論座・記忘記 2010第6回目のご案内

暑いですねえ、、。
京都ひどいんですから。もう、厭なことなんていっそ全て忘れてしまえそうな、とろーり、とろけちゃいそうです。さーてと、京都の某所からですが、お知らせです。

-------------------------------------------------------------------------------------
「論座・記忘記 2010第6回目のご案内」です。

今回は季節柄(?)ふたたび、ジャズ評論家の瀬川昌久先生をお招きし、戦中ジャズのお話を伺います。
ジャズが「適性音楽」から戦後「推奨音楽」になるまでの過程を当時のSP音源を交えながら具に検証します。ぜひとも、わたしたちのささやかな論座にご参加下さいますよう。

〈予告〉次回第7回目のゲストは音楽評論家・相倉久人氏。氏が理論的支柱となって、山下洋輔、武田和命、富樫雅彦等によって行われた「日本ジャズ革命」の真相について、詳しく伺う所存。乞うご期待。

以下、詳細です。

論座・記忘記 2010 モノガタリの方法 -埋み火の記憶を辿る 
第6回 私的戦中ジャズ史-砲火とジャズ 

ゲスト 瀬川昌久(ジャズ評論家)
司会進行 神谷一義(オフノート)

8月6日 (金曜日)19:00-22:00
Charge 1500円
円盤 TEL/FAX 03-5306-2937
杉並区高円寺南3-59-11五麟館ビル2F
JR「高円寺駅」南口を出たら右(三鷹方面)に線路沿いを真っ直ぐ。大将2号店を通
り過ぎて漢方薬屋の隣。
http://enban.web.fc2.com/

瀬川昌久 せがわまさひさ 
1924年生まれ。評論対象は、音楽(特にジャズ)、映画、ミュージカルと幅広い。
『月刊ミュージカル』(ミュージカル出版社)編集長。著書に『*舶来音楽芸能史―ジャズで踊って(清流出版)』 『日本ジャズの誕生(青土社、大谷龍生との共著)』『ジャズに情熱をかけた男たち―ブルーコーツ70年の歩み(長崎出版、2004年)』等 。編著に『野口久光ベストジャズ(音楽之友社)等。レコード・CD監修/構成に『唄うエノケン大全集(ユニバーサルインターナショナル)』『日本のジャズ・ソング 全6集(BRIDGE)』等がある。

関係者一同、当日の皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。
何卒宜しくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------------

てことで、皆さんお体には十分にお気をつけて。僕は負けないもん!家にかえったらフルーチェたべよっと。(38歳めっか)

---------------------------------------------------
メディア・ルネッサンス
off note & disc akabana
〒125-0042
東京都葛飾区金町4-18-11
TEL 03-5660-6498/03-5660-6509
FAX 03-5660-6499
E-mail CBE09606@nifty.com
E-mail offnote@k5.dion.ne.jp
Blog http://ironbridge.exblog.jp/
Myspace http://www.myspace.com/off-note
---------------------------------------------------
[PR]
by masaru0801 | 2010-08-05 14:06 | off note news