[論座]漫画烈伝―ガロとその時代⑫ スズキオージの宇宙


a0000682_164837.jpg


大河奔流!

[論座]
漫画烈伝―ガロとその時代

第十二回
スズキオージの宇宙

今回は70年代『ガロ』『夜行』を主戦場に漫画表現の極北に挑み「スズキオージコスモス」とでも呼ぶべき独自の小宇宙を力ずくで造型した工作者・鈴木翁ニ。そして「マッチ一本の話」「こくう物語」の演劇化によって、光と影で描出され平面で構成された翁二二次元的表現をパノラマ化し郷愁と憧れがない混ざったぴかぴかの色彩に染め上た同伴者、少年王者館主宰・天野天街。作者とその最高の理解者二人をゲストに迎え、初代『ガロ』『夜行』編集長・高野慎三が鋭く斬り込む、明け星みたいにキラキラ光る鈴木翁二宇宙の底なし魅力のヒミツに迫る試みです。

口演:
鈴木翁二(漫画家)
天野天街(劇作家/少年王者館主)
高野慎三(映画・漫画批評/北冬書房主宰)

日時:
7月9日(土)13時半開場14時開始

会場:
渋谷区勤労福祉会館
渋谷区神南1-19-8
(JR山手線渋谷駅から徒歩8分。公園通りをNHK方面へ、渋谷パルコPart2の筋向い)

参加費:
1500円

※本会は60-70年代、月刊漫画誌『ガロ』の黄金時代を築いた編集長・高野慎三(権藤晋)さんのお話を中心に同誌に集った作家、批評家の証言を交えながら『ガロ』が担った役割を検証し現在の可能性を探る会です。

a0000682_161680.jpg

[PR]