 
ルイス・モホロ Louis Moholo-drums from South Africa 
トリスタン・ホンジンガー Tristan Honsinger-cello from Italy
トビアス・ディリアス Tobias Delius-tenor saxophone,Clarinet from Germany
セルゲイ・レートフSergey Letov -saxophones from Russia
a0000682_3294817.jpg
a0000682_330976.jpg
a0000682_330329.jpg
a0000682_3311135.jpg

a0000682_3313042.jpg
a0000682_3315069.jpg

【プロフィール】

原田依幸 Yoriyuki Harada ピアノ
1948年、島根県生まれ。1975年、梅津和時とニューヨークに乗り込み、ウィリアム・パーカーらロフト系ミュージシャンと競演。帰国後、伝説的なジャズオーケストラ「生活向上委員会大管弦楽団」結成。1980年、梅津とのデュオでドナウエッシンゲン音楽祭出演、大絶賛を博す。その後、富樫雅彦、アンドリュー・シリル、トリスタン・ホンジンガー等と競演。現在は小山彰太、望月英明、時岡秀雄を擁する自身のグループで演奏しつつ、全国に100名近い参加者をもつ「大怪物団」を構想中。

鈴木勲 Isao Suzuki ベース
1933年、東京生まれ。1953年、来日したルイアームストロング・オールスターズのミルトン・ヘントン(ベース奏者)に衝撃を受け、ジャズを志す。ジョージ川口 (dr)ビッグ4、松本英彦 (sax) 4、渡辺貞夫4を経て独立。70年初頭、アート・ブレイキー(dr) & ジャズメッセンジャーズに加入。アメリカ、ヨーロッパ各地を公演。現在までにリーダーアルバムは50枚を越える。「ブローアップ」「陽光」は日本ジャズ賞に輝く。最近ではマル・ウォルドロンとの共演が記憶に新しい。

ルイス・モホロ Louis Moholo ドラムス
1940年南アフリカ・ケープタウン生まれ。ドラマー/パーカッショニスト。ケープタウンの白人黒人混成ジャズバンド「ブルーノーツ」のメンバーとして1964年にヨーロッパへ渡る。以後、アフリカのポリリズムとヨーロッパの洗練を融合した多彩なリズムで、英国ジャズ/ロックシーンに多大な影響を与える。セシル・テイラー、 スティーブ・レイシー、キース・ティペット、エルトン・ディーン、デレク・ベイリー、エバン・パーカー等と競演。2005年に南アフリカに帰郷。

トリスタン・ホンジンガー Tristan Honsinger チェロ
1949年アメリカ・ヴァーモント州生まれ。幼少時は主にバッハ等のクラシック教育を学んでいたが、20歳で即興シーンに出会い、深く傾倒。1974年に渡欧。デレク・ベイリーのカンパニーや、ICPオーケストラ、セシル・テイラーのグループ等に参加する。以来、欧州即興シーンにはなくてはならない存在となる。日本でも山下洋輔、浅川マキ等、数多くのミュージシャンとの交流でよく知られている。その演奏は視覚的にも印象的。現在イタリア在住。

トビアス・ディーリアス Tobias Delius サックス、クラリネット
1964年、イギリス・オックスフォード生まれ。1984年にオランダに移住し、即興シーンに参加。ICPオーケストラ、他にスティーブ・レイシー、ミシャ・メンゲルベルク、ルイス・モホロ、ビル・フリゼール、スティーブ・ベレスフォード等多数のミュージシャンと競演。ICPレーベルから、トリスタン・ホンジンガー、ジョー・ウィリアムソン、ハン・ベニンクを擁する自身のカルテットのアルバムをリリース。主にヨーロッパを中心に活躍する。現在ドイツ在住。

セルゲイ・レートフ Sergey Letov リード
1956年、ロシア生まれ。1980年代ソ連において隆盛をみたアヴァンギャルド・ジャズの重要人物。1980年代初期、ペレストロイカが始まる前から、即興演奏を主体にした前衛的な音楽活動を始め、今日も前衛ジャズの第一人者として活躍。モスクワの科学研究所勤務を経て音楽の道に入る。同世代のセルゲイ・クリョーヒン、アルカージイ・シルクロペル等と共に自国におけるジャズシーンを牽引してきた。サックス各種、クラリネットを自在に操るマルチリード奏者。ジャズ、現代音楽、ロック、パンク他、多彩な音楽フィールドで活躍。ロシア在住。

[大阪]
7月27日(火曜日)
Music Club JANUS TEL06-6214-7255
大阪市中央区東心斎橋2-4-30-5F
御堂筋線「心斎橋駅」6番出口より徒歩5分
堺筋線「長堀橋駅」7番出口より徒歩3分
http://musicclubjanus.com/
開場18時30分/開演19時30分

[京都]
7月28日(水曜日)
京都府京都文化博物館 TEL075-222-0888 
京都市中京区三条高倉 
地下鉄「烏丸御池駅」5番出口 三条通り東へ徒歩3分
阪急「烏丸駅」16番出口 高倉通り北へ徒歩7分 
京阪「三条駅」6番出口から三条通りを西へ徒歩15分 
MAIL office@bunpaku.or.jp 
http://www.bunpaku.or.jp/
開場18時30分/開演19時00分

[東京]
7月29日(木曜日)
座・高円寺2 TEL03-3223-7500
杉並区高円寺北2-1-2
JR中央線「高円寺駅」北口より徒歩5分
http://za-koenji.jp/
開場18時30分/開演19時30分

【主催】
IMF実行委員会2010

【助成】
すぎなみ文化芸術活動助成基金助成事業

【チケット料金】
前売 4.500円 当日 5.000円

【お問い合わせ/チケット予約】
TEL 03-5660-6498(メディア・ルネッサンス)
MOBILE 090-5516-4283(神谷)
MAIL CBE09606@nifty.com
[PR]

いつもお世話になっております。

オフノート5月度関連イベントのご案内を申し上げます。

まずはじめに、
恒例の「論座・記忘記 2010 」第三回目のゲストはジャズ評論家の瀬川昌久氏。この
国における戦前ジャズ研究の第一人者。現在、この人をおいて、舶来音楽「ジャズ」
初期の受容、その後の発展と戦中の禁圧…、戦前のジャズの興亡と戦後の再生の歴史、
この国における「ジャズエイジ」を具に語れる人はけして存在しないでしょう。当日
は貴重なSP音源/映像も鑑賞しながら、動乱の時代にジャズがみた夢を共に描き出し
ていく、そんな一夜にしていければと存じます。
ふたつめは
2月にオフノート内新レーベル、SWIよりファーストアルバム『オールド・ゴースト・
タウン』をリリースしたNRQ(=ニュー・レジデンシャル・クォーターズ)のCD発売
記念ツアー。「新興住宅街の鬼っ子たちが奏でる見知らぬ国の耳慣れぬトラッド」を
ライブで心ゆくまでご堪能ください。
みっつめは
「サーカス楽団引き連れて、聖なる酔っぱらいの歌声が沖縄からやってきた!!」
(by 梅津和時)。NRQ同様、3月に『ダウンタウンダンス』をリリースしたオキナワ
発ジプシースィング、マルチーズロック。盛仁の圧倒的歌声とバンドの絶妙なアンサ
ンブル。その全貌が遂に明らかに。


以下、詳細です。

【論座・記忘記 2010 第三回】

論座・記忘記 2010 モノガタリの方法 -埋み火の記憶を辿る 

第三回 「ジャズエイジ」-日本ジャズ興亡・再生のキオク
 
ゲスト
瀬川昌久(ジャズ評論家)

司会進行 
神谷一義(オフノート)

5月7日 (金曜日)19:00-

Charge 1500円

円盤 TEL/FAX 03-5306-2937
HP:http://www.beyondo.net/enban/
杉並区高円寺南3-59-11五麟館ビル2F
円盤の場所はこちら JR「高円寺駅」南口を出たら右(三鷹方面)に線路沿いを真っ
直ぐ。大将2号店を通り過ぎて漢方薬屋の隣。

瀬川昌久 せがわまさひさ 
1924年生まれ。評論対象は、音楽(特にジャズ)、映画、ミュージカルと幅広い。
『月刊ミュージカル』(ミュージカル出版社)編集長。著書に『*    舶来音楽芸能
史―ジャズで踊って(清流出版)』 『日本ジャズの誕生(青土社、大谷龍生との共
著)』『ジャズに情熱をかけた男たち―ブルーコーツ70年の歩み(長崎出版、2004年)
』等    。編著に『野口久光ベストジャズ(音楽之友社)等。レコード・CD監修/構成
に『    唄うエノケン大全集(ユニバーサルインターナショナル)』『日本のジャズ・
ソング 全6集(BRIDGE)』等がある。


【NRQ CD発売記念ツアー】

OLD GHOST TOWN -NRQ TOUR 2010

NRQ:
牧野琢磨(guitar) 
吉田悠樹(二胡) 
服部将典(contrabass)
中尾勘ニ(drums etc)


[名古屋]
5月7日(金曜日)
K.Dハポン
open19:00 start19:30 前売/当日¥2000+drink
共演:THE PYRAMID、スティーブジャクソン
名古屋市中区千代田5丁目12-7
TEL 052-251-0324
http://www2.odn.ne.jp/kdjapon/

[神戸]
5月8日(土曜日)
塩屋旧グッゲンハイム邸 
【第2回軽音楽とジャンボリー】start:14:00 前売¥3500(予定)
共演:ゑでぃ鼓雨磨、かえる属、さりとて(佳村萌/杉本拓)、テニスコーツ、
Bikemond、軽音楽とジャンボリーBand ほか
神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
TEL 078-220-3924
http://www.geocities.jp/shioyag/
(詳細は上記HPにてお確かめ下さい)

[京都]
5月9日(日曜日)
磔磔 
open:18:00 start:19:00  前売¥2000 / 当日¥2400(共に+drink)
共演:Cherry's(伊藤大地、武藤雅孝、富樫春生)&浦朋恵
京都市下京区富小路仏光寺下がる
TEL 075-351-1321
http://www.geisya.or.jp/‾takutaku/

[東京]
5月14日(金曜日)
吉祥寺MANDALA-2
open18:30 start19:30  前売¥2000 / 当日¥2500(共に+drink)
共演:ふいご(中尾勘二、古池寿浩、関島岳郎)、cero
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-8-6
TEL 0422-42-1579
http://www.mandala.gr.jp/man2.html

【チケット予約&問い合わせ】
yukiyoshida57@gmail.com (吉田)



【マルチーズロック CD発売記念ツアー】
 
「ダウンタウンダンス」TOUR 2010 

マルチーズロック
糸満盛仁 vocal.guitar
糸満あかね tenorsax
リンダ trumpet
ホールズ guitar
上地gacha一也 double-bass
岡田正行 drums

[東京]
5月19日(水曜日)
吉祥寺MANDALA-2 tel0422-42-1579
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-8-6
http://www.mandala.gr.jp/man2.html
open18:30 start19:30
前売¥2500/当日¥3000 +drink
共演:関島岳郎×中尾勘二 DUO 

[名古屋]
5月20日(木曜日)
名古屋得三 tel/fax052-733-3709 
名古屋市千種区今池1-6-8 ブルースタービル2F
前売¥2200/当日¥2800 +drink
共演:ツクモク

[京都]
5月21日(金曜日)
京都磔磔 tel075-351-1321
京都市下京区富小路仏光寺下がる
http://www.geisya.or.jp/‾takutaku/
open:18:00 start:19:00
前売¥2500/当日¥3000 +drink
共演:薄花葉っぱ

[大阪]
5月22日(土曜日)
ムジカジャポニカ tel06-6363-0848
大阪市北区神山町1-24 扇町ビル101
http://musicaja.info/
open:18:00 start:19:00
前売¥2500/当日¥3000 +drink
共演:ふちがみとふなと

[長野]
5月23日(日曜日)
ネオンホール tel026-237-2719
長野県長野市大字鶴賀権堂町2344
http://www.avis.ne.jp/‾neonhall/
開場18:30開演19:00
¥1500+drink
共演:青木ケン、井原羽八夏、チョコレートタウンオーケスト
ラe^¬ny¨E´PE´i`A°ii`a°au^A°jA°Aa`‰a°¥a^Hi^�"oa^?A°@CY¨C�"m

[東京]
5月25日(火曜日)
下北沢ラカーニャ tel03-3410-0505
東京都世田谷区北沢2-1-9 第二熊崎ビルB-1
http://www1.ttcn.ne.jp/LaCana/
open:19:00 start:19:30
前売¥2500/当日¥3000 +drink

以上です。

関係者一同、当日の皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。
どのイベントも奮ってご参加くださいますよう。

何卒宜しくお願い申し上げます。

---------------------------------------------------
神谷一義
メディア・ルネッサンス
off note & disc akabana
〒125-0042
東京都葛飾区金町4-18-11
TEL 03-5660-6498/03-5660-6509
FAX 03-5660-6499
E-mail CBE09606@nifty.com
E-mail offnote@k5.dion.ne.jp
Blog http://ironbridge.exblog.jp/
Myspace http://www.myspace.com/off-note
---------------------------------------------------
[PR]

論座・記忘記 2010のご案内です。

昨年2009年は『講座オフノート』を開講。オフノート15年間の来し方について、自らの想いを様々に語る機会を得ることができました。自身の辿ってきた道をあらためて振り返る作業は、けして心地良いだけのものではありませんでしたが、さらに先へ往くためにはどおしても必要な時間だった、といまではおもっています。なによりもたがいが貌の見える「相対(あいたい)」で音楽について語ることができるよろこび。それは格別でした。また、講座の裏方を支えてくれた若い友人スタッフたちとのアフターアワーズ。酒を酌み交わし、ときに夜を徹して語り合ったことは忘れ得ぬ心の財産となりました。第一回目から進行役を努めてくれた原田健一さんにも深く感謝しております。不慣れな「講座」を最後までつづけることができたのも佳き相棒の助力によるところ、絶大です。
予定どおり、極月におこなった定例会を最後に、わたしは自身にとってはじめての連続講座に幕引きするはずでしたが…。

「今年からウチで『講座オフノート』をやりませんか?」 想いもかけない円盤オーナー田口史人さんからお誘い。最初は「もう、一周かあ」と溜め息が出たことでしたが、田口さんとあれこれ、お話をしているうちに昨年までの『講座』とは異なったあらたな構想が浮かび上がってまいりました。毎回、音楽にかぎらず、あらゆる表現の領域で新たな地平を切り拓いてきた方々をゲストにお招きし、ご自身の来し方を様々に回想いただきながら、表現をめぐる確乎たる信念をお訊ねしようという試み。題して『論座・記忘記 2010 モノガタリの方法 -埋み火の記憶を辿る』。今回はその第一回目。

円盤の田口さんは綴って下さいました。

オフノートpresents。様々な世界で一時代を築いた方に話を聞くシリーズトークライヴ。「これから」を生み出すために必要な「これまで」を聞く貴重なイベントです。ぜひ足を運ん で下さい。第一回目のゲストはなんと、赤塚不二夫のブレーンとして、最もクレイジーな部分を担っていた長谷邦夫さんです。円盤店主も大ファンでして興奮しております!!

『論座』は毎月第一金曜日・高円寺「円盤」にて行ってまいります。実はゲストもすでに決まっているのです。第二回目は本邦最大のジャズミュージシャン、鈴木勲さん。第三回目は、戦前邦人ジャズ研究の第一人者にして、あきれたぼういず等、戦前の大衆演芸に造詣の深い、瀬川昌久さん。いずれも超一流の方々(その後も続々とアッと驚く豪華なゲストにご登場いただく予定)ばかり。人生の大先輩であり、表現世界における大先達のお話をヒントに、わたしもまた「これから」をみつけてるべく自己研鑽してまいる所存。個人史と個人史を繋ぐことのよって見えてくる大きな歴史時間。けして大袈裟ではなく、またとない機会、ぜひともご参会くださいますよう。

以下、ご案内いたします。


論座・記忘記 2010 モノガタリの方法 -埋み火の記憶を辿る 

第一回 バカ式 -物語を解体する起爆装置としての 

講師 
長谷邦夫(漫画家)
田口史人(円盤主宰)

司会進行 
神谷一義(オフノート)

3月5日 (金曜日)19:00-

Charge 1500円

円盤 TEL/FAX 03-5306-2937
HP:http://enban.web.fc2.com/
杉並区高円寺南3-59-11五麟館ビル2F
円盤の場所はこちら JR「高円寺駅」南口を出たら右(三鷹方面)に線路沿いを真っ直ぐ。大将2号店を通り過ぎて漢方薬屋の隣。

長谷邦夫(ながたに・くにお)プロフィール
1937年葛飾区生。少年時代は『漫画少年』に投稿。石森章太郎が主宰する東日本漫画研究会の同人となり、肉筆回覧同人誌『墨汁一滴』の執筆陣に加わる。石森や赤塚不二夫らが住む豊島区椎名町のトキワ荘に出入りしていたため、新漫画党員ではないが広義の「トキワ荘メンバー」に含める場合がある。
高校卒業後、製薬会社に就職したが結核の兆候が発見されたため、入社3ヶ月で退職。漫画一本の生活に入る。曙出版を中心に貸本マンガを1964年まで約7年間執筆。この時期に伝説のカルト作家、徳南晴一郎の仕事を手伝ったことも。その後、トキワ荘グループが創立したアニメ企画会社スタジオゼロに入社。同社雑誌部のチーフアシスタントとして『オバケのQ太郎』や『レインボー戦隊ロビン』を手掛ける。1965年、赤塚のフジオ・プロダクション創立に参加。1969年に『COM』に連載された「バカ式」(つげ義春の「ねじ式」と赤塚不二夫の『天才バカボン』の混合)に代表される一連の混合パロディ漫画は、当時流行っていた漫画評論におけるギャグ漫画軽視や過剰解釈に対する強烈なメッセージとなった。
フジオプロではアイデアマン・作画等を担当し、『おそ松くん』、『ひみつのアッコちゃん』、『天才バカボン』、『もーれつア太郎』、『ギャグゲリラ』等主要作品の全てに関わる。さらに「赤塚不二夫責任編集」と銘打った雑誌『まんが?1』の事実上の編集長となり、後年は赤塚のマネジメントも担当した。ゴーストライターとして赤塚名義で発表した原稿も多い。1994年にフジオプロを退職。現在は単独で仕事をしている。著書多数。漫画のみならず、漫画評論、小説等も数多く執筆。最新刊は『マンガ家夢十夜』(水声社)。


以上です。奮ってご参加くださいますよう。
当日、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

何卒宜しくお願い申し上げます。

---------------------------------------------------
メディア・ルネッサンス
off note & disc akabana
〒125-0042
東京都葛飾区金町4-18-11
TEL 03-5660-6498/03-5660-6509
FAX 03-5660-6499
E-mail CBE09606@nifty.com
E-mail offnote@k5.dion.ne.jp
Blog http://ironbridge.exblog.jp/
Myspace http://www.myspace.com/off-note
---------------------------------------------------
[PR]

2008年発売以来、「オイシサ、バッカリダ!」と各方面から好評を頂いている2枚組コンピーレーションアルバム「Our Aurasian Things!」。そこでも1曲参加し、奇妙でアヤウイ、けど懐かしいような、、、結局、何度も聴きたくなるあの曲を披露してくれたバンド、マルチーズロックが沖縄からはるばるやってまいります!しかも4DAYSです。あの歌声と音を生で聴けるチャンスです。まだお聴きでないという、うっかりやさんも『Our Aurasian Things!』への収録曲も試聴できるようになっておりますのでmyspaceへ急げば、まだ間に合います。

みなさん、お誘いあわせのうえ何度でもライブへ是非どうぞ。

マルチーズロック:
糸満盛仁[vocal.guitar]
糸満あかね[tenorsax]
リンダ[trumpet]
上地gacha一也[double-bass]


1月25日 新宿 Naked Loft
『マルチーズロック 東京ツアー』~grooveで繋がった仲間達~
OPEN19:00 / START19:30
他出演、 モアリズム / ノーズウォーターズ
前売¥2,000 / 当日¥2,500(共に飲食代別)
Naked Loft電話予約 / ローソンチケット(Lコード:78781)
東京都新宿区百人町1-5-1 百人町ビル1F
TEL:03-3205-1556

1月26日 板室温泉 大黒屋
e-mail:onsen@itamuro-daikokuya.com
http://www.itamuro-daikokuya.com
栃木県那須塩原市板室856番地

1月27日 阿佐ケ谷 オルフェ
OPEN19:00 / START19:30
¥2,500+ドリンクオーダー
東京都杉並区阿佐ヶ谷南2-21-9
TEL:03-5378-6327
e-mail:sakkochima@yahoo.co.jp
http://www.geocities.jp/sakkochima/

1月28日 ナチュラルカフェ・コンポステラ
OPEN19:00 / START19:30
¥2,500+ドリンクオーダー
足立区綾瀬5-7-2 第91新井ビル1F
TEL&FAX: 03-3628-5366
http://www.k5.dion.ne.jp/~composte/


a0000682_4375248.jpgOur Aurasian Things! Various Artists
off note/aurasia/groove AUR-12 ¥2,100(税込)[2CD]
DISC 1 CAP 収録
track15. ビヨヨーン / マルチーズロック

[PR]

畏友、人形使い・黒谷都さんの人形演劇のお知らせです。
本邦初となる「人形演劇」の祭典が東京・仙川で開催されます。
これまでに黒谷都さんは演劇集団「野戦の月」の制作協力を得たり、即興音楽家たちとの共同作業等を通してこの国にけして定着しているとは思えない、「人形演劇」の創造とその普及に文字通り?骨身を削って尽力してきました。黒谷さんにとって今回のイベントはまさに集大成。音楽を鬼才・原田依幸氏が担当。本邦初の試みがはたしてどんなものになっているのか、まったくもって興味が尽きません。
が、黒谷さんのメールにあるように集客の面で苦戦を強いられているようです。ご興味ある方はぜひ。ご友人・ご家族連れでお運びいただければ幸甚です。この画期的イベントを「絶後」に終わらせずに二回、三回とつつくことを希いながら…。
2010/01/12 off note拝

以下、黒谷さんからのお知らせメールです。

***********************************************

 1月21日~24日に「人形演劇・銀河鉄道の夜」を。続く26日から31日に「人形演劇祭inochi」を。調布市立せんがわ劇場にて公演開催いたします。

 立ち上げの初めから、情宣、集客の難しさは覚悟されて始まった企画でありますが、案の定、チケット券売が伸びているのは「市民」サービスとして組まれた子供向け人形劇団だけ。それ見たことか、という声がすでに降りかかってきています。
集客が難しい事など、何十年も身をもって知っており、そんなことは覚悟の上で始めた事です。
だからこそ集客動員出来ずに敗退する前に、もう一踏ん張り努力したいと思います。

 我が国には、沢山の人形劇祭が各地でありますが、どれもが人形劇=子供向け、或いは伝統という前提です。
そういった「祭」をもう一つ増やすことに私は全く興味はなく、自由に多彩に繰り広げられる人形やオブジェクトの息づく舞台表現の祭典を作れるのなら引き受ける、という話し合いで、このおよそ2週間に及ぶ「人形演劇」の祭典は日本で初めての試みとして立ち上がりました。

 どうか、みなさま。
この初めての、そして多分このような純粋な形ではたった一回で終わるだろう「人形演劇」の祭典を、「やっぱりうまくいかなかったんだ~」と噂話できかずに、その目で目撃してください。黒谷が結局はあらゆる事より優先してしまうほどに愛おしいこの世界を、観に来てください。

「銀河鉄道の夜」は、私の分を超えた作劇規模への挑戦で苦しい創作が続いていますが、とても楽しいです。出演はしませんが、黒谷の世界を創り出し批判に値する作品になるよう踏ん張ってます。小中学生、高校生にも是非観てほしいと思っております。
「人形演劇祭」には企画に徹する予定だったため本編作品では出演していませんが、10年前に出会った若手をメインに、若者と過ごしたこの10年の時間を批判に値する時間としてさらしています。

 26日(火)19:00 ake_miya 「モアレ」は、北井あけみとのコラボ4作品目、国立ラボで産まれた作品が劇場版に成長しています。
私の出演は小品で完成度の高い「涯なし」と即興の極を追求して「クロージングル」です。


 皆様のご来場を、心よりお願い申し上げます。


チケットのお申し込み方法
せんがわ劇場電話予約:03-3300-0611
国立ラボファックス:042-519-3717
メ-ル: gray5959ginga@yahoo.co.jp / mixiメッセージ

「銀河鉄道の夜」チケットお求めの際は、塚田次実か黒谷都の扱いでお申し込み下さい。
「人形演劇祭」通し券購入に劇場窓口まで行けない方、私達にお申し付け下さい。よろしくお願いします。

公演の詳細は、http://web.mac.com/kugutsume news でご覧下さい。

 重ねてお願い申し上げます。
[PR]