オフノートよりおねがい

梅雨も去り酷暑の七月。皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。また、つい最近まで各地を襲った集中豪雨。被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。
昨日までの「ゲリラ豪雨」と今日の「炎暑」。地球は一体、どうなっているのやら…。
不肖私と言えば、気温35度の暑さに堪えながら、空調の毀れた仕事部屋でこのメールを綴っていおります。徒事休題。本メールの本題に入らせていただきます。大変言い出しにくいことではありますが…。

オフノートの窮状を救っていただきたく、皆様にお願い申し上げるものです。これまでにも皆様より毎年恒例「越冬セール(=オフノートエイド)」をはじめ、数度の窮状報告の際も格別のご支援を賜り、お寄せ戴いたご厚情により幾度となく危機的状況を救っていただきました。がしかし、ここ数年というもの、困窮は日増しに度合いを深め、いまやにっちもさっちもいかぬ成りゆき。なんとか、この現状を打開しようと日々悪戦苦闘を繰り返してきましたが、痩せ我慢もそろそろ限界。皆様に現在の窮状をありのままに訴え、「最後」のご厚情を乞う次第です。

皆様におねがいがふたつ、ございます。

ひとつめのおねがいは皆様のCD購入によるご支援のおねがいです。オフノート全作品を8月末日まで10パーセント引きとさせていただきます。オフノートの窮状を救うべく、奮ってご支援戴ければ幸甚です。何卒宜しくお願い申し上げます。ディスコグラフィーはこちら!

ふたつめのおねがい『KAIBUTSU LIVES』支援のおねがいです。先にご案内申し上げましたが、今月、海外から4人の音楽家たちを招いて3年振りに大規模コンサートを行います。本番を間近に控え、実情をありのままに申し上げれば月日は移り変わり、3年前のコンサート実行委員会は崩壊状態、いまは有名無実と化して、現在、数人の友情に支えられながらこの苦境を乗りきろうとしています。とはいえ、前売予約状況も芳しくなく、脳天気なわたしもさすがに思い悩んでおります。もし、本コンサートが興行的に失敗すれば負債はひとりわたしが負わねばならず、そうなったら最後、経済的には立ち直れないほどの大打撃を受けることは必至です。莫迦は演奏が始まる前から戦々兢々としています。
けれども。演奏家はそれぞれ、世界を股に掛ける百戦錬磨の猛者ばかり。きっと歴史的名演をわたしたちに届けてくれるでしょう。ぜひともこのコンサートにご来場くださいますよう。そしてねがわくば、ご友人、お知り合いにお声がけくださいますよう、重ねてお願い申し上げる次第です。詳細はこちら。

かたちあるものはすべからく、こわれるなりゆき。これは永遠に変わらぬ宇宙の真理。とても人智の及ぶところではありません。がしかし。あとすこしだけ。わたしにはまだやりたいこと、どうしても仕遂げねばならない仕事があります。これまでのオフノートの歩みを「歴史」と「世界」に繋ぐこと。現在、続けている、『論座 記忘記』での有識者との対論も謂えばそのために自らを鍛え直すトレーニング。また.9月から戦前と戦後を繋ぐふたつのアンソロジーを随時リリースすべく準備中です。さらには、世界のあちとこちとを結ぶ、定点を持たない地球規模の楕円型オーケストラ「Aurasia Dream Orchestra」の創出…。ひとはわたしを夢想家と思われるかもしれません、が、わたしはわたしのなかにある音楽にまつわる想念をけして、わたしひとりの夢想に終わらるつもりはありません。可能であればあと3年。すくなくともあと2年の猶予が得られれば、とねがっています。『イマジン』と『耕す者への祈り』、ジョン・レノンの言葉と篠田昌巳の音楽に橋を架けることをわたしはまだ諦めていません。わたしたちの手になる詩と音の響和国を!

皆様のご支援を切に乞うものです。

2010年7月20日 オフノート 神谷一義拝

---------------------------------------------------
メディア・ルネッサンス
off note & disc akabana
〒125-0042
東京都葛飾区金町4-18-11
TEL 03-5660-6498/03-5660-6509
FAX 03-5660-6499
E-mail CBE09606@nifty.com
E-mail offnote@k5.dion.ne.jp
Blog http://ironbridge.exblog.jp/
Myspace http://www.myspace.com/off-note
---------------------------------------------------
[PR]
by masaru0801 | 2010-07-22 13:58 | off note news