5&6月度オフノート/華宙舎/ミソラレコード関連イベント

5&6月度オフノート/華宙舎/ミソラレコード関連イベントのご案内を申し上げます。

【SP巷談 二〇世紀之大衆藝能】

本会も5月定例会で早8回目を算えます。ご存知の方には重複平にご容赦。あらためまして未知の方に本会の趣旨をすこし。本会はオフノート/華宙舎よりリリース中の同名大衆藝能アンソロジーと連動したイベントです。戦前に発売されたSPレコードを聴きながら、近代におけるこの国の大衆藝能を新しい視点で再検証していく試みです。
その水先案内人として奇数月はジャズ評論家の瀬川昌久先生をお迎えしジャズをはじめタンゴ、シャンソン等の洋楽を聴き、偶数月には大衆藝能研究家・岡田則夫さんによる、音曲、話芸などの邦楽に耳を傾けていただきます。洋楽と邦楽を併せ聴くことで「20世紀の大衆藝能」の成り立ちがみえてくるって趣向…。といっても、けして堅苦しい会ではありません。滅多にお耳にする機会のない貴重音源を聴きながら当時の様子にあれこれと想いを巡らすのも一興かと存じます。どなたさまも奮ってご参集くださいますよう。

VOL.8
戦前「ジャズ」からの挨拶-歌謡曲成立のインパクト
口演
瀬川昌久(ジャズ評論家)
相倉久人(ジャズ評論家)
5月6日(金曜日)

VOL.9
音曲寄席-寄席諸藝の豊穣を聴く
口演
岡田則夫(大衆藝能研究家)
6月3日(金曜日)

主催 オフノート/華宙舎

円盤
杉並区高円寺南3-59-11五麟館ビル2F
JR「高円寺駅」南口を出たら右(三鷹方面)に線路沿いを真っ直ぐ。大将2号店を通
り過ぎて漢方薬屋の隣。
HP:http://enban.web.fc2.com/
19:00-22:00
1500円(1ドリンク付)
※本会は原則毎月金曜日に同会場でおこなっております。


【モノガタリ宇宙】

このたび、メディア・プロデューサー藝能評論家の澤田隆治先生に「案内役」をおねがいして「話芸・語りものを聴く会」を月一回ペースでおこなうことにいたしました。浪曲・万歳&漫芸・落語・音頭・浄瑠璃・講談・民謡等々、最近、めっきりと耳にする機会が少なくなった、この国の大衆藝能の根基底をなした「語りもの」「話芸」の世界。ものみな均質化を避け得ない現在のデジタル社会に、口承というきわめて「身体」的な「語り」を対置させることで、わたしたちがいつの間にか忘失してしまった「人間性」「全体性」を取り戻す契機にしていければ、とねがっています。貴重音源・
映像を素材に「話芸」「語りもの」に本源的に内在した「ことば」固有の「リズム」「うねり」を共に体感しながら「IT時代のモノガタリ」の可能性について、共に学び・考え・語り合う会にしていきたいとおもいます。

志ん生落語「黄金餅」から廣澤瓢右衛門浪曲「英国密航」における道中付け、江戸市中から東海道、はてはイギリスに至る道行きを辿りながら「語りもの」のリズムを考察した第一回。講談と浪曲の関係性をその外題付けを手掛かりに探った第二回。そして今回は芙蓉軒麗花と永田キングという異色の取り合わせで寄席・浪曲における「レビュー」と「語りもの」の相互浸透を通して浪曲全盛時代の忘れられた歴史探訪を試みる。さらに四回目の外題は「滑稽浪曲・ケレン詠み」。澤田節全開、浪曲再生道中双六、いかなる話とあいなりますことやら。当日会場にてのお楽しみ。さぁさ、通の方から始めの一歩の御方まで、先ずは下北沢によろしくご参集!

VOL.3
寄席の情操-大衆藝、聴く・観る・感じる
永田キングと芙蓉軒麗花を俎上に
5月12日(木曜日)

VOL.4
-滑稽浪曲・ケレン詠みを聴く
6月7日(火曜日)

口演 澤田隆治(メディア・プロデューサー/藝能評論)

主催 ミソラレコード

北沢タウンホール・12Fスカイサロン
小田急線・京王井の頭線「下北沢駅」南口徒歩約4分
南口からマクドとスタバの間の路地を下り茶沢通りに出、
東北沢・笹塚方面(向かって左・北側)に約200M左側
12Fスカイサロン(展望ラウンジ)へは1F最奥エレベーターで
http://kitazawatownhall.jp/
18:00開場/19:00開演
1500円


ミソラレコード発足記念イベント

【てなもんや浪漫バラエティー】

東西浪曲&音頭競演。新生ミソラレコード主催による今世紀初の浪曲ショウ「てなもんや浪漫バラエティー」。
伝説の宮川左近ショーの名曲師・暁照夫、関西女流浪曲の第一人者・三原佐知子を迎えて繰り広げます演題は「なにがなにしてなんとやら」。さらに浪曲ショーの先駆、タイヘイトリオのタイヘイ夢路,浪曲河内音頭のパイオニア・初音会社中、90年代、独創的ネオ江州音頭でワールドミュージックブームを切り裂いたマッド唯丸こと初代・桜川唯丸。新進気鋭の実力派女流浪曲・春野恵子と浪曲、音頭、漫談を織り交ぜてお届けする第二回「さては一座の皆様方へ」。いずれも最高のラインナップでお届けします。休日浅草。浮き世の憂さ晴らし。節と啖呵と三味の音に酔って浮かれる抱腹絶倒&感動の二時間。


第一回
なにがなにしてなんとやら
出演
三味線音曲漫才 暁照夫・暁光夫
女流浪曲  三原佐知子
浪曲漫談  イエス玉川
日時
2011年5月29日(日曜日)

第二回
さては一座の皆様方へ
出演
浪曲漫談 タイヘイ夢路
浪曲河内音頭 初音家秀若・石若ほか初音会社中
江州音頭 桜川唯丸(初代)
浪曲 春野恵子
日時
2011年7月16日(土曜日)

司会進行
澤田隆治(メディア・プロデューサー)
玉川奈々福(女流浪曲師)

監修 澤田隆治    企画制作 ミソラレコード

会場
浅草木馬亭 電話03-3844-6293
東京都台東区浅草2丁目7-5
[最寄駅]
地下鉄〈銀座線〉〈都営浅草線〉浅草駅
地下鉄〈銀座線〉田原町駅
私 鉄〈東武伊勢崎線〉浅草駅
開場/開演
12時30分/13時
16時/16時30分
※一日二回公演・入替制
木戸銭
前売予約3000円/当日3500円/二回通し券5000円
お問い合わせ/前売予約
メディア・ルネッサンス/ミソラレコード
電話03-5660-6498/ファックス03-5660-6499
電子メール CBE09606@nifty.com

以上です。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

何卒宜しくお願い申し上げます。

info
メディ・ルネッサンス
off note /disc akabana/華宙舎/ミソラレコード
TEL 03-5660-6498/03-5660-6509 FAX 03-5660-6499
E-mail offnote@k5.dion.ne.jp
[PR]
by masaru0801 | 2011-05-12 04:56 | off note news