SP講談 二〇世紀之大衆藝のご案内

明10月7日、「SP講談 二〇世紀之大衆藝」第十二回定例会を予定通り、高円寺円盤にておこないます。明日のご案内役は大衆芸能研究家の岡田則夫さん。今回は大正・昭和初期に盛んに創られた「新民謡」をテーマに展開いたします。数多ある新民謡のなかでも特に北海道と3.11大地震で甚大な被害に遭った東北地方に題材を採った歌曲のSP音源に絞ってお聴き戴く所存。さらに来月四日、十三回定例会は瀬川昌久先生・北中正和さんによる「歌謡曲の成立」考の第三弾。いよいよ、本稿座も「近代歌謡曲」の最深部へと迫りつつある予感。どうぞ皆様、奮ってご参加下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

2011.10.6 off note 


[SP講談 二〇世紀之大衆藝]

VOL.12
近代歌謡考-「新民謡」を聴く

口演 岡田則夫(大衆藝能研究)

10月7日(金曜日)


VOL.13
検証 歌謡曲からJ-POPへの道筋-3

11月4日(金曜日)

口演 瀬川昌久(ジャズ評論家)/北中正和(音楽評論家)


両日とも
19:00-22:00
1500円(1ドリンク付)
円盤 TEL/FAX 03-5306-2937
HP:http://www.beyondo.net/enban/

主催 オフノート/華宙舎 
[PR]