関島岳郎 presents

ナチュラルカフェコンポステラとオフノートレーベルの共同企画の星空音楽會、今回は二人のチェロ奏者をお招きします。パスカルズやCOTU COTU などで活躍する三木黄太さん、そして、アフリカ生まれドイツ育ちで神田囃子の囃子方として篠笛も吹く、僕もまだ活動の全容がつかみきれていない星衛さんのお二人です。二人は作曲家としても個性的な作品を多く作っています。今回は三人で曲を持ち寄り、チェロとテューバの低音を生かしたアンサンブルをお聴かせしたいと思います。(関島

三木黄太(チェロ)
星 衛 (チェロ)
関島岳郎(テューバ)

2016年11月18日(金) 
開場19時 開演19時半

2500円+オーダー

足立区綾瀬5-7-2 第91新井ビル1F
TEL & FAX 03-3628-5366

ご予約・お問い合わせ:カフェ コンポステラ
a0000682_03280198.jpg



[PR]

9月12日(月)
『二〇世紀之大衆藝能 洋楽篇』定例会@高円寺円盤ですが、
瀬川昌久先生ご体調不良のため、中止とさせて頂きます。

瀬川先生は脚部にできた腫瘍の除去手術を行なってまだ日が浅く、今回はご養生頂くことにいたしました。
幸い、術後の経過は良好、ご本人も至ってお元気なご様子ですがご年齢も鑑み、大事を採る判断をした次第です。大衆音楽の生き証人・瀬川先生には一日も早くご回復いただき、先生しか物語れない音楽史をまた後進に語り継いでいただきたいと願っております。

本会ご参加をたのしみになさっていた方には誠に申し訳ございませんがご理解の上ご了承の程を。

何卒宜しくお願い申し上げます。

[PR]

a0000682_22445754.jpg

又、急遽決定!

実演&トーク
明るいチンドン お悩み相談室

([前口上]
プロ、アマを問わず、チンドン屋界を取り巻く状況に希望を失いかけている方々も少なくないようです。これから仕事はどうなるのか?何を目標にしたらいいのか?はてまた、演奏法やパフォーマンスについて、具体的な悩みに明快にお答えします。太鼓持参の方には個別指導も致します。また、一般論として、庶民というものは、日々の暮らしにおいて、とかく悲観的になりがちです。それを克服するための一方策として「マイナス思考健康法」。これを林の漫談として披露します。そしてさらに、ゲストの歌手、青木美香子を迎えて、林とのデュオにて、演歌における節と西洋的五線譜の相剋というテーマを実演にて実証、皆様の研究材料の一端とさせて頂く所存です。蛇足ながら、悩みの無い一般のお客様もお楽しみ頂けます。何卒ご参集の程、宜しくお願い申し上げます。
(林幸治郎)


◉口演&実演:林幸治郎(ちんどん通信社主宰)
        青木美香子(歌手/アシスタント)
◉日時:9月26日(月)19時開場/19時半開演

◉会場:古書カフェくしゃまんべ(北区王子)
   
◉木戸銭:1500円+1ドリンク
a0000682_22462817.jpg


最近の投稿

[PR]

a0000682_23280913.jpg
9月11日発売! 
只今、OFF NOTE CD NET SHOPにて通販受付中!

SEIKATSU KOJO IINKAI 
生活向上委員会ニューヨーク支部
(off note / non-25)

OUR JAZZ=同時代音楽の原点がここに在る。
原田依幸と梅津和時。1975年・ニューヨークダウンタウンからの挨拶。
80年代からこの国の音楽情況を力ずくで牽引し続けてきた二人の猛者。
熱く燃え盛っていたロフトジャズ絶頂期の息吹きがいま鮮やかに甦る。
40年の時空を超えて幻の生活向上委員会ニュ―ヨーク支部、ふたたび。


生向委であるところの原田依幸さんと梅津和時さんが活動を再開すると聞いてこれはもうウキウキが止まらずココロオドルが一杯になってしまった上にもの凄い知らせが。あの名盤「生活向上委員会ニューヨーク支部」がCDとなってこの世に再び出現するという事だ。
今こそ世界に「生活向上委員会」が必要な時、こんな心強い話があるだろうか。
(不破大輔)


原田依幸と梅津和時。80年代からこの国のジャズシーンを牽引し、故篠田昌巳、不破大輔らが最も尊敬するミュージシャンズミュージシャン。この二人の歴史的「オフノート」がついに明かされる。1975年に自主制作され初回500枚のみ頒布された幻の『生活向上委員会ニューヨーク支部』が40年の時空を超えてついに初CD化。本作は1975年、梅津和時、原田依幸はロフトジャズ全盛期のニューヨークに乗り込み、当時のシーンの中で様々な交流を重ねる中で制作された。ゆえにラッシド・シナン、ウィリアム・パーカー、アーメッド・アブドゥーラ、現地3人のメンバーいずれもサン・ラはじめロフトジャズの第一線で活躍していた現役バリバリの強者ばかりとなった。中身の音楽はもちろん、当時のロフトジャズの熱き息吹きと高鳴る鼓動を鮮やかにつたえるリアルジャズだ。本作はロフトジャズ全盛期の貴重な記録であるばかりでなく、梅津、原田の原点に置かれる作品である。このアルバムなくして、その後のコンポステラもフェダインも渋さ知らズの登場もけっしてなかっただろう。そう、ここからすべてが始まった! 日本ジャズ最重要作、満を持してついに登場だ!! 2016年作品 

▶収録曲:
1.ストラビザウルス Stravizauls (Yori Harada) 21:54
2.キム Kim (Kappo) 23:05
3.ノット・ソー・ロング・ダン Not So Long Don (Kappo) 1:59

▶生活向上委員会ニューヨーク支部:
梅津和時 Kazutoki ‘Kappo’ Umezu -Alto Saxophone
原田依幸Yoriyuki Harada -Piano,Bass Clarinet
アーメッド・アブドゥ—ラ Ahmed Abudullah -Trumpet
ウィリアム・パーカー William Parker -Bass
ラシッド・シナン Rashid Shinan -Drums
アリ・アブウィ Ali Abuwi -Eengineer

▶Recordrd at Studio We August 11th,1975

▶通販:OFF NOTE CD NET SHOP
※発送開始は9月10日を予定しております。

[PR]
# by masaru0801 | 2016-09-06 23:32 | off note news
a0000682_20320022.jpg
秋田民謡 二代目浅野梅若会 東京公演
第六回 秋田民謡バラエティ 2016
〜「秋田音頭」から「荷方節」まで~

[口上]
秋田民謡の至宝・浅野梅若会一行が浅草木馬亭にやってきます。
まっすぐ艶やかに伸びる歌声、繊細にして奔放な三味の妙技を。
笛と太鼓が紡ぐ自由な呂律、庶民生活を舞に映した素朴な洗練。
ちょっぴりエロチックな破れ句も挿んで、面白哀しく奏でます。
唄ッコこのふる郷・秋田の豊穣な庶民諸芸の恵みを心ゆくまで。

出演:
浅野梅若 唄
柿崎竹美 唄・手踊り
浅野優子 唄・司会
浅野江里子 唄・手踊り
浅野沙樹 唄・手踊り
浅野鵬修 三味線
梅若梅貢 尺八
鈴木謙俉 三味線 横笛 

※ゲスト交渉中

日時:2016年12月25日(日曜日)
午後3時開場/午後3時半開演

会場:浅草木馬亭
☎03-3844-6293
東京都台東区浅草2丁目7-5
[最寄駅]
地下鉄〈銀座線〉〈都営浅草線〉浅草駅
地下鉄〈銀座線〉田原町駅
私鉄〈東武伊勢崎線〉浅草駅
木戸銭:前売予約4000円/当日4500円

お問い合わせ・前売予約
●浅草木馬亭
☎03-3844-6293
●メディア・ルネッサンス
☎ 03-5660-6498/090-5516-4283(神谷)
メール CBE09606@nifty.com

監修:澤田隆治(メディア・プロデューサー)
主催:オフノート/ミソラレコード
a0000682_20331985.jpg
【演者プロフィール】
浅野梅若(あさの・うめわか) 唄
1968(昭和43)年 NHKのど自慢コンクール 日本一
2008(平成20)年 二代目浅野梅若 襲名
2009(平成21)年 日本民謡協会秋田連合会より 表彰状
2011(平成23)年 秋田民謡協会より 功労章

柿崎竹美(かきざき・たけみ) 唄・手踊り
1999年小椋佳創作ミュージカル歌語『一休恋慕3』羽衣役で全国35公演に出演。
「秋田船方節」「秋田港の唄」「秋田おばこ節」「秋田長持唄」全国大会優勝。
第16代秋田県民謡王座。
1996年 日本民謡フェスティバル96においてグランプリ受賞。

浅野優子(あさの・ゆうこ) 唄 
第43回 郷土民謡民舞全国大会 部門優勝
2010(平成23)年 NHKオーディション合格
現在は唄、手踊り、司会等 幅広く活躍中

浅野江里子(あさの・えりこ) 唄・手踊り
第48回 郷土民謡民舞全国大会 内閣総理大臣賞受賞
第20回 「本荘追分」全国大会 優勝
第20回 「秋田追分」全国大会 優勝
第65回 公益財団法人日本民謡協会民謡民舞全国大会内閣総理大臣賞 受賞

浅野沙樹(あさの・さき) 唄・手踊り
2010(平成22)年 第2回 秋田全国民謡大会 優勝
同年 第18回 秋田港の唄全国大会 優勝
現在 二代目浅野梅若のもとで内弟子修行中

浅野鵬修(あさの・ほうしゅう) 三味線
日本民謡梅若流梅若会若手のホープ
第1回 秋田民謡全国大会「秋田荷方節」三味線部門優秀賞受賞
第7回秋田民謡全国大会 秋田荷方節三味線の部 優勝
梅若梅貢(うめわか・ばいこう) 尺八
日本民謡梅若流梅若会大師範(三味線)
鈴木謙俉(すずき・けんご) 三味線 横笛

[PR]

〝岡大介さんより毎年恒例の浅草木馬亭独演会の詳細が届きました。〟


第8回 岡大介 浅草木馬亭独演会2016
a0000682_00364955.jpg
届け!演歌の風

★フォーク発~高田渡経由~唖蝉坊演歌行き★

「演歌は難しいよ~」高田渡さんは正調演歌ではなく、外国曲に乗せてギターで唖蝉坊演歌を伝えた。それを真似てギターで“あきらめ節”を歌ったが、明治大正演歌は三味線調であり、ギターでは歌えないことに気付き“カンカラ演歌”の誕生!高田漣さんには漣さんの音楽がありますが、今回はお父様から教えて頂いた唖蝉坊演歌にもお付き合い頂きます。“マックロケ”な世の中に“オッペケペー”な政治家に“ああわからない”と笑い飛ばす!!今年もたくさんのご来場お待ちしております。(岡大介)


出演

岡大介 (歌・カンカラ三線・ギター)

ゲスト 高田漣 (歌・ギター)

舞台袖演奏 田嶋友輔 (鳴り物)


日時

2016年10月2日(日) 17:30開場 18:00開演


会場

浅草木馬亭 TEL 03-3844-6293


前売予約 2500円 当日 3000円 (

全席自由)

ご入場はご予約・当日別なくお並びになった順のご入場となります。

 

ご予約・問合せ

☎ 070-5012-7290

(岡)

Mail

taisuke@dk.pdx.ne.jp 





[PR]

TIME TUNNEL 
生活向上委員会2016
a0000682_23344479.jpg
いま、ジャズ一〇月革命の予感。
これは事件である。七〇年代後半、この国のジャズシーンに突然現れ、たしかな演奏力と奇想天外な圧倒的パフォーマンスで聴衆の度肝を抜き一世風靡した伝説のオ-ケストラ・生活向上委員会大管弦楽団。伝説的オーケストラ・生向上委の双頭リーダー、原田依幸と梅津和時。かつての盟友が三〇数年振りに合流、生活向上委員会東京本部として本格始動! そして、ドン・モイエがやってくる!! 時空を超えて集結した三人の音楽家たちが描く新たなヴィジョンとは何か。それは音楽で世界地図を塗り替え音楽史を書き替えること。そう、ジャズと音楽の革命なのである。もう一度、否、何度でも繰り返そう、これは事件なのだ、と。

生活向上委員会東京本部
原田依幸(ピアノ) 
梅津和時(サックス)

ゲスト
ドン・モイエ(ドラムス)

[京都]
10月5日(水曜日)
開場 18:30 開演 19:00
京都府京都文化博物館
京都市中京区三条高倉 
TEL 075-222-0888 FAX 075-222-0889
MAIL office@bunpaku.or.jp 
http://www.bunpaku.or.jp/
* 地下鉄 烏丸御池駅 5番出口 三条通り東へ徒歩3分
* 阪急烏丸駅 16番出口 高倉通り北へ徒歩7分 
* 京阪 三条駅 6番出口 三条通りを西へ徒歩15分 
前売 3000円 当日3800円
チケット予約/お問い合わせ
MOBILE:090-6209-2696(琴塚)

[岡山]
10月6日(木曜日)
開場18:30 開演19:30
岡山ルネスホール
岡山市北区内山下1-6-20
TEL : 086-225-3003FAX : 086-225-3040
http://www.renaiss.or.jp/index.html
岡山電気軌道東山本線 県庁通り停留場下車
宇野バス「表町バスセンター」下車
一般前売3000円 当日3500円 
学生前売り2000円 当日2500円
チケット/お問い合わせ
MOBILE: 090-7712-5796(斎藤)
MAIL: saitake330904@docomo.ne.jp

[宮城]
10月9日[日曜日)
開場13:30 開演 14:00
角田市市民センター(かくだ田園ホール)
宮城県角田市角田字牛舘10番地
http://www.city.kakuda.miyagi.jp
阿武隈急行線 角田駅下車徒歩15分
かくだ田園ホールー角田駅間シャトルバス運行(予定) 
駐車場約400台
http://www.city.kakuda.miyagi.jp/syogai/page00010.shtml
前売 2500円 当日 3000円 
※全席自由・6歳未満入場不可
[チケット販売]
角田市市民センター窓口・ローソンチケット・チケットぴあ(予定)
お問い合わせ  
角田市教育委員会生涯学習課
TEL:0224-63-2221
MAIL:syougaku@city.kakuda.miyagi.jp

[東京]
10月10日(月曜祝日)
開場18:30/開演19:00
座・高円寺2 TEL03-3223-7500
杉並区高円寺北2-1-2
JR中央線「高円寺駅」北口より徒歩5分
http://za-koenji.jp/
前売 5000円 当日 6000円
お問い合わせ/チケット予約
MOBILE 090-42407-562(原田)
MOBILE 090-5516-4283(神谷)
MAIL seikoui2016@yahoo.co.jp


演奏者プロフィール
原田依幸(はらだ よりゆき) 
世界随一のフリージャズのピアニストである原田依幸。1975年、梅津和時とニューヨークに乗り込み、ウィリアム・パーカーらロフト系ミュージシャンと競演。帰国後、伝説的なジャズオーケストラ「生活向上委員会大管弦楽団」結成、一世風靡する。1980年、梅津とのデュオでドナウエッシンゲン音楽祭出演、大絶賛を博す。その後、富樫雅彦、アンドリュー・シリル、トリスタン・ホンジンガー、ルイスモホロ、等と競演。小山彰太(現在は石塚俊明)、望月英明、時岡秀雄を擁する自身のグループで演奏しつつ、全国に100名近い参加者をもつ「大怪物団」のリーダーとして活動。韓国カイスト大学、ロシアでの演奏で大好評を博す。オリジナル・リーダーアルバム多数。

梅津和時(うめづかずとき)
仙台出身。70年代前半に渡米、ニューヨークのロフトシーンで活動後帰国、生活向上委員会大管弦楽団で一世風靡。その後ドクトル梅津バンド(D.U.B.)での国内外での活躍。同時に参加したRCサクセションのホーン奏者として一躍知られる。
国境を超えた様々な音楽、アーティストとのコラボレーションは数多く、これまでに演奏で訪れた国は30カ国以上。現在のメインバンドであるKIKI BANDでは9枚のアルバムを発表し、欧米やアジアのフェスティバルにも度々出演、またほぼ毎年、日本とヨーロッパで単独ツアーを行なっている。

ドン モイエ(Don Moye)
1946年生まれ。米国ジャズドラマー。ニューヨーク州ロチェスター生まれ。デトロイト・ウエイン州立大学在学中、デトロイト・フリー・ジャズで演奏活動を行う。1968年同グループで渡欧し、ステーブ・レイシー、ファラオ・サンダースらと共演。1969年にはパリにおいて世界的に有名な前衛ジャズグループ、アート・アンサンブル・オブ・シカゴに参加し、以来同グループで活躍。現代ジャズ屈指のドラマーとして知られる。また、あらゆる打楽器に通暁した職人技と鋭い感性を併せ持って名パーカッショニストでもある。代表作は「ライブ・アット・ザ・プロダレッシブ・アーツ・センター」(Frame)など。現在フランス・マルセイユ在住。

主催 生活向上委員会2016
a0000682_23361741.jpg

[PR]

[論座]漫画烈伝―ガロとその時代

第十三回 劇画の系譜――貸本漫画から『ガロ』へ

a0000682_20542872.jpg


日時:9月25日(日)13半開場 14時開始


会場:渋谷区勤労福祉会館
渋谷区勤労福祉会館は、JR山手線渋谷駅から徒歩8分。

公園通りをNHK方面へ、渋谷パルコPart2の筋向い。

※渋谷区勤労福祉会館へのお問い合わせはご遠慮ください。


会費:1500円


ゲスト:梶井純(漫画批評/貸本文化研究)

聞き手:高野慎三(北冬書房/漫画・映画評論)


▶主催:漫画烈伝


▶協力:オフノート北冬書房


▶予約・問い合わせ:漫画烈伝事務局(mangaretuden@gmail.com)


※渋谷区勤労福祉会館へのお問い合わせはご遠慮ください。


講師プロフィール:
◉梶井純…1941年、東京生まれ。1967年に、石子順造・権藤晋=高野慎三・菊池浅次郎=山根貞男とともに『漫画主義』創刊。著書に、『戦後の貸本文化』『現代漫画の発掘』『執れ、膺懲の銃とペン 戦時下マンガ史ノート』『骨董紀行 満身創痍の風格』『骨董遊行』など。編著に『貸本関係資料集成 戦後大衆の読書装置』がある。


◉高野慎三…1940年、東京生まれ。日本読書新聞、青林堂『ガロ』編集者を経て、現在北冬書房社主。漫画評論のほか、映画、旧街道、宿場を研究する。目黒区大橋に店舗「万力のある家」がある。著書に『宿場行』『旧街道』『街道案内1』『郷愁 nostalgia』『「ねじ式」夜話』『ガロを築いた人々』『つげ義春漫画術』『つげ義春を旅する』『つげ義春1968』など。

漫画烈伝とは…“本会は60-70年代、月刊漫画誌『ガロ』の黄金時代を築いた高野慎三=権藤晋さんのお話を中心に同誌に集った作家、批評家の証言を交えながら『ガロ』が担った役割を検証し現在の可能性を探る会です。”


これまでのあゆみ…
2015年6月10日 第一回 白土三平・水木しげる・つげ義春の巻

    7月24日 第二回 地球儀・ぼやけた世界―初期池上遼一の世界(ゲスト/池上遼一)      8月22日 第三回 赤色エレジ- ―初期林静一の世界(ゲスト/林静一)

    9月25日 第四回 ガロと漫画主義(ゲスト/山根貞男)

   10月23日 第五回 ガロ点鬼簿①―永嶋慎二・滝田ゆう・楠勝平

   11月27日 第六回 狼の伝説―つげ忠男、自作品世界を語る(ゲスト/つげ忠男)

   12月25日 第七回 『「ガロ」編集長』こぼれ話(ゲスト/上野昂志)

2016年1月24日 第八回 ガロ点鬼簿②―追悼・水木しげる(ゲスト/川勝徳重)
   2月28日 第九回 ガロ点鬼簿③―仲佳子・つりたくにこ・勝又進
   4月16日 第十回 ガロ点鬼簿④―赤瀬川原平の仕事1 

        ー『ガロ』と『漫画主義』(ゲスト/林静一・山根貞男)
   5月22日 第十一回 三橋乙揶、語る 貸本漫画・ガロ・自作品

         ―そしてシバ、うたう!(ゲスト/三橋乙揶)
   7月9日  第十二回 スズキオージの宇宙(ゲスト/鈴木翁二・天野天街)

a0000682_20502966.jpg


[PR]


うたううたうたい2016 オクノ修×いとうたかお
a0000682_20211908.jpg
►出演
オクノ修 唄・ギター
いとうたかお 唄・ギター

►日時
2016年9月21日(水曜日)
18時30分 開場 / 19時30分 開演

►チャージ
前売3000円 当日3500円  

►会場
TOKUZO/得三
名古屋市千種区今池1-6-8
ブルースタービル2F
TEL / FAX: 052-733-3709
http://www.tokuzo.com/

►ご予約
TOKUZOにてお電話かメールで承ります。
a0000682_20225364.jpg
art work by nakaban

[PR]
# by masaru0801 | 2016-08-19 20:36


a0000682_18415883.jpg
PHOTON/林栄一・中尾勘二・関島岳郎(off note / on-30)

ひとつのレーベルの作品をリリース順に1枚づつ、そのエピソードを聞きながら振り返る、シリーズ全作品、off note編がスタートします!'94年の大工哲弘「OKINAWA JINTA」を皮切りに、大衆藝能や文化背景をどっしり受けとめた音楽のひとつ先を模索する数々の名作問題作を次々に発表し、現在も続く名レーベルです。中尾勘二、関島岳郎、渡辺勝、久下恵生、向島ゆり子らの音楽活動の大きな部分を支えていたのもこのレーベル。これは聞き応えありますよ!注目のシリーズです!
(円盤・スケジュール表より)


◎聞き手:小田晶房(編集者/なぎ食堂店主)

◎話し手:神谷一義(オフノート)

◎9月30日(金曜日)20時〜

TEL/FAX 03-4291-3555
杉並区高円寺南3-59-11五麟館ビル2F
JR「高円寺駅」南口を出て右(三鷹方面)線路沿い真っ直。
大将2号店を過ぎて漢方薬屋の隣。
 
◎1500円(1ドリンク付)

※オフノート全作品をアルバム毎に一、二曲聴きながら制作エピソードを語っていきます。
a0000682_18504738.jpg



[PR]