1/21-24 人形演劇・銀河鉄道の夜  1/31 クロージングル


畏友、人形使い・黒谷都さんの人形演劇のお知らせです。
本邦初となる「人形演劇」の祭典が東京・仙川で開催されます。
これまでに黒谷都さんは演劇集団「野戦の月」の制作協力を得たり、即興音楽家たちとの共同作業等を通してこの国にけして定着しているとは思えない、「人形演劇」の創造とその普及に文字通り?骨身を削って尽力してきました。黒谷さんにとって今回のイベントはまさに集大成。音楽を鬼才・原田依幸氏が担当。本邦初の試みがはたしてどんなものになっているのか、まったくもって興味が尽きません。
が、黒谷さんのメールにあるように集客の面で苦戦を強いられているようです。ご興味ある方はぜひ。ご友人・ご家族連れでお運びいただければ幸甚です。この画期的イベントを「絶後」に終わらせずに二回、三回とつつくことを希いながら…。
2010/01/12 off note拝

以下、黒谷さんからのお知らせメールです。

***********************************************

 1月21日~24日に「人形演劇・銀河鉄道の夜」を。続く26日から31日に「人形演劇祭inochi」を。調布市立せんがわ劇場にて公演開催いたします。

 立ち上げの初めから、情宣、集客の難しさは覚悟されて始まった企画でありますが、案の定、チケット券売が伸びているのは「市民」サービスとして組まれた子供向け人形劇団だけ。それ見たことか、という声がすでに降りかかってきています。
集客が難しい事など、何十年も身をもって知っており、そんなことは覚悟の上で始めた事です。
だからこそ集客動員出来ずに敗退する前に、もう一踏ん張り努力したいと思います。

 我が国には、沢山の人形劇祭が各地でありますが、どれもが人形劇=子供向け、或いは伝統という前提です。
そういった「祭」をもう一つ増やすことに私は全く興味はなく、自由に多彩に繰り広げられる人形やオブジェクトの息づく舞台表現の祭典を作れるのなら引き受ける、という話し合いで、このおよそ2週間に及ぶ「人形演劇」の祭典は日本で初めての試みとして立ち上がりました。

 どうか、みなさま。
この初めての、そして多分このような純粋な形ではたった一回で終わるだろう「人形演劇」の祭典を、「やっぱりうまくいかなかったんだ~」と噂話できかずに、その目で目撃してください。黒谷が結局はあらゆる事より優先してしまうほどに愛おしいこの世界を、観に来てください。

「銀河鉄道の夜」は、私の分を超えた作劇規模への挑戦で苦しい創作が続いていますが、とても楽しいです。出演はしませんが、黒谷の世界を創り出し批判に値する作品になるよう踏ん張ってます。小中学生、高校生にも是非観てほしいと思っております。
「人形演劇祭」には企画に徹する予定だったため本編作品では出演していませんが、10年前に出会った若手をメインに、若者と過ごしたこの10年の時間を批判に値する時間としてさらしています。

 26日(火)19:00 ake_miya 「モアレ」は、北井あけみとのコラボ4作品目、国立ラボで産まれた作品が劇場版に成長しています。
私の出演は小品で完成度の高い「涯なし」と即興の極を追求して「クロージングル」です。


 皆様のご来場を、心よりお願い申し上げます。


チケットのお申し込み方法
せんがわ劇場電話予約:03-3300-0611
国立ラボファックス:042-519-3717
メ-ル: gray5959ginga@yahoo.co.jp / mixiメッセージ

「銀河鉄道の夜」チケットお求めの際は、塚田次実か黒谷都の扱いでお申し込み下さい。
「人形演劇祭」通し券購入に劇場窓口まで行けない方、私達にお申し付け下さい。よろしくお願いします。

公演の詳細は、http://web.mac.com/kugutsume news でご覧下さい。

 重ねてお願い申し上げます。
[PR]